不要不急の外出自粛でストレスを溜めずに過ごす方法10選【フランス在住者が説く】

不要不急の外出自粛でストレスを溜めずに過ごす方法10選【フランス在住者が説く】
外出自粛が続きストレス気味の人:
緊急事態宣言が出されてテレワークに。
不要不急の外出は自粛というけどストレス溜まるー、、、

ストレスを溜めずに過ごす方法教えて!


 
このようなお嘆きに答えます!

本記事の内容

・外出自粛によるストレス解消法10選
・外出自粛時でのコミュニケーションの取り方
・わたしの不要不急外出禁止後の家での過ごし方

 
本記事の信頼性
ライター:hisayo
(インスタ:@hisayotakatsuka
(ツイッター:@HisayoTakatsuka
 
現在新型コロナウイルスが猛威を振るうフランス在住
。
不要不急の外出禁止令が3月17日に出されてからひと月弱。
その中で培った経験をもとにお話しします。
 
参照記事
新型コロナウイルスで都市封鎖が行なわれているフランス在住日本人からのお願い
 

外出自粛によるストレス解消法10選


まずは考えられるストレス解消法を10種類あげていきます。
これらすべてを行なう必要はもちろんなく、この中で自分に合うと感じることをひとつずつこなしてみてください。
 
あれもこれもやりたい or しなきゃ、と思い始めるとそこからストレスが溜まりますから。ww
 


1. テレビを観ない

朝起きてテレビのスイッチを入れる。
まずこれをやめましょう!
 
今テレビをつけるとコロナ関連の話ばかりじゃないですか?
テレビからの情報は受動的にそして一方的に情報を受け取ってしまいがち。
 
またテレビ(特にワイドショー)はセンセーショナルな情報(悪い情報がほとんど)をこれでもか、と流します。
 
朝から気が滅入ります。いいこと何もなし。
 
コロナ関連の情報は時間を決めて(30分だけ、など)ネットで確認するだけにしましょう。
 


2. SNSなどに時間をかけすぎない

使い始めたらあっという間に時間を使う時間どろぼうなSNS。
 
楽しいのはわかりますが、それは自分に有意義な時間の使い方ですか?
 
ストレス解消につながるならいいですが、SNSでのやりとりで疲弊してしまうようなら、
これもテレビ同様、かける時間を決めて利用するのがいちばんです。
 


3. 掃除・片付け・断捨離する

家の中がすっきりすると心もすっきりする。
 
いやというほど耳にしてきたフレーズかもしれませんが、これホント。
 
せっかくできた時間を今までしたいと思っていたのにできなかった掃除、片付けや断捨離に使ってみましょう。
 
達成感も感じられ、家事や仕事、勉強がはかどるはず。
 
まず取りかかるのにいちばんなのがコレです。
 
好き嫌いはあるでしょうが、片付けといえばこの方!
Kindle本なら家にいるだけで手に入れられます。
 

 


4. 普段やりたくてできなかったことをする(読書、たまった録画、映画を観るなど)

本読みたいけど時間がないなー。
 
などなど、
いつもやりたいと思っていたことができる最高のタイミングです。
 
家にひきこもってできることの筆頭が読書。
自己啓発の本を読むもよし、長編小説を読むもよし。
 
また録画した番組が溜まっている、観たかった映画(DVDやストリーミング)を観る時間もたっぷり。
 
ただ映画などは昼間じゃなく夜に観ることをおすすめします。
 
昼間はもう少し活動的なこと時間を充てた方がいいので。
 


5. 時間がなくてできなかった勉強をスタートする(英語、プログラミング、Webデザインなど)

こちらも超おすすめ!
まとまった時間ができた今こそチャンスです。
 
今はオンラインで勉強できることがたくさんあります。
 
Youtubeで無料で勉強することも可能な素晴らしい時代。
 
ぜひこの時期を自己成長の時間としてみてはいかがでしょう?
 

