ドイツ

オーガニックとグルテンフリー先進国なドイツは健康オタクのパラダイス

2016年9月のドイツ旅で気付いたこと。
 
それは
オーガニック食材店が多い
ことでした。
 
ドイツはエコで環境保全に前向きな国だ
という印象はありましたが、
オーガニック(=ビオ)食材を
当たり前のように目にしました。
 
健康オタクにとって
ドイツのスーパーはパラダイス ww
 
ドイツの全てを見尽くしたわけではないですが
今回のドイツ南部旅で目にした
ドイツのビオ事情を紹介します。

 

オーガニックショップが多いドイツ

bio-shop
在住しているフランスにもオーガニック(仏語でビオ)
のお店はあるんです。
普通のスーパーでもビオ商品は結構多い。
 
なのでフランスもビオ先進国といえます。
 
ドイツ旅で訪れたミュンヘン
郊外の町では何軒かのオーガニックショップを見かけました。
 
実際に中に入って買い物をしたのは、
アマー湖畔で滞在した町ヘルシングにあった店舗。
 
ヘルシングはアマー湖畔では一番大きい町でしたが、
人口はわずか1万人超という決して大都市ではありません。
 
そんな規模の町でも
2軒ものビオショップを発見。
 
おそらく裕福な町ゆえに需要もあるんでしょう。
店内にある商品の充実度からして
地域に根付いている印象を受けました。
 
そんな充実した店舗内の様子が上の写真です。
 
野菜からお菓子、お茶、ジュース、ワイン、パン、
冷蔵品、冷凍品、コスメにいたるまで
ありとあらゆる商品が並べられていました。
 
ヘルスコンシャス、健康オタクな人には
まさにパラダイスなお店!
 
bio-drinks
写真左:ビオのお茶・ハーブティー
写真右:ビール、水、ジュース、ワインと全部ビオ!?
 
 

オーガニックが根づいた生活

bio-tea
今回のドイツ南部旅行では
オーガニック商品を専門店に行かなくても
あちこちで見かけました。
 
一例として、
カフェに入ってお茶を注文すると、
そのお茶(紅茶や緑茶など)はフツーにオーガニック。
 
写真の右下にあるティーバッグに
bio
と記されているのが見えますか?
 
逆にオーガニックのお茶じゃない方が珍しいぐらいで
オーガニック が生活に根づいている
んだなと感じました。
 
 

グルテンフリー食材も充実のドイツ

bio-glutenfree
ビオショップで見かけたグルテンフリー商品。
左がパンで
右はミューズリーと呼ばれるシリアル
(ミルクやヨーグルトをかけて食べるもの。)
 
ドイツで嬉しいのはオーガニック商品が充実しているだけでなく、
グルテンフリー食材も豊富にあること。
 
夫(写真家)がグルテン不耐性で
小麦製品をはじめとするグルテンが含まれた食材を口にすると
膨満感があるなど不調となる症状です。
 
(グルテン不耐性には個人差があります。
ひどい症状はセリアック病と呼ばれます。)
 
グルテン不耐性の人ができることは
グルテンを含んだ食品を避けることしかないのが現状。
 
なのでグルテンフリー食材が充実しているドイツは
グルテンが食べられない人にとってもパラダイス!
 
glutenfree-biscuit
ちなみに
グルテンフリー=オーガニックとは限りません。
 
例えばこちらでよく見かける
Schar(シャール)」というブランドは
ビオではありません。
グルテンフリーブランドの中ではかなり安い方です。
 
glutenfree-cone
シュタルンベルク湖畔の町で見かけたアイスクリームの屋台。
 
見にくいですが、
屋台のチョークボードに書かれている
「グルテンフリーワッフル」
という文字に惹かれて近づいてみました。
 
ワッフル=ベルギーワッフルと想像していたわたしたち。
 
でもよく考えたらワッフルが50セントなはずはない。
 
あっ、そうか!
アイスクリームを乗せるコーンを
グルテンフリーのものに変えると
50セントプラスで支払う必要があるってことか!
と気付きここでは何も買いませんでした。
 
でもグルテンフリーのアイスクリームコーンがある
という事実だけでもすごい!
さすがドイツです。
 
テニス選手のジョコビッチが
グルテン不耐性だということで
世界的に知られるようになったこの症状。
 
彼の著書を実際に読みましたが
グルテンフリーの入門書としても
生き方に関しても
学べる点が多い良書です。
 

 

ドイツで購入したオーガニックBBクリームの感想

bb-cream
前述のオーガニックショップではコスメも充実していたので
あれこれ手に取ってみてみました。
 
どれも惹かれる商品ばかり。
ちょうど化粧下地クリームが無くなりそうだったので
日焼け止め成分が含まれた商品はないかな?
と探しても見つからず。
 
この時目に入ったのが「BBクリーム」という文字。
 
耳にしたことはあるけど、どんなクリームなの?
(参照:BBクリームとは?
 
こちらのブランド
Annemarie Bolind(アンネマリー・ボーリンド)
のパッケージには英語表記もあったので助かりました。
 
読んでみると、UVAやUVBのダメージからお肌を守る云々。
 
それだけじゃなくいろんな機能が
ひとまとめになった超便利なクリーム!
 
この時からBBクリームデビューしました。ww
 
このクリームを使うと気のせいか
肌が柔らかくなりしっとり感もあるんです。
 
変な香りもなくつけ心地も自然で
色も肌にあっていました。
 
うちの近くでは見かけたことがないけど、
ネットで購入できるようなのでリピート決定です!
 
日本ではこのブランドのBBクリームはまだ取り扱いがないようですが、
他のメイクアップ商品やスキンケア商品は購入できます。
例えばこちら↓
 

 
 

今回の発見(Discovery)!

「ドイツ=エコ」という公式が
勝手に自分の中で出来上がっていましたが
環境保全に関しては数日旅しただけでは分からないもの。
 
それでも
「ドイツ=オーガニック&グルテンフリー先進国」
という新たな公式がわたしの中にできあがりました。
 
オーガニックやグルテンフリー商品は
裕福な人のためのものと思いがちですが
驚くほど高いわけではありません。
 
価値観の問題でもあるでしょうが
このドイツの現状はわたしたち夫婦にとっては
ドイツに住みたくなるぐらい嬉しい発見でした。
 
 
[adchord]