フランス

南仏にあるラベンダー畑のベストスポットはどこ?【ヴァランソル】

南仏プロヴァンスにあるラベンダー畑でベストスポットはどこ?

それは【ヴァランソル高原】です!

実際に2019年7月、ラベンダー満開時期ヴァランソルに行きました。

言葉の問題や移動方法などなど、日本人には訪れにくいスポットでもあるので、今回の投稿で以下の点をまとめました。

  • ヴァランソル高原はどこ?
  • どこを拠点にして周遊するといいのか?
  • アクセス方法は?
  • ラベンダーの見頃はいつ?
  • ラベンダー畑での注意点

【フランス】南仏プロヴァンス観光で訪れたいゴルド(ラベンダー畑あり)フランスの南仏プロヴァンス。 外国人だけじゃなく、フランス人にも大人気のバカンス先で、特に夏はどこも賑わいます。 今回は、南...

ヴァランソル高原はどこにあるの?

ヴァランソルはエクサンプロヴァンスの北東にある小さな村です。

地図内にある「Plateau de Valensole」がヴァランソル高原のこと。

ヴァランソル村の中心地以外の一帯にラベンダー栽培をする農家さんが密集しています。


なので、ヴァランソルでは上の写真にあるような、360度見渡す限りのラベンダー畑を見ることができるのです!

どこを拠点にして周遊するといいのか?

マノスクの街中

 

ラベンダー畑鑑賞をするのに便利なのは、ヴァランソルの西隣の町「Manosque(マノスク)」です。

ヴァランソルにも宿泊施設はありますが、小さめのB&Bがほとんどで、数が少なく、早めに予約する必要があります。

その点、すぐ隣にあるマノスクにはより多くの、そしてホテルからB&Bなど種類もさまざまな宿泊施設があって選択肢もあり便利です。

マノスクからヴァランソルまでは、車で約15-20分ほど。

一番便利そうだと感じたのが、高速道路の出入口のすぐそばにある「イビスホテル」。

マノスクの東端にあり、いちばんヴァランソルの近くあるチェーンホテル。

ここなら部屋にエアコンもあるので、昼間の暑い時間に部屋で涼むこともできます。

理想的なホテルは、プール付き。

朝の涼しい時間帯にラベンダー畑へ出かけ、日差しが強くなってきたら宿に戻ってプールサイドでのんびり過ごす。

そして日の入り時間の前(この時期の日の入り時刻は21時過ぎ)にもう一度ラベンダーを見に行く、とゆったりした休みが過ごせるはずです。

また、エアコンが部屋にあるかどうかも重要。

わたしたちは、エアコンなしのアパートホテルで大変な思いをしました…。

ヴァランソルへのアクセス方法は?

ヴァランソルのレストラン(ツナステーキ)

 

マノスクからヴァランソルへ行くバスがありますが、本数が少ないので実用的ではありません。

ラベンダー畑を鑑賞するには、やはり車(レンタカー)が必要です。

「フランスでレンタカーは自信ない」という場合は「エクサンプロバンス発のツアー」を利用するといいでしょう。

(その場合は、エクサンプロヴァンスで宿泊しましょう。)

ただ、いい写真が撮りたい!と思っているならレンタカーの方がいいです。

というのも、ラベンダー撮影に最適な時間帯は早朝か日没前後

ツアーだと昼間のとてつもない暑い日差しの元での鑑賞。

記念撮影をするにしても、光が強すぎて影ができやすく、あまりきれいに撮れない可能性が高くなります。

わたしたちが訪れた時も、昼間は36度ほどで強烈な日差しがさんさんと降り注いでいました。

ラベンダー畑では日かげもほぼないのでかなりキツいです。

ラベンダーの見頃はいつ?


年によってばらつきはありますが、だいたい6月末から7月中旬がラベンダーの見頃の時期

オート=プロヴァンス地域(ヴァランソルのある地域)の旅行サイトに、「ラベンダーの(おおまかな)見頃の時期」がアップされるので、チェックしてみてください。(英語・仏語・ドイツ語)

また、そのサイト内に「ラベンダー畑スポット」がわかるPDF(パンフレット)がダウンロードできるので、そちらが大変参考になります。

おみやげを買うのにぴったりな店舗2軒

ヴァランソルでラベンダー畑を鑑賞したら、何か記念になるものが買いたくなります。

その際におすすめのお店を2軒紹介します。

1. TERRAROMA


ラベンダーの精油などや雑貨ものを購入したいなら、「Terraroma」がオススメ。

大型ツアーバスもやって来る観光スポット的なお店で、駐車場も広いのですぐわかります。

精油にもちゃんと学名が記載されてました。

精油のボトルに学名がないものは、混ぜものをしている可能性が高いので購入しないほうがいいです。

↓フロリハナの精油には、学名がちゃんと記載されており、さらにオーガニックで高品質です。

ハチミツ好きな夫(写真家)はここでラベンダーハニーを購入。

こちらの店舗は、バラエティー豊富な品揃えなのでいちばんおすすめです。


店舗の前では、こんなに美しいひまわり畑も見られました!

