中国

広島駅から徒歩5分!雨に映える名勝「縮景園」

広島駅から徒歩5分の距離に素敵な日本庭園があるのをご存知ですか?

名勝「縮景(しゅっけい)園」は広島の町中にありながら静けさを感じることができる貴重な庭園。

雨の日に行くとさらに美しく感じます。

今回の記事では縮景園のみどころを余すことなくお伝えします。

広島駅から徒歩で行ける縮景園


JR広島駅から5分で行けちゃう日本庭園「縮景園」。

縮景園のすぐ近くに広島城もありますが、こちらは縮景園から徒歩だとさらに8分ほどかかります。

こんなにアクセスのいい日本庭園は他になかなかないもの。

広島へ行ったらまず行きたいスポットです。

名勝「縮景園」のみどころ

1620年に広島藩主浅野長晟(ながあきら)別邸の庭園として作庭された縮景園。

中国の杭州にある景勝地「西湖」を模してつくられたと伝えられています。

西湖周辺の風めて表したことから「縮景園」と名付けられました。

1945年の原爆投下で壊滅状態となったものの、清風館、明月亭などの園内の建物を含め、庭園は復元されました。

こちらが清風館。

数寄屋造りの建物で茶室もあります。

縮景園は中央にある濯纓池(たくえいち:上の写真の池)を囲むように木々や花が植えられ、建物が配置されています。

こちらの茅葺き屋根の建物もそのひとつ。

縮景園のシンボルはなんといっても濯纓池にかかる「跨虹橋(ここうきょう)」。

半月の形をした太鼓橋で原爆の爆風にも耐えた橋。

橋を渡ることもできますが、雨の日は足元が滑りやすいので気をつけて渡りましょう。

池に浮かぶ小島に建つ超然居(ちょうぜんきょ)と呼ばれる東屋に座ってのんびりと庭園を眺めるのがいちばんリラックスできます。

縮景園の至るところにもみじが植えられているので紅葉の時期は大変美しいに違いありません。

青もみじの時期でもとても綺麗でしたから。

訪れたのは6月の小雨が降る中。

日本庭園は雨だとしっとりとした美しさが出てさらにいい趣が出るもの。

また雨の日だと人も少なめで落ち着きます。

縮景園は都会の中にある庭園だということを忘れさせてくれる落ち着くスポット。

入園料も260円とやすいので日本庭園好きなら広島では行かなきゃいけない庭園ですよ。

縮景園
広島市中区上幟町2-11
入園料:260円
https://shukkeien.jp

まとめ:広島駅から徒歩5分!名勝「縮景園」

広島駅から徒歩5分と好アクセスな縮景園。

こじんまりとした庭園で入園料も安く広島でのマストスポットです。

梅、桜、紅葉など四季折々の美しさだけでなく、梅雨の時期でも雨がさらに緑を引き立たせてくれ心落ち着く縮景園。

紅葉の時期にはライトアップも行なわれます。

日本庭園がお好きな方には超おすすめな庭園です。