【ミラノ】写真好きが楽しめるスポットと美味しいレストラン&カフェ

【ミラノ】写真好きが楽しめるスポットと美味しいレストラン&カフェ

2019年6月に2泊3日で久しぶりに訪れたミラノ。
前回の投稿にも書きましたが、夫(写真家)のグループ写真展を見に行くことが第一目的の旅でした。
 
ただそれ以外にも時間は多少あったので、歩きを中心にメトロやトラムに乗ってミラノを駆け巡ってきました。その中で目にした写真好きが楽しめそうなスポットや美味しいレストラン&カフェを紹介したいと思います。

ミラノ訪問理由のグループ写真展


2018年5月にパリでグループ写真展を開催した時の縁で今回もミラノでグループ写真展に招待していただけました。
 
場所はスフォルツェスコ城(Castello Sforzesco)にほど近い「Fondazione Luciana Matalon」という財団が運営するギャラリーでした。メトロの「Cairoli Castello」駅からすぐという便利な場所にあったので迷わずたどり着けました。着いた時、中にいた人のすごい靴(緑の靴見えますか?)に驚いたけど。ww
 

こちらの3点を出品しました。結構多くの人が足を止めて見てくれていたのを見逃しませんでした。イタリアでも名が知れてくるといいんですが。
 

結構広いギャラリーで2階部分もあり。モダンなインテリアで全体が白いので展示品が映えていいですね。
 
ドイツ人写真家の人の奥様(彼女もわたしのようについてきた人)と、写真家の妻論や異文化比較論で大いに盛り上がり個人的にも楽しめた夜でした。(彼女が英語堪能だったので会話成立したんです。ww)
 
こういう機会がまたあるとついでに旅ができて嬉しいんですが、次はいつになるかな?
 

ミラノで写真に収めたい被写体

ミラノは観光スポットらしきものが少ない(と感じる)街ですが、それでもユニークな被写体はいくつかあります。
 

ミラノといえば、まずはコレ。ドゥオモです。人がいない写真はほぼ無理なので、光をうまく取り入れると面白い写真が撮れるかも。
 
わたしは以前ミラノに来た時も見たので、今回はランドマーク的にしか捉えませんでしたが、初めてなら見ておかないと&撮っておかないとな被写体です。
 

ドゥオモ以上に面白い被写体はドゥオモのすぐ横にあるこのゲートから入ったところにある有名なアーケード。
 

 

ヴィットリオ・エマヌエーレ2世のアーケードです。世界で一番古いショッピングセンターとのこと。
 
ここではショッピングというより、この壮麗なアーケードを写真に収める方が楽しいと思います。ショッピング自体はこのアーケードの入口とドゥオモの間の道を東に進むとよりお財布に優しいお店が並んでるのでそちらがいいかと。カフェやレストランに入るのはいいかと思いますが、やはりお高めです。
 

あと街中のあちこちで目にするトラムもミラノらしくて撮るのが楽しいです。上の写真はモダンなバージョンのトラムですが、
 

こういうオールドバージョンのトラムの方が味があってわたしは好みでした。実際このトラムに乗って次に紹介するスポットまで行ったんですよ。(時間かかる、かかる、、ww)
 

写真スポットのナヴィリオ地区はレストランの宝庫


わたしたちが泊まったホテルはメトロの駅でいうと、RepubblicaかPorta Veneziaが最寄り駅となる「イビス・ミラノ・チェントロ」でした。
 
中央駅からも徒歩圏内でメトロやトラムの駅も近くいいロケーションのホテルでした。ジムがあるということで一度利用しましたが、マシンが壊れてたり(イタリアあるあるww)使い勝手がイマイチで早々に退散。それでも居心地の良いホテルでよかったです。
 
ホテルから少し南下すると公園に突き当たり、そこをトラムが走ってます。そこからナヴィリオ地区に行けるようだったので、せっかくなのでトラムに乗って行ってみました。
 
トラムはかなりスローであまりに時間がかかるので、夫は嫌気がさしたようでしたが、わたしはミラノの街中が見られて結構楽しめました。
 
ホテルの近くやドゥオモなどがある中心部にももちろんレストランはあれこれありますが、わざわざ少し離れたナヴィリオ地区まで行ったのは、TripAdvisorで評判のいいレストランがあるのがそこだったから。
 
そしてここは運河沿いに店が並んでいて結構写真に収めたくなるスポットもあるんです。
 

訪れた時は土曜の夜だったので大混雑。そして運河沿いでは古本市場も開かれていました。いつもなのか特別なイベントだったのかはわかりませんが、いい雰囲気でした。
 

こちらのレストラン。壁がジャスミン(かな?)に覆われてとても良い感じ。レストラン自体もオーガニックで雰囲気いいです。
 

6月にもなるともう夏気分でテラス席には人がいっぱい。こちらのレストランもテラスまでライトがオシャレに飾られてて素敵でした。
 

わたしたちが利用したレストランはこちらの「Officina12」でした。運河沿いで見つけやすいロケーションです。
 

中に入ると真っ赤な壁が印象的。パリのような雰囲気です。
 
この奥はバーコーナーになっていて、ドリンクだけ利用するお客さんもいました。
 
写真がないんですが、注文したものはどれも美味しくて満足。ミラノは大概どこでも英語が通じて便利です。(イタリア語じゃ会話にはならないので。)
 
 
Officina12
Alzaia Naviglio Grande, 12, 20144 Milano
営業時間:ランチ(12:00-15:00)ディナー(19:00-24:00)火曜ランチ休
http://www.officina12.it/officina12-en.html
 

ドゥオモ近くのおすすめカフェ


最後にたまたま入ったカフェがとてもよかったのでそちらの紹介です。
 
あちこちグルグル歩いていた時偶然見かけて、「あら!なんか感じいい!!」と思い入りました。
 

外からこの茶色いグルグルしたものが見えて、「何だろ?この中にクリームでも入れるんかな?」と思ったのがきっかけ。
 
中に入り、この茶色いのは何?と聞くと、「Cannoncino」と。4種類のクリーム(カスタード、ザバイオーネ、チョコ、ピスタチオ)から選び、注文後にクリームを入れてくれる、というお菓子。
 
外の部分は少し違うけど、昔東京の蒲田駅でシュークリームのクリームを注文後に入れてくれるお店を利用したことがあったので、それと似たような感じかな?と思い、コーヒー(=デカフェ)と一緒に注文しました。
 

わたしはシンプルにカスタードクリームを選択。黄色く見えるのは何だったか忘れましたが、何かのパウダーでカスタードクリームは食べないと見えてきません。
 
1個2ユーロとお値打ちなこちらのお菓子。外の茶色い皮がサクサクでカスタードクリームも美味しく、シュークリーム好きなわたしにはぴったりなお菓子でした。
 
コーヒーもイタリアだからかとても美味しく大満足。
 
お店を出た後、ドゥオモのすぐそばだということが判明。なのでとてもアクセスしやすいカフェです。カフェと言っても壁際にカウンター席があるだけなので、どちらかといえば持ち帰り用のお菓子屋さんなのかもしれません。
 
 
Serge Milano
Via Giuseppe Mazzini, 8 Milano
営業時間:8:00-19:00(月-金)9:00-19:00(土日)
https://sergemilano.com
 

今回の発見(Discovery)!

大きな街なので歩いていたら何かしら発見がある楽しいミラノ。観光スポットはなくても街歩きとしては充分楽しめます。少し中心から離れてますが、ローカルな人が集うナヴィリオ地区は美味しいレストランがたくさんあるようなのでぜひ足を伸ばしてみてください。
 
 

Advertisement