再建工事真っ只中の熊本城を見学してきました

再建工事真っ只中の熊本城を見学してきました

2019年1月の九州旅では熊本にも立ち寄りました。
2016年4月に起こった熊本地震で熊本城が大きな被害を受けたのはまだ皆さんの記憶にも新しいと思います。
 
【熊本】震災被害を受けた熊本城が復元されていく姿は今しか見られない
 
以前このような記事をアップして再建工事の間にも訪れたい、と書きました。それが実現できたので2019年1月現在の状況をお伝えしたいと思います。

地震3年後(2019年)の熊本城の様子


投稿アップするのが遅すぎて、執筆時現在(2020年2月)は見え方に変化が生じていると思われますが、2019年1月に訪れた時はこのような感じ。訪れた時間帯はご覧のとおり夜でした。
 

案内看板にあるように、こちらはお堀の角っこにある「宇土櫓」です。宇土櫓にも多少の被害はあったんでしょうが、パッと見ではわかりません。そこには大小天守の周辺にあるような再建用の骨組はありませんでした。
 

こちらを見ていた場所はこの「加藤神社」から。こちらへは以前から参拝できるようになっているので、宇土櫓が目の前でした。訪れた夜はちょうど満月で日が暮れてからもだいぶ明るかったです。
 

こちらが大小天守閣(2019年1月現在の様子)。こちらの再建にはまだまだ時間がかかりそうだなという印象です。
 

この案内看板を見ると、以前にも再建工事が行なわれたことが分かりますが、今回はもっと時間がかかっちゃいそうですよね、残念ながら。
 

二の丸広場から見る熊本城(2019年)


加藤神社を後にしてから二の丸広場へも行ってみました。こちらは公園のようなところなので、ランニングしている人もいたし、ごく普通の日常風景でした。
 
夜の時間帯は変わらずライトアップもされていますが、見え方はこんな感じでした。加藤神社から見えた様子とほぼ同じです。
 

無理矢理お月様と一緒に撮ってみました。
 
クレーンが写り込んでしまうのは仕方ないけど、ある意味この時期しか見られない風景で記録写真としては貴重なものかもしれません。
 
いずれにせよ1日でも早い熊本城再建を望みたいです。
 

歩行可能な見学ルートからみた熊本城周辺(2019年)


加藤神社へ行くまでのルートでも地震で崩れた石が並べられたところを目にしました。そこはライトがなかったので写真撮影はできませんでしたが、ライトアップされた箇所で上の写真にあるような地震の被害を間近にした時はやはりショックでした。
 

ただこのように無傷に見える櫓もあります。
 
熊本城そして日本の城ファンの方はぜひ再建前の姿を何度か目にしていただきたいです。何もすることはできませんが、熊本を訪れて時間を過ごすだけでも元気づけにはなるはずです。
 

2020年2月現在の熊本城見学方法


熊本城公式サイトからのスクリーンショット)
 
そこで2020年2月現在、どこから熊本城を望むことができるのか?上のスクリーンショットからわかります。
 
2019年1月に訪れた時と大きく変わってはいないようですが、城外はほぼ歩けるのでいいウォーキングにもなります。ww
 
見学できる箇所は少し経てば増えてくるかもしれないので、熊本城見学を計画されている方は公式サイトをちょくちょくチェックするといいでしょう。
 
2020年のGW期間(4月29日から)には特別公開も予定されているとのこと。それを狙って行ってみるのも良さそう。
 

今回の発見(Discovery)!

熊本城は熊本のシンボルですから、このような状態が続いているのは残念でなりませんが、工事関係者の方も頑張っていらっしゃると思うので、応援がてら再建期間中でもぜひ訪れてみてください。
 

 
 

Advertisement