 

6.日の光を浴びる

太陽の光を浴びることはとても重要です。
 
まずビタミンDの形成には日光(紫外線)が必要であること。
(ビタミンDはカルシウムの吸収を促進し、骨の成長と健康維持に必要。食事だけでは補えない。)
 
そしてここからが何より重要!
 
日光浴でセロトニンと呼ばれる脳内ホルモンが分泌されます。
このセロトニンは別名「幸せホルモン」とも呼ばれています。
 
というのはセロトニンが分泌されることで精神を安定させ、幸福を感じやすくなるから。
雨の日はやる気が起きないけど、晴天の日は気分が上がる、という人多いはず。
 
日光浴というと日焼けが気になる女性も多いでしょうが、紫外線は悪いことばかりじゃありません。
 
庭があるなら庭へ、バルコニーがあるならバルコニーへ、窓があれば窓を開けて。
 
1日15分だけでも太陽光を浴びましょう。
 
<参照記事>:日光浴のメリット。ヨーロッパの人はなぜ日光浴するの?
 

7.1日1度散歩に出かける

散歩の効用は言うもがなかと思いますが、肥満や高血圧、糖尿病などの生活習慣病の予防にもなります。
 
運動が苦手な人でも脚が動くなら誰でもできる基本の運動。
 
有酸素運動なので体脂肪燃焼もでき、また筋力アップものぞめることから代謝が上がりダイエット効果もあり。
 
上記の日光浴も同時にでき、気分転換にもなります。
 
1日15-30分歩くだけで全く歩かない生活とは大きな違いが出ます。
 
<参照記事>アラフィフのわたしが1年で5kg痩せるためにしたこと:運動編
 


8. 質の良い睡眠を心がける

多くの人が職場に行かなくても良くなったこの時期。
(全ての人ではないことは承知しています。)
 
質のいい睡眠を得て心身の健康を取り戻しましょう。
 
睡眠は健康の基礎です。
 
7-8時間睡眠が確保しやすくなった今こそ睡眠を整えて健康な身体づくりをしましょう。
 

 


9. ダイエットにチャレンジする

まずは1か月ダイエットにチャレンジしてみるのはどうでしょう?
 
激痩せは危険でリバウンドしがち。
 
無理なダイエットはいけませんが、健康的な食事を心がけてひと月後に会った人を驚かせてみたくはありませんか?
 

 

10. 家トレをする

上記のダイエットにもつながりますが、食事に気をつけるのと同時に自宅で身体も動かしてみましょう。
 
家トレの参考になる動画はYoutubeやInstagramにたくさん投稿されています。
 
お金をかけずに健康になれる最高の時期です。
 
<参照記事>外出自粛でコロナ太り?運動不足解消に利用したいオンラインフィットネスレッスン&ビデオ
 
また「みんチャレ」というアプリを使って家トレを他の同じ思いを持った人たちと競うことでモチベーションの維持がはかれます。
 
もしくはInstagramでトレーニング専用のアカウントを作成して動くことを宣言してやる気を維持することもできます。
 

hisayoのインスタアカウント:@hisayotakatsuka
筋トレやウォーキングの記録アップしてます。よかったらフォローしてくださいね!

 

外出自粛時でのコミュニケーションはオンラインで


現在はオンラインでできることがたくさんあります。
 
実際に家族や友人と会えないのは寂しいですが、オンラインで顔を見ながらコミュニケーションも取れるいい時代。
 
この機能を使わない手はありません。
 
オンラインでやりとりできるプラットフォーム代表的なもので以下の4つがあります。
 


LINE

Facetime(iOSユーザー向け)

Skype

Zoom

 

これらを利用してバーチャル飲み会、お茶会など開いてみてはいかがですか?
 
もうすでにされている方も多いかと思いますが、まだの方で飲み会恋しい人は企画してみては?
 
