その他の国

灼熱の夏のドバイ観光は夜メインで【ブルジュ・ハリファ周辺おすすめ】

ドバイに行きたいけど
夏しか休みが取れない。
その時期でも観光できるの?

答えは
夜に出かけられるスポットへ行くこと
です。

9月初旬という灼熱の夏に実際訪れたものの
期待していた以上に楽しかったドバイ。

この記事では

・ドバイの気候について
・暑い時期でも楽しめるブルジュ・ハリファ周辺

に関することがわかります。

ドバイの気候について


ドバイを訪れるに当たって気になる点は
どんな気候なのか、そして
イスラム圏なので服装や慣習などです。

【ドバイ】気になる慣習や服装、予算に関して2018年9月に訪れたドバイ。 前回の投稿(【ドバイ】灼熱の夏でも楽しめるドバイ観光スポット 夜のブルジュ・ハリファ周辺)にドバイの気...

 

ドバイの気候は
完全な砂漠気候で雨は年に数回降る程度。

基本的に傘を持っていく必要はありません。
雨に出くわしたらそれこそラッキーなぐらい。

過ごしやすい時期は10月から5月にかけてです。

ドバイの夏は6-9月で最高気温は連日40度以上
最低気温も30度を下ることがない
という灼熱地獄です。

わたしたちが訪れたのは9月初めで
恐ろしく暑い毎日でした。

なので昼間はホテルのプールで過ごし、
出かけたのは夕方や日が暮れてから。

夏の時期は昼間に行なわれる砂漠ツアーや熱気球ツアーなどの
外でのアクティビティは遂行されていません。
(されてたとしても参加しない方が身のためです。)

ドバイは夜に楽しめるスポットも多いし、
建物の中はこれでもか、と冷房ガンガンに効いてるので
汗が引くどころか寒いぐらい。

*ドバイでは屋内の冷房が効きすぎていて
上にはおる服がないと震えあがります。

カーディガンなどの羽織れるものは
持ちものに加えたい必需品!

少し丈の長いスタイルの方が
イスラム圏の国ということで
安心感があります。

まず行っておきたい世界一高いビル「ブルジュ・ハリファ」


夜のドバイで楽しむことができるのは、
ショッピングやレストラン、バーなどです。

それが一気に楽しめるのが世界一高いビル
ブルジュ・ハリファ(Burj Khalifa)」周辺です。

上の写真がそのブルジュ・ハリファ。
外観のレーザーショーが行なわれてた時に撮影したもの。

トップの写真もそうですが、ビル自体のデザインが美しい。
見ていて楽しめる外観です。

ブルジュ・ハリファの展望台「At The Top」への行き方&眺め


写真がブレブレですが、、、。
ブルジュ・ハリファの展望台へは
隣のドバイモールの1階から行きます。

ブルジュ・ハリファの展望台は、
At The Top」と呼ばれています。

124&125階だけ(ここだけで充分!)と
プラスαで148階まで上れる2種類のチケットが有ります。

事前にチケットカウンターが混み合うとの情報を得たので、
オンラインで124&125階だけのチケットを購入。

訪れた当日はチケットカウンターはがら空きでした。

おそらく混み合う時間帯は
「プライムアワー」とされている
16:00-18:00です。

プライムアワー時のチケット代は
AED224(224ディラム。約6500円)!

それ以外の昼間や18:30以降だと
AED149(約4300円)です。

148階まで行けるチケットだといちばん安くて
AED379(約11000円)!

個人的には124階だけで充分でした。
というのも、、、


124階からの眺め。
んん?

ブルジュ・ハリファ付近には高層ビルが並んでるけど、
少し離れたらそうでもない、、、


やはり周辺のみ高層ビル。
なのでレンズをかなり下に向けて撮影するしかない。

つまりそんなに高くに上ったところで
ものすごい景色が見られるわけじゃないんです。


ブルジュ・ハリファのすぐ横にある
ドバイモールとドバイファウンテン。
(後述します。)

隣にあるので真下を撮影したかたちになります。

というわけで、
ドバイの夜景は
あまり面白くありませんでした。

あと10年ぐらいしたら
もっと高層ビルが増えてるかもしれませんが
2018年時点ではわざわざ高額なチケットを買ってまで
ブルジュ・ハリファの展望台に上る必要はないです。


