ドイツ

【ドイツ】ミュンヘンの見どころ4選とベストシーズン

ドイツ南部にある第3の都市ミュンヘン。

訪れたのは2016年9月初め。

この時感じたのがミュンヘンに行くのは夏じゃない、ということ。

「じゃあミュンヘンに行くのにいつがいいの?」

答え:「オクトーバーフェストの時期からクリスマスマーケットの開催時期の間です」

今回の投稿では他にもミュンヘンの見どころ4箇所を紹介します。

 

【ドイツ】一番人気の観光地ノイシュヴァンシュタイン城5つの撮影スポット<保存版>ドイツ観光の目玉とも言えるノイシュヴァンシュタイン城。 ディズニーのシンデレラ城のモデルとなったとも言われる美しいノイシュヴァンシ...

 

ミュンヘンってどんなとこ?どこにあるの?

munich-shop
人口140万人超の都市ミュンヘン。

首都ベルリン(約350万人)、北部のハンブルク(約170万人)に次ぐドイツ第3の都市です。

BMWやシーメンスなどの世界的企業の本社があり、金融センターでもあるので経済力がハンパなく強い町。

実際に目にした車も高級車が多かったです。

ミュンヘンはドイツの南部にある町。

オーストリアやスイス国境からも遠くはない距離。

日本からはANAもしくはルフトハンザで羽田空港からミュンヘンへ直行便が出ています。

フランクフルト空港に次ぐドイツ第2の規模のミュンヘン空港からミュンヘンの中心へはSバーン(ドイツの鉄道)利用して約40分で行くことができます。

ミュンヘン空港から市内へのアクセスに関してはミュンヘン空港サイトの「公共交通機関」ページをご参照ください。

ミュンヘンの見どころ4選


ミュンヘン市内は地下鉄やトラム、バスの公共交通機関も充実していますが、徒歩でも充分に観光スポット周遊が可能です。

今回の見どころはすべて徒歩で行ける中心地にあるスポットばかりを厳選しました。

1. マリエン広場と新市庁舎

marienplatz2
ミュンヘンのまさに中心にある「マリエン広場(Marienplatz)」。

マリエン広場にある新市庁舎の建物が目印。

ミュンヘン観光局が新市庁舎内にあるのでまずここへ行って情報を仕入れましょう。

観光に役立つと思って買った有料の市内マップ(当時50セント)

(残念ながら見にくくて結局使い物になりませんでした ww)

マリエン広場周辺にはカフェやショップが多く、いつも人がたくさんいます。

人混みが苦手な人もミュンヘンに来たならチラッとだけでも行っておきたいスポットです。

2. ビアホール「ホフブロイハウス」

ドイツでいちばん!

それだけじゃなく世界一有名なビアホールであるホフブロイハウス

hofbrauhaus
ホフブロイハウスの外観。

platzl
ホフブロイハウスのある広場。マリエン広場から徒歩5分ほどで行けます。

ビール好きではないので中には入りませんでした。

ビールが好きな方、ミュンヘンらしい白ソーセージや肉料理を食べたい方はぜひ入って見てください!

3. 老舗高級食材店「ダルマイヤー」

dallmayr-shop
ビールよりお茶派。

ミュンヘンには老舗カフェがあると事前に調べておいたけど、購入した地図を見てもよくわからず。(有料地図はホントに役立たず ww)

困っていたら地元の女性が、

「何かお探し?そこなら今から行くところの途中にあるから一緒に行きましょう。」

と親切に道案内してくれたおかげでたどり着けたのが「ダルマイヤー」。

彼女曰く「ダルマイヤーよりもいいカフェは他にもいろいろあるわよ。」

初めてのミュンヘンならね、やっぱり行ってみたい。ところが店の入口には、、、

犬は入店禁止のサインが!

(この時は犬連れ旅でした、、)

ドイツはドッグフレンドリーでホテルでもレストラン・カフェでも犬連れノープロブレム!なところが多いから大丈夫だと思ってたのに。

さすが高級食材店兼レストラン・カフェだからなのか?

