旅情報

【世界の空港・エアライン】2度目のカタール航空&ハマド国際空港での新しい体験

2015年12月に日本旅で利用したカタール航空を
今回2017年4月の日本旅でも再び利用しました。
 
2回目ともなると新鮮味はなくなり、
ついついしてしまう初回との比較。
 
あれこれと見えてくるものもあり
一度利用しただけで航空会社や
乗り継ぎ(があれば)空港の判断をしちゃいけないな、
とも感じました。
 
今回はカタール航空&乗り継ぎ空港である
ハマド国際空港を再検証してみたいと思います。

カタール航空での新しい体験


最初にカタール航空を利用した時に
プロフィールや評価などを書いたので
今回は省略します。
 
今回も変わらずいつも通りのエコノミー利用。
 
写真はジュネーブードーハ間のシートです。
3席ずつの3列シートで
シートピッチ(=前後座席の間隔)は31-32インチ(78-81センチ)
と他の航空会社とほぼ同じ。
 
ドーハー羽田間でも同じ3席ずつの3列シートで
シートピッチは31インチでした。
 
あれ?カタール航空ってもっと幅広くなかったっけ??
と思い込んでましたが
使用機材によるのでいつもシートピッチが広いわけじゃないようです。
 
ちなみに座席の良し悪しを事前にチェックできる便利なサイト
SeatGuru(シートグル)
でこのシートピッチも確認できます。
 
今回最初とは違ったのは
離陸する前にどの航空会社でも流すセイフティービデオ。
 
いつから変わったのかはわかりませんが、
今回はこんな感じになってました。
 

おおー!FCバルセロナの選手やカンプノウ(バルセロナの本拠地スタジアム)が目一杯使われてる!!
 
と、サッカーのバルセロナファン(=わたし)
にはたまらないビデオで思わず見入ってしまいました。
 
ニュージーランド航空の面白セイフティービデオに感化されて作ったんだろうなぁ。
 
まあカタール航空はバルセロナのスポンサーなので
乗客に楽しんで観てもらうにはいいアイデアだと思います。
(2017年時)
 
少なくともわたしは楽しんで観てました。ww
 
ちなみにニュージーランド航空では
オールブラックスやホビット、ロード・オブ・ザ・リングスなどを
パロディー化したセイフティービデオをいくつも作ってます。
 

機内食は、今回は夫(写真家)に合わせて
グルテンフリー食を事前に予約してました。
 
上の写真が行きのジュネーブ発での機内食。
ジュネーブからはいつも美味しいです。
下の2枚は帰りの成田発での機内食。
 
エミレーツ航空の関空発便でのグルテンフリー食と比べたらかなり良かったです。
 
カタール航空が利用しているケータリング会社がいいのか、
東京の方がグルテンフリーの概念があるのか。
真相はわかりませんが機内食はまずまずでした。
 

ハマド国際空港での新しい体験


個人的に気に入った土産物屋の前に佇んでた大きなラクダの人形。
 
今回は行きの乗り継ぎ時間6時間20分、
帰りはなんと10時間45分と長〜い時間をハマド国際空港で過ごしました。
 
空港自体は前回と比べて何も変わりなかったです。
空港のランドマーク的存在の大きな黄色いクマの
アート作品(最初の写真)も変わらず鎮座してました。
 
このスイス人アーティストによる作品は変わらず人気で
たくさんの人が写真を撮るスポット。
 
ほんの一瞬だけクマさん周辺に人がいない時間があって
その時に撮ってみました。
 

とにかく長い時間を空港で過ごしたので、
カフェはいくつも利用しました。
 
その中でも前回と同様いちばんお気に入りなのがこちらの「Qataf Cafe」。
 

このリゾート風な椅子があったり、モダンなアラビアンデザインが素敵なカフェ。
 

中東らしくお茶のメニューが充実してて、
このようなユニークなティーポットでお茶をいただくこともできます。
 
こちらはモロッコミントティー。
砂糖は少なめで注文した方が吉です。
 
 
2020-2-27追記:以下の体験は執筆当時のもので現在はフリーツアーではなくなっています。
体験談としてお読みいただければと思います。

実は帰りの乗り継ぎ時間がすごく長いので、新しい体験をするつもりにしていたんです。というのも、カタール航空が乗り継ぎ時間の長い乗客用にフリーのシティーツアーを始めた、という情報を行く前から仕入れていたのでそれに参加するつもりにしてました。5時間以上の乗り継ぎ時間がある人なら利用できるけど、問題は事前予約ができないということ。
 
どこで申し込むのかもわからなかったので、インフォメーションカウンターで聞いてフリーツアーの受付場所を教えてもらいました。そのインフォのお兄さん曰く、「6時半からの受付だけど、大人気だから6時ぐらいから並んだ方がいいよ。」とのこと。言われたとおりに6時に受付場所に行くとすでに長蛇の列!
 
他にすることもないので仕方なく並び、辛抱強く待ちました。実はこの時、最悪の体調でフラフラしてたけど、フリーのバスツアーにでも参加したら少しは気分も良くなるかな?とうっすら期待して頑張って待ってたんです。なのに!
 
わたしたちの前のグループで1回目のツアーは満席!2回目のツアーは11時スタートで、「あなたたちのフライトだと間に合わないわね。」と言われ結局参加できず、、、。体調はさらに悪化。もっと早くから並ばなきゃならなかったのー?と悔やんでも悔やみきれない悲しい出来事でした。

 
 
【2020-2-27追記】
2020年現在、乗り継ぎ時間を利用したツアーは有料となっています。
ツアーの詳細は以下のリンクをご参照ください。
 
Discover Qatarhttps://www.discoverqatar.qa
 

また利用したいと思えるか?カタール航空


前回と比べるとシート間の幅はあまり広くなく、
ドーハー日本間は行きも帰りも激混み。
残念ながらあまり快適な空の旅ではありませんでした。
 
それと中東経由で日本行きとなると
フライト時間が長くなるのでかなり疲れます。
 
とはいえフライト料金が比較的安く
預け入れ手荷物の重量がエコノミーでも30kg
(30kgまでなら個数はいくつでもOK)
とゆとりがあるのはやはり魅力。
 
ドーハや中東への旅の際の利用としてなら
次も検討するエアラインではあります。
 

今回の発見(Discovery)!

初回と比べた2度目のカタール航空&ハマド国際空港は
新しい体験もありましたが、
それほど大きな違いはありませんでした。
 
空港はやはりカフェやお店が充実していて楽しいけど、
さすがに長時間滞在するときつい。
 
長いトランジットの場合はラウンジやホテルなどを利用する、
ということも考えていかないとな、
と学びました。
 
 
[adchord]