6月末から7月初旬に行くと、「ラベンダー+ひまわり」が同時に見られてサイコーです。

2. ロクシタン

マノスクからヴァランソルに行く途中にある「ロクシタン」の店舗。

「日本でもロクシタンは買えるじゃん!」

こちらにはミュージアム形式の展示があったり、限定商品があったり。

もちろん日本で購入するよりずっと安くなるので、ロクシタンファンの方はこの機会にぜひ。

ラベンダー畑での写真撮影と注意点


繰り返しますが、ラベンダー撮影に最適な時間帯は、日差しが高くなる前の朝と日の入り前の時間。

自撮り&記念撮影も同じです。

上の写真は朝に撮影したもの。

太陽光はほぼ背後から差し込んでましたが、まだ低い位置だったので柔らかい日差しでちょうどいいです。

雰囲気のいい写真が撮れます。


一緒に行った愛犬と。(朝の撮影)

犬連れの人は他に2組見かけたぐらいでほとんどいませんでした。

うちの犬は悪さはしませんが、ラベンダー畑に入る際は抱っこしました。

誰もとがめる人はいませんが、ラベンダー農家さんへのリスペクトとして、ラベンダー畑内で犬を散歩させるようなことはしませんでした。


こちらが日の入り前(21時前)に撮影したもの。

日差しを正面から浴びる状態です。

昼間のような強くキツい日差しじゃないので光の色が優しく、ラベンダーの色も温かみを感じるように見えます。

昼間に撮影すると、おそらく白とびした写真になってしまうでしょう。

また、ラベンダー畑でのドローン撮影はやめた方がいいです。

夫がドローンを飛ばしたら、ミツバチにドローンを攻撃されました ww

その後ドローンを掃除するのが大変でした…。

ここまでは、写真撮影に関すること。

他にも注意点があります。それは、

ラベンダー畑には大量のミツバチが飛んでいます!

こちらから攻撃していかなければ基本的何もしてこないので、静かにラベンダー畑に入っていけば大丈夫。

わたしは刺されることはありませんでした。

気になる人は、露出の多い服(ショートパンツや露出多めのシャツやワンピースなど)は避けましょう。

わたしは少しだけ不安だったので、露出の多い服は避けましたが、ほとんどの人は全然気にしていない様子でした。

なんと妊婦さんでお腹を出して撮影してる人もいたぐらい!

服装に関しては個人的な感覚なので、それぞれの判断にお任せします。

まとめ:南仏にあるラベンダー畑のベストスポットは?

南仏にあるラベンダー畑でいちばん壮大な景色が楽しめるのはヴァランソル(Valensole)です。

どこ?:ヴァランソルはエクサンプロヴァンスの北東にある小さな村。

拠点にするにはどこがいい?:ヴァランソルの西隣にある「マノスク(Manosque)」という町に宿泊施設が豊富にあります。

(ツアー利用するなら、エクサンプロヴァンスに止まりましょう。)

ラベンダーの見頃は?:だいたい6月末から7月中旬がラベンダーの見頃の時期です。

注意点は?:ラベンダー畑には大量のミツバチがいます。

攻撃を仕掛けなければ問題ありませんが、気になるなら露出の多い服は避けましょう。

また写真撮影に最適なのは、朝早めか日の入前(21時ごろ)です。

昼間は30度以上に上ることも多いので、かなり暑いと覚えておいてください。

この時期、雨が降ることもありますが、1日中降り続くということはほとんどないです。

今回の記事が、みなさんのラベンダー畑鑑賞に役立ちますように。

【フランス】南仏プロヴァンス観光で訪れたいゴルド(ラベンダー畑あり)フランスの南仏プロヴァンス。 外国人だけじゃなく、フランス人にも大人気のバカンス先で、特に夏はどこも賑わいます。 今回は、南...