【WordPress】画像がアップロードできない場合はプラグインを疑え!

【WordPress】画像がアップロードできない場合はプラグインを疑え!

先日来、画像が取り込めないという問題が発生して投稿が滞っていましたが無事解決しました。
 
当ブログは旅ブログなので、ブログ運営に関することやワードプレスのプラグインのことなどをブログ上で話したことはありませんでしたが、もしかして同じように困っている人がいたらお助けできるのではないか!というわけで簡単ではありますが、ワードプレスで画像をアップロードできない場合の対処法をお伝えします。

結論:プラグイン「EWWW Image Optimizer」が原因だった!


ワードプレスを使ったブログ運営をする上で欠かせない便利なプラグイン。特にわたしのようなHTMLやCSSなどをいじれないド素人にとっては不可欠。詳しいことがわからなくても簡単に見た目をよくしたり、動作を速くさせたりなど助けてくれるプラグイン。ただプラグイン同士やテーマとの相性だったり、プラグインを入れすぎて逆に重くなったりなど選りすぐらないといけないという注意点もあります。
 
今回の画像がアップロードできないというのは少し前に取り入れた「EWWW Image Optimizer」というプラグインが原因でした。このプラグインを停止したらすぐに画像をアップロードできるようになりました
 
「EWWW Image Optimizer」は既存の画像を画質劣化せずに容量を減らしてくれる便利なプラグインで多くの人が利用しています。ただこの問題が起こった数日前にプラグインのアップデートをしたんです。それがいけなかったのか、何かとの相性が悪かったのか、、、?
 
この問題解決に役立った投稿はこちら。
 
WordPress「HTTPエラー」で画像がアップロードできない場合の対処法
 

「EWWW Image Optimizer」を停止して問題解決はしましたが、画像容量を圧縮してくれるプラグインは何か使いたいところ。利用しているワードプレスのバージョンとも互換性がある「ShortPixel Image Optimiser」というプラグインを利用してみようと思っています。
 
【2017-02-13追記】
上記したプラグイン「ShortPixel Image Optimiser」は画像利用の多い当ブログにはちょっと不向きでした。フリーで使える限度が少ない。有料バージョンじゃないと対応しきれないようなので利用は見送ることにしました。また別のプラグイン探さなきゃ!
 
【2018-10-07追記】

ようやく画像の質を落とさず容量圧縮をしてくれるプラグインを発見しました!
 
「Compress JPEG&PNG images」というパンダが目印になるプラグイン。
 
初めは「TinyPNG」というサイトに画像を1枚ずつドラッグして圧縮させるという面倒な処理をしていましたが、プラグインとして登場したのでそちらに切り替えました。
 
このプラグインを使うと画像をアップロードする際、自動で圧縮してくれるので大変便利。サイトのスピードが遅いとそれだけで訪れる気がそがれるのでこういったプラグインは画像の多いブログには必要です。ぜひ使ってみてください。
 

今回の発見(Discovery)!

今の世の中、ググれば解決できることがたくさん。便利になりました。
そしてこのような解決法を書いてくださったブロガーさんに特に感謝です。自分も世のため人のために役立つブログ運営を心がけます!
 
 

Advertisement