【中国】西湖十景を目安にしながら周遊する世界遺産の西湖 – 南西湖畔編

【中国】西湖十景を目安にしながら周遊する世界遺産の西湖 – 南西湖畔編

2017年12月中国の旅。
杭州にある西湖の見どころを東側湖畔北西湖畔と2回に渡ってお話してきました。今回が西湖の最終回、南西湖畔編です。前回、前々回と同様、西湖十景を目安にその周辺で見つけた選りすぐりのスポットを紹介していきます。

西湖十景のおさらい

今回の投稿を最初に見る方もいるかと思うので、西湖十景の一覧を再び載せます。

断橋残雪(Lingering Snow on the Broken Bridge)
平湖秋月(Autumn Moon over the Calm Lake)
曲院風荷(Lotus in the Breeze at Crooked Courtyard)
双峰挿雲(Twin Peaks Piercing the Clouds)
蘇堤春暁(Spring Dawn at Su Causeway)
三潭印月(Three Pools Mirroring the Moon)
柳浪聞鶯(Orioles Singing in the Willows)
花港観魚(Viewing Fish at Flower Harbour)
南屏晩鐘=浄慈寺(Jingci Temple, Evening Bell at Nanping Hill)
雷峰夕照=雷峰塔(Leifeng Pagoda, Leifeng Pagoda in Evening Glow)

カッコ書きで英語があるのは、各スポットの意味。これがないとわたしは意味が理解できなかったのでいい手助けとなりました。
 
今回はこの中から4箇所(蘇堤春暁、花港観魚、南屏晩鐘=浄慈寺、雷峰夕照=雷峰塔)を取り上げます。
 

西湖十景「蘇堤春暁」


前回お話しした「平湖秋月」のある西湖北部の島、孤山から向かうとすると、孤山から湖畔道に出てすぐを左手に進む堤防が「蘇堤春暁」のスポットです。
 
逆に「曲院風荷」から向かうと右に曲がることになります。ちなみに石碑は堤防道の中程の西側にあります。
 

写真の左にある長く続く並木道が堤防である蘇堤(Su Causeway)です。堤防の両脇にはたくさんのベンチがあり、休憩できる箇所はたくさんあります。ただ途中にトイレはないので、「曲院風荷」のあたりか、蘇堤の終点あたりで済ませておくといいでしょう。
 
わたしたちはここを2回通り、どちらとも北から南に歩きました。蘇堤は西湖を分断するような感じで、厳密にいうと、蘇堤の西側は西里湖(West Inner Lake)となります。
 

蘇堤から見た西里湖はこのような感じ。西湖には常に遊覧船や手漕ぎボートが運航されていますが、こちらは静か。冬だからだったかもしれませんが、西湖の喧騒は感じられません。
 

時折このような鮮やかな色をしたモミジも見かけました。蘇堤には桜もあるので、春は花見をしながらの散策が楽しめます。
 
蘇堤は全長2.6km。軽いウォーキングが楽しめる距離です。首を右左と忙しく動かしながら歩いていたので、ここではあまり写真は撮りませんでした。
 

蘇堤を北から南に下ってきて、終点近くになるとボート乗り場があり賑やかになってきます。利用はしなかったけど、この手漕ぎボート、風流なデザインですよね。乗ってみたいと思いながらも、「きっとボート乗りのおじさんと意思疎通が出来ないんだろうな。」と考え辞めました。
 

ちなみにこちらの看板にある値段を見たのも、ボートに乗るのを辞めた理由のひとつ。
 
ボートのタイプで値段が違いますが、1時間で150元(約2500円)もしくは180元(約3000円)は結構お高いと感じました。
 

西湖十景「花港観魚」


上記の蘇堤の南端の西側に公園のような場所があります。そこが「花港観魚」です。
 

こちらの庭園を隈なく歩いたわけではないので、園内の「紅魚池」という「花港観魚」の意味するところのスポットは見逃してました。ただこのようなモダンなモニュメントとか他にもいいところは庭園内に結構あります。
 

