【モーリシャス】ホテル「Victoria Beachcomber」でリゾートバカンスを満喫!

2019年11月。 わたしにとって初めてのアフリカ圏への旅でした。行き先はモーリシャス。ヨーロッパの人に人気のリゾートです。   日本からは遠いのでなかなか旅先として考えないところでしょうが、これぞ南国リゾートな雰囲気満点!バカンス先としてこれ以上ないと言えるぐらい良いところです。そんなモーリシャスで12泊したホテル「ビクトリアビーチコマー(Victoria Beachcomber)」で過ごした感想、そしてホテルのイイトコ&イマイチなトコのレビューをしていきます。

【佐賀太良町】海中鳥居を見て冬が旬の竹崎カキを食べに行こう!

2019年2月に訪れた佐賀県太良町。 実はこれが2度目の訪問。1度目は6月で今は有名な海中鳥居も素通りしていたという哀しさ。再度訪れた理由は冬の時期の有明海での海苔の養殖風景を見たかったことと海中鳥居をみること。そしたら冬だとさらに美味しいおまけがついてくることを発見。冬の太良町は超魅力的です!

【ジュネーブ】LaFourchetteを利用してお得にレストランを試してみた

このブログを何度か訪れてくださっている方はご存知でしょう。 わたしが在住するフランスから程近いスイスのジュネーブはとにかく何でも高い!ランチでも3000円以上は当たり前。ディナーとなると2人で15000円くらい普通に超えます。   そんなお高いジュネーブでお得にレストランを利用できる方法を最近見つけて、冬休み期間中2度お得にレストランを楽しんできました。ジュネーブに限らず、フランスでも利用できるシステム「LaFourchette」。スイスやフランスを旅する方やジュネーブ近郊(スイス)在住の方には特にオススメしたいサービスです!

【ジュネーブ】2回目のバスチョン公園でのクリスマスマーケットは進化してました

2018年からスタートしたジュネーブの中心にあるバスチョン公園でのクリスマスマーケット。 去年もレポートしました(参照:【ジュネーブ】今後さらに期待がもてるバスチョン公園でのクリスマスマーケット)が、今年も行ってきました。   今年は昨年よりも規模が少し大きくなり、人出も多くなってました。去年のレポートと比べてみると違いがよくわかりますよ!

オールインクルーシブをテネリフェ島の5つ星ホテル・グランメリアで初体験

2019年9月の初め。スペインのテネリフェ島での1週間のリゾート滞在。   テネリフェ島というのはスペイン領ですが、位置的にはモロッコの西側というスペイン本土からは少し離れた離島。他にもグラン・カナリア島などがあり、カナリア諸島と呼ばれる中のひとつがテネリフェ島です。   グラン・カナリア島には1996年にいとこ夫婦が滞在していたことから、イギリス語学留学中に1週間滞在したことがありました。その時は日本からはかなり遠いことからこれが最初で最後のカナリア諸島滞在だろうと思ってました。でもヨーロッパからだと近いので夏のバカンス先としてイギリス人やドイツ人に大人気のテネリフェ島へ行ってみることに。テネリフェ島でのホテル探しをしている方は最後の章「ホテルのイイトコ&イマイチなトコ」へ飛んでいただいたらまとめがすぐにわかります。

預け入れ手荷物が届かない!その後の日用品支出なら返金してもらえます(航空会社にもよりますが)

2019年9月。スペインの離島のひとつであるテネリフェ島へ1週間のリゾート旅行を楽しんできました。 ホテルに滞在するだけののんびり旅行でとても楽しめたんですが、空港に到着したら預け入れ手荷物が待てど暮らせど現れず、、、。   ホテルの人に助けてもらいながら、荷物追跡をして3日後にようやく手元に戻ってきました。預け入れ荷物の中には化粧品や日用品などすぐに使いたいものが入ってたので、それがないとすごく不便。でも航空会社にもよりますが、その日用品支出をある程度補償してくれることもあるので、泣き寝入りは禁物。その返金手続きやロストバゲージにあった際の対応方法など書いていきます。

京都駅から徒歩で行ける居心地のいいカフェ「walden woods kyoto」(デカフェも有)

前々から行ってみたいと思っていたカフェにようやく行くことができました! SNSで人気だというのを知り、調べてみるとミニマリズムなデザインの店舗でデカフェもメニューにあるとのこと。コーヒーはデカフェのみなわたしたちにはありがたいカフェ。京都滞在中に2回も行きました。そんなカフェ「walden woods kyoto」のレポートです。

【南仏】果てしなく広がる壮観なラベンダー畑を楽しむために知っておきたいこと

2019年7月。 念願だった一面ラベンダー畑が広がる風景を見に行くことができました!ちょうどラベンダー満開(というのかどうか?)という絶好のタイミングに訪れることができ大満足。   わたしの場合、夫(写真家)がフランス語ネイティブなので、フランス語で情報を集めるのは容易いですが(英語でも有益な情報は探せますが)、日本語だとまだそれほど情報がなさそうな状況です。   そこで、壮観なラベンダーフィールドを楽しむために知っておくと役立つ情報を日本語でお届けします!

バルセロナ市内はガウディ以外にも見どころ満載!なのでモンセラートは時間があれば行くでいい

2019年4月のバルセロナ4泊5日の女旅。 ほんの5日間の旅で6本も記事が書けちゃう(本当はもっと書ける!)ぐらい見どころ豊富なバルセロナ。多くの観光客が押し寄せる意味がよく分かりました。街歩きするだけであちらこちらに写真撮りたくなるようなスポット満載!バルセロナからの最終回はガウディ関連以外の見ておきたいスポットとバルセロナ郊外の人気スポットモンセラートに関してのお話です。

1 42