顔出しするのはなんだか、、使い方よくわかんない、という人は声を聞くだけでもいいでしょう。
 
シンプルに電話だけでもいいですし、オンラインなら電話代もかからないのでお安くコミュニケーションとることができます。


 

不要不急外出禁止後の家での過ごし方「わたしの場合」



不要不急の外出禁止が続くフランス。
既にひと月弱が経ちました。
 

そんな中わたし自身の家での過ごし方は以下のような感じです。
 
◆睡眠平均7時間半
夫が職場に行かなくなって、
毎朝、毎夕していた最寄りバス停までの送り迎えが不要になり、
早く起きる必要がなくなりました。
 
というわけで、以前より睡眠時間が長くなりました。
 
◆ほぼ毎日約3km歩く
これは以前から変わらず。
この数年の習慣になっているので、1日1回の運動が国から許可される限り続けます。
 
◆週4日の筋トレ
これもジムに通い出してからと同じペースで続けています。
 
家のガレージにそれなりの器具がそろっているので
ジムと同じようなトレーニングが続けられています。
 
◆SNS投稿
インスタと最近始めたツイッターでフォロワーを増やせないものかとチャレンジ中。
 
前述しましたが、SNSに時間をかけすぎないように注意はしてます。
(時々無駄に時間を使うこともあるけど、、)
 
ちなみにインスタでは筋トレ系アカウント愛犬フォトアカウントを運営中。
 
ツイッターではブログ関連や筋トレした内容を主に投稿。
 
どちらもフォローしていただけたら喜びます。
 
◆ブログ投稿

これは投稿のペース上げが必要ですが、より本腰入れていきます!
(週に3記事投稿目標!)
 
◆テレビは観ない(情報はネットやSNSから)
これは以前からの習慣。
 
テレビのニュースはいいこと言いませんから気持ちがネガティブになるだけ。
 
自分からネットへ情報を取りに行く。このスタイルの方が自分向きです。
 
◆夜だけNetflixを観る
これも以前からの習慣。
 
映画好きなのでNetflixを契約してから映画やドラマシリーズが観られるようになってたのしい!
 
ただ時間を決めて観ないと永遠に観続けることになってしまうので注意です。
 
おすすめシリーズは
日本もの
・全裸監督
・深夜食堂
海外もの
Money Heist(スペイン。原題:La Casa de Papel)コレ一押し!
・Lucifer(アメリカ)
・The Crown(イギリス)
 

こちらも使える!
日本在住の方ならU-NEXTも使えそう。映画、アニメ、ドラマのチョイスが豊富!
31日間無料トライアルもあるのでまずは無料でお試ししてみるのがいいです。

 
◆Kindle本で読書
Amazonから日本語本が海外にいても気軽に買って読めるので以前から愛用。
日替わりセールを連絡してもらうようにメール登録しているので、セールで買うこともしばしば。
このメール登録しておくと便利ですよ。
 
◆週に2、3回メイクをする
家にいるだけだとどうしても服装や身だしなみを気にしなくなります。
 
それはそれで気楽でいいんですが、どうしてもだらけてしまいがち。
 
女であることを忘れないため、そしてわたしの場合メイクすると気分が上がるので
週に数回だけでもメイクをするように心がけています。
 
◆ひとり時間をできる限り確保する
夫と2人(あとは愛犬)だけなので、ひとり時間は作りやすい方です。
 
外出規制の前は昼間はまるまる自分ひとりの時間だったでした。
 
この小さな違いだけでもチリも積もれば、でストレスになります。
 
なので努力してひとり時間をつくるようにしてます。
 


最後に


うちの愛犬アカナ。リラックスの天才!
 
 
現在は誰も経験したことのないような非日常生活。
ストレスがたまって当然な時期です。
 
ただ視点を変えて、
「良い習慣をつくるのに最適な時期」
ととらえてみてはどうでしょう?
 
ピンチをチャンスに変えることもアイデア次第で可能です。
 
気分転換やリラックスしながらこのレアな時期を乗り越えましょう!
 
 

Advertisement