はっきりした場所が思い出せないですが、こちらの建物は確かにこのスポットである「花港公園」内にありました。こちらの池にも紅魚池と同様、鯉が放たれていたので、十景の意味する風景は楽しめました。
 

ここでは奇跡的にわたしたち以外に誰もおらず、静かなひと時を楽しめました。
 

またこちらの庭園は牡丹の名所でもあるようで。季節が違うのでボタンが咲いている様子は見られませんでしたが、春に西湖へ行かれる方はぜひ。
 
牡丹園のすぐそばに日本風な庭園の「牡丹亭」も粋でした。もちろんこの建物は中国そのものですが、ここの一角だけ松の木の剪定の仕方が日本庭園のように見えたので、そう感じたのかもしれません。
 

西湖十景「南屏晩鐘」がある浄慈寺


西湖の南端。南山路沿いに入り口がある浄慈寺(Jingci Temple)という寺院です。
 
夕暮れ時に境内の鐘を聞きながら眺める西湖が美しい、ということで十景のひとつ「南屏晩鐘」となっています。が、
 

写真にある釈迦殿が寺院で一番高い位置にある建物ですが、ここからは西湖が見えません
 
おそらくこれより上の南屏山(Nanping Hill)まで登れば見えるのかもしれません。ただこちらの寺院は仏像好きなら気にいるはず。
 

 

どちらも素敵なお顔をされています。一番上の釈迦殿内にいたお釈迦様の像も美しかったです。
 
ちなみに「南屏晩鐘」と刻まれた大きな石碑は入り口左手にあった模様。何となく覚えがあるんですが、その時はここが十景のひとつだとは知らなかったので撮影しませんでした。残念。
 
浄慈寺は拝観料が10元(約170円)かかりますが、時間があればどうぞ。わたしは拝観してよかったと思っています。
 

西湖十景「雷峰夕照」がある雷峰塔


十景の最後は西湖の至るところから目にすることができる雷峰塔(Leifeng Pagoda)です。
 
上の写真は前述の浄慈寺の釈迦殿前から見えた雷峰塔です。寺院からだとこちらの塔とその周辺の丘で西湖が隠れてしまうんです。逆にいえば、雷峰塔からは西湖が一望できるわけですが、こちらには登りませんでした。
 
塔やタワーは自分の中ではそこからの景色より、塔自体を離れた場所から眺める方がいい、と考えるからです。単にここへ到着した時にすでに歩き疲れていて、塔に登るだなんて、という状態だったこともありますが。ww
(ちなみに塔の最上階へはエスカレーターとエレベーターで楽々行けます。入場料40元。)
 

こちらはトップにある写真にある双投橋(Long Bridge)付近から撮影したもの。東湖畔編で紹介したウェディングフォト撮影場所と化していたこちらの橋は、雷峰塔をバックに写真を撮るためだったわけです。雷峰塔も西湖を代表するスポットのひとつなのでわからなくもないです。
 

蘇堤から見た雷峰塔。昼の時間帯に撮影。
 
 
こちらのスポットも「雷峰夕照」とされているだけあって、夕方の風景が美しいとされています。その時間帯にこの付近にいなかったのでなんとも言えないですが、特に塔を見て感動しなかったのも夕暮れ時じゃなかったからかもしれません。
 

今回の発見(Discovery)!

3回に渡って西湖十景を目安にしながら、世界遺産である西湖の見どころを紹介しました。西湖へ行ってみたくなりましたか?
 
訪れる前は大きな期待はしていなかったんですが、いやー、すごく良かった!元々中国の伝統的な建物や文化には多少興味があったので、歴史ある風光明媚な観光地である西湖は初めての中国旅の目的地としては最適でした。
 
これで西湖の話は終了にしようかと思いましたが、西湖の効率的な周り方や便利な立地だった宿泊したホテルのことなどまとめて書きたいと思います。
 
 

Advertisement

コメントはこちらからどうぞ