中部

【石川】どうして金沢が人気観光地なのか実際に行くとよくわかる

北陸新幹線が延伸してから
観光地として人気急上昇の金沢。
なにが見どころなの?
そんなにいいところなの?

 
2015年12月。
20年ぶりに訪れた金沢。
 
小京都な風景が残る街並みや
海鮮がおいしいのが魅力。
 

今回の記事でわかるのは
1日で周遊できる金沢の魅力です。
 
・金沢の見どころ
・小京都の街並み
・おいしい金沢


 

金沢市の概要

人口2015年9月現在 465,624人
外国人登録2015年9月現在 4,548人
面積468.64㎢
人口密度994人/㎢
名所・観光スポット兼六園、金沢城址、長町武家屋敷跡、ひがし茶屋街、
金沢21世紀美術館、近江町市場など

 
金沢市サイトhttps://www4.city.kanazawa.lg.jp
 
金沢市のサイトがなかなか見やすいです。
観光ページも充実。
 
行政関連のサイトって
デザインも使い勝手も
イマイチなことが多いけど
こちらは違います。
 

金沢の見どころ


加賀藩初代藩主・前田利家1578年に金沢に入城。
以来前田家は14代にわたりこの地を治め、
のちに加賀百万石と呼ばれる大きな藩を築きました。
 
写真は現在金沢城公園となっている
金沢城址の入口「石川門」です。
 
歴史あるまちということで
日本らしい風景が見どころな金沢。
 
今回見どころとしておすすめするスポットは
実際に1日で周遊できた金沢名所です。
 
宿泊しなくてもこれだけ見ることができる
コンパクトで周遊しやすい金沢の最大の見どころ
3箇所みていきましょう。
 

1. 日本三名園のひとつ兼六園


兼六園は水戸の偕楽園
岡山の後楽園と並ぶ
日本三名園のひとつとされ、
優れた景勝を持つ日本庭園と位置づけられています。
 
(個人的には高松にある栗林公園を含めてほしい!)
 
江戸時代に加賀歴代藩主によって
長い年月をかけて作られた大名庭園で、
元々は金沢城の外郭庭園だったとのこと。
 
20年前にも兼六園に来ましたが
若さゆえなのか魅力を感じず。
 
今ようやく兼六園の魅力を感じられる
年頃となりました。
 
こんなことも
歳をとることのよさです。
 
kotoji lantern1
兼六園を象徴する風景である徽軫灯籠(ことじ とうろう)。
 

最も枝ぶりが見事な松「唐崎松(からさきのまつ)」と
ともに兼六園といえばコレ的な風景が
この2つです。
 
kotoji lantern2
かなり長い時間滞在していたので
時すでに閉園間際。
 
その頃には園内各箇所でライトアップされました。
 
兼六園内にはあちこち素晴らしい写真スポットがあります。
 
中でも印象的だったのは、
形のいい灯籠と枝ぶりのいい松のコンビ。
 
kenrokuen2
 
kenrokuen3
 
また兼六園内には時雨亭(しぐれてい)
と呼ばれる建物があります。
 
文化的催事所として借りることができたり、
お休み所にもなっていて
お茶をいただくことができます。
 
tea set
お休み所でいただけるのは、
抹茶セット(オリジナル生菓子付き)720円
と煎茶(和菓子付き)310円の2種類(2015年12月現在)。
 
せっかくなので両方チョイスしました。
 
抹茶セットはちょっと高い。
そして煎茶セットはちょっと物足りない。
 
お茶セットに関しては満足いくものではなかったですが、
この時雨亭自体の内装や庭が素晴らしいので入ってみてよかったです。
 
tokonoma
各床の間には掛け軸と
季節の花が飾られていて何とも風流です。
 
雪景色を見ることはかなわなかったけど、
念願の雪吊りは見ることができたし、
手入れのいき通った庭園は
季節ごとに違う表情を見せてくれるようなので、
また別の時期に再訪したいです。
 
