アジア

【台湾】レンタカーで台湾を旅する時の注意点

台湾でレンタカーしたいけど
やり方がわからない。
台湾でのレンタカーの仕方教えて! 

2016年4月に台湾でレンタカーをして
台北から高雄まで行きました。

台湾でのレンタカーは他の諸外国と少し異なる点があります。

今回の記事では

  • 台湾でのレンタカーの探し方
  • 台湾で車を運転する時の注意点(メリット&デメリット)
  • 台湾新幹線

のことがわかります。

台湾でレンタカーする際の運転免許証について


外国で車を運転する場合
通常は国際免許証で運転ができます。

ただ日本人が台湾で運転する場合は
国際免許証は必要ではなく
日本の免許証を中国語翻訳してもらい
日本の運転免許証と翻訳された書類の2つを
レンタカーオフィスに提示する
というシステムです。

運転免許証の中国語への翻訳は
国内にあるJAFの各支店にて作成してもらうことができます。

詳細は「JAFのサイト」でご確認ください。

ちなみにわたしたちの場合は夫(写真家)が運転することにしたので、
フランスから国際免許証を作成して
それで車を借りることができました。

どこの国の免許を持っているかによって
国際免許証なのか翻訳なのかが異なるので
旅行前にチェックしてください。

台湾でのレンタカーの探し方


2016年4月に台湾でレンタカーした時は
メジャーなレンタカー会社はAVISのみでした。

台湾ローカルのレンタカー会社は
「和運租車」という会社のみ。

和運租車https://www.easyrent.com.tw/

こちらの会社は中国語のみで
英語で予約できるかは不明。

その際は
中国語ができない人でも使える
レンタカー会社の比較サイトを
利用するのが便利です。

実際にわたしたちが利用したのが
日本語でも利用できる
「Rentalcars.com」

様々なレンタカー会社を一度に比較できるサイトです。

台湾でレンタカーを検討しているなら
一度チェックしてみてください。

 

AVISのレンタカーオフィスでの手続き

コンパクトカーを選択したらフォルクスワーゲンの赤いポロでした

レンタカーオフィスでの様子は2016年4月当時の内容です。

ただレンタカーオフィスでの手続きはいつでも似たような感じなので
当時の手続きの様子を記しておきます。

予約自体はRentalcars.comですが
実際にレンタカーするのはもちろん
AVIS台湾のオフィスとなります。

予約時に出発店舗(台北)と返却店舗(台南)
ナビの追加などは指定しておいたので
台北のオフィスではスムーズに事が進みました。

対応してくれたお兄さんは
ネイティブ並みの英語力で
しかも早口だったので
理解するのに必死でした。

日本でレンタカーする時と同様
車体のキズチェックをしたり
ナビの使い方を教えてもらったりして終了。

その後は好きなタイミングで出発。

ナビに関してですが
ヨーロッパでよく見かけるタイプの
取り外しができるスタイルのナビでした。

英語対応はしているんですが
使い方に慣れるまでにかなり時間が必要でした。

レンタカー会社によって違いますが、
この時のAVIS台湾でのナビレンタルは有料

もしご自身の取り外し可能なナビをお持ちなら
持ち込んだ方が使い慣れてるし
その分追加料金もかからないので
持ち込んじゃいましょう!

(もしくはスマホのGoogleマップを使う
という手もあります。)

その際必要になるのがモバイルWifiです。

台湾でもスマホが使えたらなにかと便利。

モバイルWifiを準備しておくと
どこにいても情報チェックできるし
ナビとしても使えてナビレンタルしなくても
よくなります!

台湾で車を運転する時の注意点


台湾での走行車線は右側。
車は左ハンドルです。

運転に慣れるまで
人によっては時間がかかるかもしれません。

速度表示は日本と同じくキロメートル
なのでこれは問題なし。

その他注意したい点として
台湾ではバイク(スクーター)が多い

運良くとんでもない運転をするスクーターには遭遇しなかったけど
かなり大量のバイクが車の周りにいると圧倒されます。

多くの道はバイクレーンがあって車と別れていたのでよかったけど
慣れるまで何日かかかった、とは運転していた夫談。

これに関しては慣れるしかないです。

レンタカーのメリット


時間に左右されず自由気ままなプランで
好きなように動くことができる。

車を所有することの利点と同じですね。

電車やバスだと時刻表にしたがい
駅やバス停からの移動などにも
余分な時間がかかる。

その反面レンタカーだと
行きたいスポットにダイレクトで行ける。
途中でいい景色を見つけたら
寄り道も問題なくできる。

この自由さが何よりのメリットです。


それと台湾には
セブンイレブンやサークルKなどの
コンビニが全国にあるので
トイレ休憩などしたくなっても
停まることができるところも便利です。

台湾の駐車場は大人気の観光地以外なら
割と無料のところも多かったのもありがたかったです。

ホテルでも無料駐車場付きのところが多くて便利でした。

レンタカーのデメリット


レンタカーのデメリットとしては第一に
右も左もわからない外国での運転だと
どこを走っているのかも分からなくなるところ。

標識には英語表記もあるけど、
ないところもあって
結局行きたいスポットにたどり着けない
というのも悲しい。
(ナビが使いこなせたらよかったんですが)

そして何より不安なのが
事故なども問題が起こった場合に
対応するのは言葉の問題もあって難しいところです。

なので特に心配性な人、
また初めての台湾旅行の場合は
レンタカー利用するのはおすすめしません。

後述する台湾新幹線を利用して
台湾周遊する方が気が楽です。

また訪れるのが台北だけなら
台湾メトロで移動できるので
むしろレンタカーは不要です。

台湾新幹線で台南から台北へ

新幹線台南駅のプラットフォームからの駅周辺の風景

2016年4月の旅ではレンタカーの出発を台北、
返却を台南の新幹線駅のオフィスにして、
台北に戻る際は台湾新幹線を利用しました。

AVIS台湾の台南新幹線駅オフィスは
駅の構内(カウンター)にあったので
車の返却の際は
車を駅前に停めておいて
係の人を呼ぶというシステムでした。

とても親切で仕事のできる担当者で
あっという間に返却手続き完了。
彼も英語は堪能で助かりました。

台湾は日本語を話す人も多いけど
英語を話す人も案外多い印象でした。
少なくとも日本よりは英語話者が多い。


台南高鉄(=新幹線)駅のプラットフォーム。


新幹線の車両は色が違うだけで日本のと同じデザイン。
時刻も正確なところも同じでした。


新幹線のチケットはこんな感じでした。
予約も何もしなかったけど
すんなりと当日券が買えました。

テーブルの飲み物受けが
日本のより深かったのが印象的。

特に車両が揺れるわけでもなかったけど。

まとめ:レンタカーで台湾を旅する時の注意点

最後にもう一度内容をまとめます。

台湾でのレンタカーの探し方
Rentalcars.comなどの
レンタカー比較サイトでレンタカーを探す。

台湾で車を運転する時の注意点
→台湾での走行車線は右側。車は左ハンドル。
どこでもバイク&スクーターが多いので運転に注意。

レンタカーのメリット
→自由気ままに動ける。
コンビニも多くトイレ休憩しやすい。

レンタカーのデメリット
→道路標識がわかりにくい。
トラブルが不安な人にはおすすめしない。

台湾新幹線
→レンタカーしなくても台北から高雄まで
快適に移動することが可能。
レンタカーの乗り捨てをしても
新幹線で台北まで戻ることができるのが
気分的にも安心で利用価値がある。

今回の記事が台湾でのレンタカー利用の
お役に立てれば幸いです。

台湾への旅が2度目以降の人向けに
最適なガイドブックです。