アジア

香港の旅での失敗3つと必需品オクトパスカード

初めての香港の旅は全てがスムーズにいったわけではなく、
いろんな反省点もありました。

今回の記事ではこの失敗を次回の旅に活かせるよう
失敗した3つの点を取り上げ、
その解決策を考察していきます。

はじめての香港で絶対行きたい3つのスポット【香港の絶景を見る】 そんな思い込み&くわず嫌いをしていたのはわたし自身でした…。 実際に訪れてみたら と、180度意見が変わり、...

失敗1:香港国際空港から市内までの移動方法

hk airport
近未来的な香港国際空港。
ここから香港市内へのアクセスはしやすい方だと思いますが、
予約していたホテルの位置をきっちり把握していなかったので
迷子になってしまいました。

空港から一番便利な市内へのアクセス方法は
エアポートエクスプレス。

空港から香港島のセントラルにある香港駅まで2
4分で行ける快速電車ですが、
香港駅までだと片道100香港ドルと
他のアクセス方よりちょっと高め。
(1HK$ =約14円、2015年当時)

しかも空港内のエアポートエクスプレスのチケットカウンターには
長蛇の列があったのでわたしたちは利用しませんでした。

代わりに利用したのが

airport bus
このエアポートバス。
11番のバスが市内行きです。
値段は1人HK$40ぐらいだったはず。

前述したようにホテルの位置を正確に把握していなかったので、

「どうもおかしいな?」

と思った時には少し乗り過ごしていたようで、
バスの運転手さんに頼んで
バス停じゃないところで特別に降ろしてもらいました。

とはいえ香港ビギナーだったので、
町の中に放り出された状態ではどうにもわからず
目に入ったスタバで現在地とホテルの場所を確認して
ようやくたどり着けました。

バス料金が安くても時間のロスやスタバ料金など考えたら、、、

結論:エアポートエクスプレスに乗るのが結局無駄にならない

ホテルはMTRのワンチャイ(灣仔/Wan Chai)駅が最寄りだったので、
空港で並んでもエアポートエスクプレスのチケットを買うべきでした。

香港エアポートエクスプレス Eチケット予約

楽天トラベル観光体験で、香港エアポートエクスプレスのEチケット予約ができます。

  • 【30分で市街地まで】空港から簡単・便利・最短の移動方法
  • 【印刷不要】スマホでQRコードをかざしてそのまま乗車
  • 【予定変更にも対応】チケットは予約後90日間以内ならいつでも利用可能!
  • 【快適な乗車】車内は無料Wifiと充電スポット付き

スマホのQRコードをかざして乗車できるので
チケットカウンター受付の列に並ぶ必要なし

予定に合わせて片道または往復どちらも選択可能。

予約した乗車チケットは、九龍駅・香港駅・香港国際空港のどこからでも乗車できます!

日本語で事前購入できるから便利そうだなぁ、と感じたなら、以下のリンクで詳細を確認してみてください。

<楽天トラベル観光体験:香港エアポートエクスプレス Eチケット予約>

失敗2:レストラン情報を事前に調べておくべきだった

typical hk sceen1香港には無数のレストランがあります。

それに加え、屋台などでお安くB級グルメを楽しむこともできます。

そこそこ美味しいレストランに行くことはできましたが、
帰ってきてから香港に関するグルメ情報をみるにつれ、

「こういった情報を行く前からもっと調べておけばよかったな〜。」
と反省。

上の写真はいかにもチャイナ!という店構えだけでチョイスしたレストラン。

思いっきり地元の人ばかりで店の人もほとんど英語を解せず。

まあそれはそれで面白い経験ではありました。
料理もまずまずだったし。

「あまりチェックしすぎても発見する楽しみがなくなるかな?」

と、ノーチェックで香港グルメに挑もうとしたのはあまりにも無謀でした。

漢字からメニューの想像ができる場合もあるけど
そうでもないことの方が多かったからです。

結論:食は旅の楽しみ。
ある程度のグルメ情報は事前に仕入れておこう

失敗3:もっとベタベタ香港な写真を撮りたかった

typical hk sceen2
いうならばこんな感じの写真です。

これはまだ静かな方で
もっとネオンギラギラなところも見なかったわけではありません。

その時はカメラに手が伸びなかったんですよね。
それまでの経験値以上の風景と対峙して圧倒されていたのかもしれません。

それでもそこでしか見られない光景は目に焼き付けるだけじゃなく、
写真好きならカメラに収めなきゃね。

結論:好きと思った瞬間を逃さない。
写真好きなら街歩きでもカメラ(スマホ)にすぐ手が届くように。

次の項では香港の旅に必要な不可欠なアイテムを紹介します。

オクトパスカードは短期の旅行でも必要不可欠

octopus card and hk currency
写真左上にあるカードがオクトパスカード(八達通)

香港ドル紙幣と持っていた硬貨も一緒に撮ってみました。

オクトパスカードとは日本のSuicaやIcocaカードのようなチャージ式のICカードのこと。

香港のMTRやバス、トラムに乗り降りする時に
カードリーダーにピッとかざすだけで運賃が精算される仕組みとなっています。

香港のタクシー以外ならフェリーなども含め、
ありとあらゆる乗り物に乗れ、
コンビニ(セブンイレブンやサークルK)や
スーパーなどでもカードリーターがあるところなら使用できます。

これは本当に便利で滞在中フル活用しました。

オクトパスカードの購入方法

空港や各MTR駅のサービスセンターで
最低入金額のHK$100と
最初のデポジットHK$50合わせて
150ドルで購入できます。(2015年当時)

わたしたちはMTR駅にあったオクトパスカード発行機でカードを作り
同じ機械でチャージもしました。

オクトパスカード払い戻し方法

空港や各MTR駅のサービスセンターでできます。

最初のデポジットのHK$50と残金を合わせて返金してくれます。

ただ発行から3ヶ月未満で払い戻す場合は手数料(HK$9)が差し引かれます。(2015年当時)

また香港に来る予定がある人はそのままキープでいいかと思います。

オクトパスカードがあったので
快適にMTRなどの交通機関を利用できました。

またカードの有無に関わらず
香港のMTRはこれまで経験した地下鉄網で
一番乗り降りや乗り換えがしやすいシステム
でした。

乗っていて楽しいのはトラム。

トラムストップが多いので時間はかかるけど、
ダブルデッカー式トラムはユニークで
2階の真ん前に乗ると観光気分で盛り上がれます。

短い区間だけでもいいのでぜひ乗ってみてください。

トラムでももちろんオクトパスカードが使えます!

まとめ:香港の旅での失敗3つと必需品オクトパスカード

香港旅で失敗したーと感じたのは以下の3点でした。

  1. 市内までの移動に香港エアポートエクスプレスを利用すべきだった
  2. 多少は香港のレストランチェックをしておくべきだった
  3. コレ!と感じたスポットはすぐにカメラ(スマホ)で撮影すべきだった

これらの失敗は次回の香港の旅(他の旅行でも)で挽回したいと思います。

そしてみなさんへのアドバイスにもなれば幸いです。

香港へ行った時の必需品としてオクトパスカードを紹介しました。

日本でICカードを使いなれている人には特に必需品。

払い戻すことも簡単にできるし、また香港に来る予定があるならキープしても。

香港空港に到着したら真っ先にオクトパスカードを入手して、香港の旅を便利に楽しみましょう!

【香港】衝撃的!超密集アパート写真を撮りたい人必見です(位置情報つき) 香港には 「モンスターマンション」 って呼ばれるすごいアパートがあるようだけど どこにあるの? どうやって行くの? 中...