仕方ないのでお茶は諦めて夫と交代で店内だけ見まわることに。

dallmayr-products
店舗の1階が食材飲料売り場で2階がカフェ。

1階の売り場にはチョコやビスケットなどのお菓子類からソーセージ・ハムなどの肉類、高級そうな缶詰、ワインなどなど高級デパ地下のよう。

ロンドンにあるハロッズみたいと言われることもあるのがよくわかります。

お土産になる商品が多いのでお茶したらぜひお買い物も楽しんでください。

4. ミュンヘンを一望できる2つのスポット

frauenkirche
ダルマイヤー店舗前にマリエンホフという広場があります。

その奥にあるたまねぎ型のドームが印象的なのが聖母教会(フラウエン教 Frauenkirche)。

マリエン広場にある新市庁舎と同様、特徴的なのでどこからでもわかる聖母教会。

一方の塔(南側)には登ることもできミュンヘンの町が一望できます。

もうひとつ塔に登れる教会があります。

st-peterskirche
マリエン広場近くにある聖ペーター教会(Peterskirche)。

ミュンヘン最古の歴史ある教会です。

塔のてっぺんに行くには306段の階段を登らないといけないですが、ミュンヘン市街が一望。

晴れた日なら遠くはアルプスまで見渡せるご褒美つき。

日頃運動不足を感じているならぜひ登っちゃいましょう!

 

オクトーバーフェストってどんな祭り?

日本でも最近いくつかの都市で開かれるようになってきたビールの祭典「オクトーバーフェスト(Oktoberfest)」。

ミュンヘンのオクトーバーフェストはオクトーバー(10月)と言いながら、祭りの期間はほぼ9月。(10月初めまで)

理由は9月の方が気候が安定していいからとのこと。

ところでオクトーバーフェストってどんな祭りなの?

とよく分かっていませんでしたが、要するに

ビールをただ飲んだくれる祭り!ww

とはいえパレードもあり、移動式遊園地も設置されるのでビール好きじゃない人でも楽しめる祭りです。

ドイツ人というかバイエルン人たちのビールの飲みっぷりを見るというお楽しみつき。

ミュンヘンを訪れたのはがオクトーバーフェストの少し前の9月初旬。

この時期ミュンヘンではこのような服が売り出されていました。

sendlinger-street
バイエルン地方の民族衣装の現代版。

見た時はこれを誰が買って着るんだろう?と思っていましたが、オクトーバーフェスト用の衣装とのこと。

祭りにはもちろん何を着て参加してもいいですが、地元の人は男女とも民族衣装を身にまとって祭りを楽しむようで。

気合が違いますね。

オクトーバーフェストhttps://www.oktoberfest.de/en

ミュンヘンに行くベストシーズンは?


ミュンヘンにかぎらず、ヨーロッパの大都市へ行くのは夏はおすすめしません。

ヨーロッパの大都市は文化や芸術を楽しむところがほとんど。

また夏だと閉まっている店舗も多かったりします。

芸術系を楽しむには秋からクリスマスにかけてがメイン。

夏はヨーロッパの人は自然やアウトドアアクティビティを楽しむことが多いです。

ミュンヘン郊外にも夏に楽しめる湖があります。

ミュンヘンから電車で30分ほどで行けるので夏なら自然を満喫するのがおすすめ。

 

*シュタルンベルク湖は自然も芸術も楽しめる場所です。

【ドイツ】ミュンヘン近郊にあるシュタルンベルク湖の見どころ4選ミュンヘンから電車で30分足らずの距離にあるシュタルンベルク湖。 同じくミュンヘン近郊でシュタルンベルク湖の隣にあるアマー湖にも行...

 

ミュンヘンに行くなら世界的に有名なオクトーバーフェストの時期。

そしてマリエン広場を中心に開かれる美しいクリスマスマーケットが開催される時期。

というわけで9月中旬から12月にかけてがミュンヘンを訪れるベストシーズンです!

まとめ:ミュンヘンの見どころ4選とベストシーズン

ミュンヘン市内は地下鉄などの公共交通機関があるので車で行くより徒歩&交通機関利用が便利な町です。

紹介したミュンヘンの見どころ4選は以下のとおり。

  1. マリエン広場&新市庁舎
  2. ビアホール「ホフブロイハウス」
  3. 老舗高級食材店&カフェ「ダルマイヤー」
  4. 聖母教会&聖ペーター教会の塔

そしてミュンヘンを訪れるベストシーズンは、

「オクトーバーフェスト開催時期の9月中旬からクリスマスマーケットが開かれる12月」

です。

冬のミュンヘンは寒いですが、クリスマスマーケットは本当に美しいので防寒対策して楽しんでください。

 

*ヘルシー食材や環境問題に興味があるあなたならドイツはさらに行きたくなる国です!

オーガニックとグルテンフリー先進国なドイツは健康オタクのパラダイス2016年9月のドイツ旅で気付いたこと。 それは オーガニック食材店が多い ことでした。 ドイツはエコで環境保全に前向き...