タグ:travel with dog

犬との旅でのコツなど

【南仏】果てしなく広がる壮観なラベンダー畑を楽しむために知っておきたいこと

2019年7月。 念願だった一面ラベンダー畑が広がる風景を見に行くことができました!ちょうどラベンダー満開(というのかどうか?)という絶好のタイミングに訪れることができ大満足。   わたしの場合、夫(写真家)がフランス語ネイティブなので、フランス語で情報を集めるのは容易いですが(英語でも有益な情報は探せますが)、日本語だとまだそれほど情報がなさそうな状況です。   そこで、壮観なラベンダーフィールドを楽しむために知っておくと役立つ情報を日本語でお届けします!

【ドイツ】犬好き必読!質問攻めの人気ぶり?愛犬とのドイツ南部旅

うちの愛犬「かなちゃん」。自宅から車で行けるような旅先なら一緒に旅するようになり1年経ちました。 2016年9月にはかなちゃんにとっての初めての旅先だったドイツへ再び行く機会に恵まれ4泊5日を共に。すっかり旅に慣れたのか人混み以外は楽しそうにしていました。それも旅先のドイツ南部の環境がよかったから。 ドイツ南部の旅のはじめはまず犬連れ旅の話でスタートします。

【イタリア】ドッグフレンドリーで犬連れ旅がしやすいイタリア湖水地方

イタリアの湖水地方を旅して感じたこと。 それはイタリア人はとってもドッグフレンドリーな人たちであることでした。犬連れ旅をするにあたってこれはとてもありがたい。日本でも犬連れOKな宿や施設も増えてきているようですがまだまだ不便であることが多い印象があります。イタリアで犬連れ旅をされる方のご参考になればと書いてみます。

【フランス】ボーヌ(Beaune)での街歩きとオスピス(Hospices)

ブルゴーニュ旅で宿泊した町だったボーヌ。ブルゴーニュワインの首都とも呼ばれるボーヌは人口2万人超で大きな町ではありませんが、周辺にワインの産地が広がり、毎年11月にオスピスで開かれるワインのオークションでも有名で多くの観光客やワイン好きが集まる小都市です。   旅となると私たちの場合、街歩きではなく、郊外めぐりになりがち。今回もそれは当てはまり、ボーヌの街歩きはあまりしなかったのですが、レストランでの食事はとても楽しめました。その話はまた別でするとして、ボーヌの街歩きスタートです。