【中国】西湖十景を目安にしながら周遊する世界遺産の西湖 – 北西湖畔編

【中国】西湖十景を目安にしながら周遊する世界遺産の西湖 – 北西湖畔編

2017年12月の中国旅。
最初に訪れた杭州(Hangzhou)での一番の見どころである世界遺産にも登録された風光明媚な西湖。
 
前回の東側の湖畔編に続き、今回は西湖の北西湖畔周辺の見どころを紹介します。

西湖十景のおさらい

西湖には十景の景勝スポットがあります。前回は東湖畔にある「柳浪聞鶯」を紹介しました。
 
十景を表す4文字の漢字とその意味を英語で表記したものを前回の投稿にも乗せましたが、一応おさらいでもう一度。

断橋残雪(Lingering Snow on the Broken Bridge)
平湖秋月(Autumn Moon over the Calm Lake)
曲院風荷(Lotus in the Breeze at Crooked Courtyard)
双峰挿雲(Twin Peaks Piercing the Clouds)
蘇堤春暁(Spring Dawn at Su Causeway)
三潭印月(Three Pools Mirroring the Moon)
柳浪聞鶯(Orioles Singing in the Willows)
花港観魚(Viewing Fish at Flower Harbour)
南屏晩鐘=浄慈寺(Jingci Temple, Evening Bell at Nanping Hill)
雷峰夕照=雷峰塔(Leifeng Pagoda, Leifeng Pagoda in Evening Glow)

今回はこの中から4箇所(断橋残雪、平湖秋月、曲院風荷、三潭印月)取り上げます。
 

西湖十景「断橋残雪」


西湖の北東にあたる地点に湖上にかかる橋(断橋=Broken Bridge)があります。この手前が「断橋残雪」と呼ばれる十景のうちの1スポットです。冬に雪景色を眺めるのに最適な場所とのこと。訪れた12月は冬というより晩秋の陽気だったので雪ではなく、、、
 

紅葉真っ盛りな箇所も結構ありました。断橋の手前の東屋風な建物の周りが鮮やかでした。
 

この東屋風な建物の前にこの石碑はあります。「西湖十景ー断橋残雪」と刻まれているのでここだと分かります。
 
実は最初にここを通り過ぎた時はこの石碑を見て、「ふーん、そうか。」とさらっと流していました。でもいくつか十景の石碑を目にしたら、この写真を集めたら面白いかな、と思い次に通った時に撮影したもの。
 
結局10箇所の石碑写真は撮れなかったけど、ある程度写真が貯まると軽く達成感があるので、スタンプラリーをしてるようなゲーム感覚で楽しめます。
 

断橋を越えるとそのまま白堤(Bai Causeway)に繋がっています。こちらも前回の「柳浪聞鶯」エリアのように、柳の並木道となっています。ここをそのまま西へ進むと次のスポットにたどり着きます。
 

西湖十景「平湖秋月」


白堤は西湖北部に浮かぶ孤山という島に繋がっています。この石碑はその島に入ってすぐ、次の写真にある建物がある敷地に入る門のところに立っています。
 

建物の上に「平湖秋月」とあるのが見えます。この楼閣から中秋の名月を眺めるスポットとして有名なスポットなんです。
 

楼閣の前ではお茶がいただけるようになっているのでいただきました。
 

杭州では英語が通じるところがなかなかなく、こちらでも悪戦苦闘しながら(というか最後は適当に)、烏龍茶を頼みました。いつも飲む烏龍茶とは違い、妙に薄い色しか出なかったのが不思議。何か違ったのかも、、、。
 
そして中国茶を頼むとおつまみが大量に付いてきます。食べ切れませんでした、、。ただ湖畔に気持ちよくお茶ができる場所がある、ということが嬉しかったです。日本だと案外このようなところないですから。
 

