【ジュネーブ】2回目のバスチョン公園でのクリスマスマーケットは進化してました

【ジュネーブ】2回目のバスチョン公園でのクリスマスマーケットは進化してました

2018年からスタートしたジュネーブの中心にあるバスチョン公園でのクリスマスマーケット。
去年もレポートしました(参照:【ジュネーブ】今後さらに期待がもてるバスチョン公園でのクリスマスマーケット)が、今年も行ってきました。
 
今年は昨年よりも規模が少し大きくなり、人出も多くなってました。去年のレポートと比べてみると違いがよくわかりますよ!

去年より大きくなったクリスマスマーケット


もう少し早めに訪れたかったけど、結局クリスマス直前の週末にようやく行くことができました。去年より出店者が増えてると聞いていたので、期待に胸膨らませて(そこまででもないけど w)バスチョン公園に向かいました。
 
すでに暗くなっていたので雰囲気は抜群。今年は大きなクリスマスツリーもありました。
 

屋台の数は昨年よりも増えてましたが、まだ公園の半分ちょっとを占める程度。
 
でもここのマーケットのイルミネーションはセンスがいい!単にわたしの好みなだけですが、カラフルなライトより単色の方が美しいと感じます。
 

週末の夜だったからかもしれませんが、昨年訪れた時とは比べものにならないほどの人出!写真見にくいけど、大勢の人がいるの見えますか?
 
人が多くて歩くのが大変なぐらいでした。でもそれは主催者にとっては嬉しいことですよね。
 

屋台の種類も増えてた


昨年は食べ物関連の屋台しかない状態でしたが、今年はよりバラエティに富んだ食品系の屋台にグッズ系の屋台も加わって見応えのあるマーケットになっていました。
 
上の右下の写真。一見すると金属製のツールが錆びちゃったの?って感じですが、これチョコレート。ナイスアイデアだしすごくよくできてますよね。
 

こちらは屋台ではなく、山小屋風の建物の中。パブ(Pub)となっていたので中はどうなってるのかと思い入ってみたら、天井飾りがとてもユニーク。なんか楽しい気分になります。
 
昨年もあったフォンデュのレストランも健在。こちらは事前に予約しないと入れない仕組み。スイスのフォンデュは美味しいので一度は試してほしい!
 

今年も国際色豊かなジュネーブらしい屋台が並んでいた中、日本からは焼きそばやお好み焼きの屋台と日本らしいグッズを販売する屋台がありました。(グッズの方は日本人の方が出してるのかどうかは不明ですが。)
 
お好みソースのいい香りがしてて惹かれましたが、この後レストランに行く予定にしていたのでここは香りオンリー。
 

今年もメリーゴーランドやスケートリンクはありました。ただ屋台の間をそぞろ歩くだけじゃなく、こういうアクティビティ系があるのも楽しいですよね。
 

馬車を美しくデコレーションしていたところで記念に。
 
前述したとおりこの後レストランを予約していたので何も飲まず食わずでしたが、見て回るだけでも十分楽しいマーケットでした。2019年は12月31日まで開催されています。25日はクローズですが、クリスマス以降も開催されているのでジュネーブ近郊にお住いの方やちょうどジュネーブに来られる方、ぜひこの時期ならではのイベント楽しんでください。
 
 
NOËL AUX BASTIONS
https://www.noelauxbastions.ch
 

今回の発見(Discovery)!

クリスマスに格別の思いはないですが、このバスチョン公園のクリスマスマーケットはなぜかとても惹かれるんです。イルミネーションのセンスがいいことも手伝ってますが、雰囲気がいい。来年もきっとさらに大きくなって開催されることだと思われます。ジュネーブの名物イベントに成長していってほしいなー。
 
 

Advertisement