日本旅行

世界遺産の町 平泉に行くのに最適なシーズンはいつ?

世界遺産の町「平泉」に行きたい。
いつ行くのがベストなの?

【結論】
平泉は初夏から秋にかけてが
ベストシーズンです!

中尊寺、毛越寺(もうつうじ)という寺院がある平泉。
どちらも世界遺産に登録されています。

2月に平泉を訪れた結果
平泉に行くなら初夏から秋にかけてがいい
と感じた理由を本投稿では書いていきます。

最低限行っておきたい中尊寺


850年に建立された天台宗寺院である「中尊寺」。


中尊寺本堂近くにある峯薬師堂で販売されている「め」の絵馬。
目の守り神&ご利益があるとのこと。

印象に残る絵馬は峯薬師堂脇でのみ販売されています。


本堂の前には雪吊りされた松の木がありました。

中尊寺の駐車場から
月見坂という少し急な坂を上がっていくと
本堂に着きます。

その後いくつものお堂を通り過ぎても
なかなか拝観料を支払う場所にはたどり着きません。


こちらが金色堂。

拝観受付は中尊寺で最も有名な金色堂の手前にありました。
金色堂に入るのに拝観料が必要、という仕組みの中尊寺。

*拝観チケットが必要なのは金色堂以外に
讃衡蔵、経蔵、旧覆堂です。

ちなみに拝観料は800円です。

金色堂は写真撮影禁止なので写真はありません。
でも一見の価値のある豪華絢爛さ!
ここでは拝観料を惜しまずぜひ中に入ってみてください。

また中尊寺は松尾芭蕉が訪れ
有名な2句を詠んだことでも知られています。

「夏草や 兵どもが 夢の跡」

「五月雨の 降残してや 光堂」

句碑もありますが気づかずスルー。ww


本堂脇には良さそうなお茶室もありましたが
金色堂から戻った後でみたら既に閉まっていて残念。

もっと雪深い方がより一層趣き深い感じだったかな。
期待感が大きかったせいか印象に残るというほどでもありませんでした。

最初に行くなら冬じゃない方がいい
というのが私見です。

中尊寺
https://www.chusonji.or.jp

浄土庭園で有名な毛越寺


以前NHKの番組で毛越寺(もうつうじ)を観て
シンプルな美しい浄土庭園を実際に見てみたい
と思ったのが拝観のきっかけ。

毛越寺を訪れた時は小雪が舞っていて
それもいい感じでした。

写真の赤い建物は毛越寺の本堂。
毛越寺は奥州藤原氏の2代目藤原基衝(もとひら)、
3代目藤原秀衝(ひでひら)によって
850年に造営された天台宗の寺院。

度重なる火災で当時の堂宇は全て焼失してしまい
比較的新しい堂が多く
あちらこちらに「○○跡」という看板があります。


こちらは常行堂(じょうぎょうどう)跡を背景にした銅像。


浄土庭園と呼ばれる庭園内の真ん中を占める大泉ヶ池。

訪れた時は池と歩道との区別はついたけど
冬は池は凍結していてただのっぺりとしただけの場所。


毛越寺の最寄り駅である平泉駅から
毛越寺へ通じる道は雰囲気がよく
正門も威風堂々として期待が膨らんだんですが
訪れた季節が悪く残念ながら期待はずれでした。

毛越寺のサイトを見ると
やはり凍結していない浄土庭園の方が趣があります。

毛越寺
https://www.motsuji.or.jp

巨岩に囲まれた達谷窟毘沙門堂は必見


平泉で最後に訪れた達谷窟(たっこくのいわや)毘沙門堂

世界遺産には含まれていませんが
平泉周辺の観光サイトで見つけて
おもしろそうだったので行ってみたら
ここは必見!と感じる寺院でした。

巨岩に食い込むように建てられた毘沙門堂が印象的。
中に入ってお参りする事もできます。

少し先に行くと
巨岩の表面に刻まれた
「岩面大仏(磨崖仏)」もあるんですが
わたしにはよく見えませんでした。


毘沙門堂前には弁天堂や池があり
ちょっとした庭園にもなっています。


こちらは同じ境内にある金堂。
手前の雪吊りがこれまたいい雰囲気でした。

こじんまりとした寺院ですが
ユニークさではピカイチ!

まとめ:世界遺産の町 平泉に行くのに最適なシーズンはいつ?

冒頭でも書きましたが
平泉には初夏から秋にかけてがベストシーズン
です。

冬の寺社めぐりは花も咲いていないし葉が落ちてしまっている木が多い。

雪に覆われていたら冬の美を堪能できるんですが
積雪が中途半端だとどこも中途半端なイメージ
になってしまいます。

なので平泉へは雪解け後から紅葉シーズンを狙って行ってみてください。

・平泉の世界遺産に登録されている文化遺産に関しては
ウィキペディア」をご参考に。

いち旅NAVI: http://www.ichitabi.jp

ひらいずみナビhttps://hiraizumi.or.jp

達谷窟毘沙門堂の岩面大仏(磨崖仏)をはじめ
日本全国の石仏をめぐる旅をしたくなる本です。