兼六園
金沢市兼六町1
Tel: 076-221-6453(兼六園観光協会案内所)
開園時間:7:00-18:00(3月1日 – 10月15日)
8:00-17:00(10月16日 – 2月末日)
入園料:310円
 
 

2. ひがし茶屋街

higashichayamachi entrance
兼六園の後訪れたので
すでに暗くなっていた「ひがし茶屋街」。
 
兼六園からだと徒歩で
ラクラクいけます。
 
日が暮れた後は街灯が灯り、
よりいい雰囲気になります。
 
2001年に国の重要伝統的建造物群保存地区に選定され、
保存策が進められているとのこと。
 
higashichayamachi
私たちがひがし茶屋街に着いた頃には
ほとんどの店(お土産屋やお茶屋)は閉店時間を迎えたころで、
お茶することができず残念でした。
 
でも美しい出格子のある街並は京都の祇園を彷彿させ、
また違った魅力もあり。
 
それほど長い通りでもないですが、
独特の雰囲気を味わうために
そぞろ歩きするだけでも十分楽しいです。
 

金沢市内には他にも
 
・長町武家屋敷跡
・にし茶屋街
・主計町(かずえまち)茶屋街
 
といった保存地区があり、
金沢の歴史を感じることができます。

 

3. 駅前のもてなしドームと鼓門

kanazawa station
金沢駅の兼六園口(旧東口)には
ドーンと大きな門が立っています。
 
もてなしドームと呼ばれる
総ガラス製の巨大ドームと
鼓(つづみ)をモチーフにした
木製の鼓門が重なったデザイン。
 
雨や雪が多い金沢で、
駅を降りた人に傘を差し出すもてなしの心
を表現したドームだから
「もてなしドーム」
と名付けられたとのこと。
 
2011年には
世界でもっとも美しい駅14選中の
6位に選出された
こともある金沢駅。
 
2005年の完成からもう10年以上経っているので
すっかり金沢の顔的な存在ですね。
 
金沢のパワーを感じられ、
デザイン自体も斬新!
写真の出来がイマイチで残念。
 

グルメなまち金沢

dinner
グルメなまち金沢を代表する
近江町市場」。
 
訪れた時はすでに多くの店が閉まっていたので
利用できませんでしたが
ここは一度訪れておきたい。
 
そんな人には金沢駅であれこれ
金沢のおいしいものが買えます。
 
実際に買って食べたのは
電車内で食べやすいようにと
小浜で食べ損ねた焼きサバ寿司。
 
そして富山名物ます寿司。
 
写真右下の烏骨鶏かすていらは
ひがし茶屋街にあったお店で購入したもの。
 

 
金沢駅のお土産屋さんには
魅力的な商品が満載でコレ以外にも「俵屋のあめ」や
「濃茶落雁」など
ついつい買ってしまいました。
 
落雁(らくがん)は上品なお茶の味で
少しずつしか食べられないので
ドカ食い防止にもてきめんな和菓子です ww
 

 

金沢人気のわけは?


この時の金沢での所要時間は約半日。
それでもこれだけ見回れます。
 
それは金沢の町は見どころが
コンパクトにまとまっている

からだと感じました。
 
兼六園に入る手前で町の地図を手にしましたが、
金沢駅から徒歩でも十分あちこち回れます
 
実際兼六園からひがし茶屋街、
金沢駅まで全て歩きでした。
(ちなみにわたしたちはかなり健脚 ww)
 
こういった
観光のしやすさ
兼六園をはじめとする江戸時代からの
武家文化を感じられる保存地区があること。
 
近江町市場に代表されるように
グルメな町であること。
 
これは人気がでない訳はない!
次回は最低でも1泊はして
もっと金沢を楽しみたいです。
 
 
金沢で泊まりたいホテル!
(次回のための覚え書き ww)
 

ハイアットハウス金沢
 
部屋にはキッチンが付いているので
長期滞在にも便利。
 
なによりも
フィットネスジム完備!
なのが嬉しい。
 
 

金沢旅行のご参考に

金沢市公式観光サイトhttps://www.kanazawa-kankoukyoukai.or.jp
 
ガイドブックならこちらがオススメです。