タグ:japanese garden

2/3ページ

【広島】市内で行くべきスポット:負の世界遺産「原爆ドーム」と駅近庭園「縮景園」

2014年6月。 広島では1泊だけという短い滞在の中、大人気の宮島の他に原爆ドームと名勝「縮景園(しゅっけいえん)」を訪れました。こじんまりとした日本庭園ですが、縮景園は風情のあるいいお庭でした。   そして誰もが知る原爆ドーム。こちらは負の遺産として世界遺産にも登録されている、日本人なら一度は見ておきたい建物。 まずは広島駅からも近い縮景園から。

【東京】桜の名所「新宿御苑」では雨の日ラバーブーツが必須

2016年4月関東の旅。 東京では主に桜を求めて桜の名所と言われているスポットをあちこち訪れました。満開を少し過ぎたタイミングではあったものの、5年ぶりの桜をあちらこちらで堪能できて大満足。   今回はその中でも素晴らしかった新宿御苑のお話。当日はかなりの雨で足元が大変なことに。新宿御苑内にある日本庭園では雨の日ラバーブーツ(長靴)必須です!

【茨城】日本三名園のひとつ偕楽園に行くベストシーズンは?

2016年4月関東地方の旅。 大洗にある大洗磯前神社に行くのが茨城県を訪れた一番の理由でした。   【茨城】写真好きなら一度は訪れたい!神磯の鳥居で有名な大洗磯前神社   上にある投稿にも書きましたが、大洗町ではコスパのいいホテルを見つけられなくて水戸駅近くのホテルに宿泊しました。せっかく水戸に行ったので偕楽園に立ち寄りました。偕楽園は日本三名園のひとつ(あとの2つは金沢の兼六園と岡山の後楽園)。日本庭園好きなら見逃せない庭園ですが、ここは季節を選ぶ庭園だと感じました。

【京都洛北】上賀茂神社が人々に愛される5つの理由

京都洛北にある上賀茂神社は正式名を賀茂別雷神社(かもわけいかづちじんじゃ)といい、上賀茂神社は通称。ただ上賀茂神社の方が一般的なのでここでは上賀茂神社で統一します。多くの人々が参拝に訪れる上賀茂神社がなぜ人気なのか?5つの理由から説明していきます。

【京都洛北】修学院離宮参観4つの注意点

2015年12月の京都旅では事前に申し込みをして修学院離宮参観をしてきました。それまでは参観申し込みをしないといけないし、都合がつかないし、などで行ったことがなく念願の初訪問でした。   ただ結論から先にいうと残念な参観でした。それには以下の4つの理由があります。

【京都洛東】初めて無鄰庵に行って感じたこと

2015年12月の京都滞在型の旅。 この時、かねてから行きたかった無鄰庵(むりんあん)にようやく行くことができたんですが、もう本当によかった!   近くには人気の南禅寺や永観堂がありますが、なぜか無鄰庵までは大勢の人は押し寄せてくることがなかったというのも高ポイント。   無鄰庵の様子をたっぷりの写真でお伝えします。

【京都洛西】俳人の草庵であった風流な落柿舎

2015年12月の京都滞在型の旅。 嵯峨野の祇王寺を参拝後、すでに夕方だったので嵯峨野や嵐山をサイクリング(=レンタサイクル)することぐらいしかできないかと思っていたところ、、、。   柿の木を撮影したいと思っていた夫(写真家)がふと見上げて見つけた柿の木に惹かれて入ってしまった落柿舎(らくししゃ)。拝観時間残り15分という超短縮バージョンでしたが、いいところでした。