フランス

【フランス】アヌシーのおいしいカフェ「Folie Royale」

フランス東部にあるアヌシー(Annecy)は人気の観光都市。

市内にはレストランもカフェも豊富にあります。

フランス在住のわたしはこれまで何度もアヌシー訪れ、いろんなカフェを利用しました。

今回の投稿では現時点でいちばんおいしいと感じるカフェ「Folie Royale」を紹介します。

人気観光地アヌシーへはいつ行くのがいい?【フランス】フランス東部にあるアヌシー(Annecy)。 透明度の高い美しいアヌシー湖や運河沿いの旧市街など世界的に人気の観光地です。 ...

入口が印象的な「Folie Royale」

トップの写真にあるアイロンワークが少し離れたところからでも見えて印象的な「Folie Royale」。

アイロンワークを目指して行きましょう。

店舗は観光客に人気の旧市街ではなく、多くの店舗が並ぶ新市街地にあります。

2度目に訪れた時は12月。

お店のウィンドーにはチョコでできたクリスマスツリーが飾られていました。


最初に利用した時は11月。

ウィンドーのデコレーションがかわいらしい。

「Folie Royale」はショコラティエ(チョコレート屋)が基本。

そしてカフェも併設しているお店です。


店内の様子。

どれも丁寧に手作りされたチョコレートな印象。

(お店の方の許可をとって撮影しました。)


2度目はクリスマス前なのでデコレーションもクリスマス一色。

フランス(スイスでも)ではクリスマスシーズンがチョコレートの需要が高くなる時期。

スーパーにもチョコレートの特設コーナーができあがります。

ショコラティエならデコレーションにも力が入るのは当然。


店内の右手にカフェスペースがあります。

そこに入る手前にケーキ類のショーケースがあります。

魅力的なケーキがいっぱい!

夫(写真家)がわたしに英語で話しかけるのを聞いたお店のご主人が

「英語で説明しましょう。」

と全てのケーキの説明をしてくれました。(親切!)

お店のご主人は英語が堪能なので英語対応OKな「Folie Royale」です。

「Folie Royale」カフェでの至福の時間


店内のカフェはダークウッドが使われていて落ち着いた雰囲気。

質のいいソファ&テーブルだと感じます。


コーヒーはデカフェ。

フランスではほぼどのカフェでもデカフェのオプションが選べます。

ケーキはシブースト。

カスタードクリームとリンゴの組み合わせが抜群においしい!


実は1回目もシブースト食べてました ww

写真右側は夫が選んだメレンゲをコーヒー味のペーストとナッツ類でコーティングしたお菓子。

(このお菓子はグルテンフリー!)

ちなみに細かいことですが、お菓子にはナイフとフォークが添えられてきました。

当たり前と思われるかもしれませんが、フランスではケーキを頼むとスプーンだけ、ということが多いんです。

スプーンでは食べにくいことが多いので嬉しいサービス。

特になくてもいいけど、ケーキの下にレースペーパーが敷かれているのも結構珍しいこと。

サービスに細やかさが感じられる一面です。

ご主人と話してわかったのは、彼はオーストリアのウィーン出身。

「Folie Royale」は家族経営のサロン・ド・テ(カフェ)とのこと。

クリアで聞きとりやすい英語を話されるので理解できました。

「Folie Royale」では他のスタッフの人もフレンドリーで笑顔。

フランスではこのような気持ちのいいサービスを受けられることはそれほど多くはないんです。

なので「Folie Royale」はおいしいだけでなく、気分もよくなる貴重なカフェ&ショコラティエ!

ショコラティエなので、ホットチョコレート(フランス語でChocolat Chaud)も評判高いようなので次は試してみたい!

 

Folie Royale
営業時間:14:30-18:30(月)10:00-18:30(火-土)日曜休

まとめ:アヌシーのおいしいカフェ「Folie Royale」

アヌシーにはたくさんのカフェがあります。

すべて制覇したわけじゃないので他にもいいカフェはあるはず。

が、「Folie Royale」は味だけでなくフランスでは珍しいいいサービスを受けることができるカフェ&ショコラティエ。

アヌシーに行ったらぜひ訪れてみてください。

人気観光地アヌシーへはいつ行くのがいい?【フランス】フランス東部にあるアヌシー(Annecy)。 透明度の高い美しいアヌシー湖や運河沿いの旧市街など世界的に人気の観光地です。 ...