125階から124階につながる階段のところに
こんな綺麗なシャンデリアがありました。

ゴージャスなドバイを象徴するオブジェです。

ブルジュ・ハリファ周辺一帯が観光スポット


ブルジュ・ハリファの横にはある
巨大なショッピングモール「ドバイモール(The Dubai Mall)」。

上の写真では水辺(=ドバイファウンテン)周辺の
ビル全部がそのドバイモール。

世界最大のショッピングモールというだけあって
短時間では到底周りきれませんでした。


ドバイモール自体が無料のシャトルバスを運行していて、
わたしたちが滞在していたホテルにも
1日に5便やって来てたので、
それを利用しました。

無料シャトルバスがまず停車したのが
上の写真にある入口前。

なんとドアマンまでいました!


中に入ると名だたるブランド店舗が。
高級感たっぷり。

世界最大なんだから、と
短時間では見回れないのを想定して、
ドバイモールのサイトで予習しておいたものの、
行きたい店の場所がどうにもわからないので、
受付でガイドをもらいました。

真っ白な服を着たアラブ人男性が
親切に渡してくれたパンフレットを見ると、
わたしたちが入場した入口は
ファッションアベニューという
ラグジュアリーブランドが並ぶエリア。

そうとは知らずにそこで利用したトイレは、、、


無駄にゴージャス。ww

トイレひとつひとつが大きく、
洗面台も高級ホテル並みな豪華さ。

思わず写真を撮らずにはいられませんでした。

ドバイモールは高級ブランドばかりではなく、
庶民的なお店(H&MとかZaraとか)もあります。

そちらはまた別のエリア。

また、カフェやレストランも
高級店からファーストフードまで
誰もが利用できるようになってます。

ただしここはとにかく広いので、
真剣にショッピングしたいなら
1日かけた方がいいです。

個人的には別の日に訪れた
モール・オブ・ジ・エミレーツ(Mall of the Emirates)の方が
買い物がしやすいと感じました。

ここもかなり広いけど、
ドバイモールと比べたらそこまででもない。

ちなみにここのショッピングモール内には
スキー場があることで有名です。

ドバイファウンテンは必見


ドバイモールの前に
大きな池のように見えるところがあります。

それがドバイファウンテンと呼ばれる
噴水ショーが行なわれるところ。

写真にあるような雰囲気のある橋も架かっています。


噴水ショーが行なわれる時間は
毎日18-23時
30分おき

ドバイモールや同じ水辺に建つ
スーク・アル・バハール(上の写真がスークの内部)にある
水辺のレストランで食事をすると
噴水ショーが見られます。

食事をしなくても水辺の際に行けば見れるけど、
場所取りが結構大変。

そんな中頑張ってビデオを撮ってみました。

最初は全然期待してなかったけど、
近くで見るとすごい迫力!
噴水はかなり高くまで上がります。

同時に流れる音楽のチョイスに関しては
好みが分かれるところ。

訪れる前は
なぜそんなに多くの人が
噴水ショーをわざわざ見に行くのか?
と疑問でしたが
実際に行くとその理由がよくわかります。

噴水ショーめちゃおもしろい!
これは一度見た方がいいです。

今回の発見(Discovery)!

夏にドバイに行くと
昼間は暑すぎて外には出られません。

なので昼間の過ごし方は

  1. ショッピングモールへ行くか
  2. ホテルをリゾートタイプのホテルにしてプールサイドで過ごすか

という2択です。

ただ夜になると屋外でも多少過ごしやすくなるので
ぜひブルジュ・ハリファ一帯のスポットを楽しんでください。

ブルジュ・ハリファの展望台も予算が合えば
最初のドバイ旅なら経験としていいでしょう。

ドバイモールと噴水ショーは誰もが楽しめるスポットです。
ブルジュ・ハリファも建物自体を眺めること自体は楽しい。
なんせ今のところの世界一高いビル。

「世界一の〇〇」が大好きなドバイ。
ブルジュ・ハリファ一帯には
その世界一が3つも!
(ブルジュ・ハリファ、ドバイモール、ドバイファウンテン)

ここに行かない理由はありません。