こちらの島には公園や史跡など結構見どころが集まっています。わたしたちは湖畔沿いしか歩きませんでしたが、上の写真は入り口に「西冷印社」と記された文化的スポット。
 
書道の筆や篆刻された印章などを展示販売するところですが、建物や庭の様子がとても素敵で人がいない隙を狙って取りました。
 
孤山ではこのように寄り道したくなるスポットがあちこちあるので、ある程度時間をかけて回ってみてください。
 

また、こちらではサンセットスポットでもあるようで。中秋の名月ならぬ、美しい夕焼けが孤山から望めました。
 

西湖十景「曲院風荷」

前述の孤山から橋を渡り、湖畔の道を左に曲がり西へ進みます。最初の堤防道に入らず、そのまままっすぐ進むと湖上を渡るいくつもの橋が見えてきて、公園のような場所にたどり着きます。こちらが、
 

曲院風荷」と名付けられたスポット。ここが一番輝くのが初夏から夏にかけてハスの花が咲く頃。訪れた12月は残念ながら、、、
 

枯れ残ったハスの葉しかありません。ハスの花狙いなら初夏から夏に訪れてください。
 
でもこれはこれで美しいと感じました。ここは「福井園」と名付けられていて、看板を見たら福井市と姉妹都市でその記念に造園された庭園とのこと。完全に中国風な庭園ですが、良いところでした。
 

また「曲院風荷」を代表する風景のこちらの橋。こちらにももちろんハスがあります。橋の上を渡る人は常に絶えません。人無し状態の写真はやはり早朝しか撮影は無理です。
 
こちらでは素敵な外観のカフェも発見!
 

スタバです。
 
こちらに入ろうとしたんですが混みあっててダメでした。そういえば中国では一度もスタバに入りませんでした。いつも何処かの国で利用してきたけど。
 
杭州では他にいいカフェがあったので必要なかった、というのが理由かな。スタバはやはり割高になるし。
 

行けなかった西湖十景「双峰挿雲」

行けなかったというより、十景は全て湖畔にあるものだと思い込んでいたので、「双峰挿雲」が山の中腹にあるスポットだとはつゆ知らず。
 
どうしても十景制覇したい!という目標がなければここはスルーしてもいいかと思います。<上海ナビさんの記事>によると、昔ここから見ることができた仏教の名山が現在は見ることができない、とのこと。
 
また結構歩かなくてはならないので、時間がない人には不向き。わたしたちも滞在時に知っていたとしても行かなかっただろうな、と思います。
 

ボートで行くしかない西湖十景「三潭印月」


今回最後のスポットである「三潭印月」。こちらは湖畔にあるものの、湖の中に浮かぶ島にあるので、ボートに乗って行くしかありません。
 

でも遊覧ボートは湖畔のあちこちから頻繁に出ているので大丈夫。往復一人55元(2017年12月現在)。同じ乗船場に戻ってもいいし、島から別の乗船場に行くボートに乗ることもできます。
 

さて、こちらも前述の平湖秋月と同様、中秋の名月を楽しむスポット。島から見える湖に浮かんだ小さな塔(上の写真)と月が一緒に見える頃の風景が美しいとのこと。
 

島は田んぼの田の字をした形で内側は池のように見えます。こちらへは遊覧ボートの運航時間内にしか行くことができないので、人無し写真は無理です。12月であれだけ混み合っているなら、春から秋にかけての時期はどうなるのか?
 
大人気の観光地ゆえに人混み問題は避けられないのでした。
 

今回の発見(Discovery)!

今回は西湖の北部、北西部湖畔にある西湖十景を中心に見どころをまとめました。「三潭印月」は湖の中ほどに浮かぶ島なので、厳密には北西部ではありませんが、、。
 
題名にも記したとおり、十景はあくまで目安。特に山の中腹にある「双峰挿雲」は、時間がある人、歩きたい人、十景を制覇したい人でない限り行かなくても良いかと。というのも湖畔だけで本当に美しく、見どころありすぎだから!
 
西湖南西湖畔編に続きます。
 
 

Advertisement

コメントはこちらからどうぞ