hotel

1/2ページ
利用した宿泊施設のレビュー

【中国】桂林は街歩きが楽しい

2018年6月中国の旅で最後に訪れたのは桂林(Guilin、グイリン)市でした。 桂林空港から上海へのフライトのためと最後にここでどれだけ漓江(リージャン)を楽しもうともくろんで2泊しました。結果的には桂林では街歩きが楽しい、ということが判明。というわけで、桂林の町の楽しみ方と市内から空港へのアクセスに関してお伝えします。

【中国】兴平(シンピン)いいところだけど3泊は必要ないと感じた

2018年6月に訪れた中国・桂林地方。 まず最初に陽朔(ヤンシュオ)で2泊、そして今回の兴平(シンピン)で3泊、最後に上海へ戻るフライトの関係もあり桂林市で2泊しました。 今回紹介する兴平はいいところでした。でも正直3泊する必要はなかったな、と軽く後悔。なぜそう感じたのか、などなど話して行きます。

【中国】山水画の世界が広がる陽朔(ヤンシュオ)を拠点として観光した方がいい理由

2018年6月に訪れた中国・陽朔(Yangshuo、ヤンシュオ)。 前回の記事(【中国】張家界から陽朔(桂林)への移動方法)でも触れましたが、桂林市よりも陽朔を拠点とした方がより山水画の風景を楽しみやすいです。今回はその陽朔を拠点とする理由やおすすめスポットをお伝えします。

【イギリス】北アイルランド北部の見逃せないスポット3選

2014年9月。アイルランドから北アイルランドに行きました。 ご存知北アイルランドはイギリス連邦を構成するひとつ。ブリテン島のイングランド・ウェールズ・スコットランドにはそれまでに訪れたことがあったけど、北アイルランドはこの時が初めてでした。今回はそんな初めての北アイルランドの北部で目にしたおすすめスポットをお伝えします。

【ドバイ】での定宿にしたいロイヤルメリディアンビーチリゾート&スパ

2018年9月に訪れたドバイ。 今回の旅はいつもの写真撮影がメインの旅ではなく、ホテルでのんびり&ヘルシーに過ごすことが目的だったので、リゾートホテルタイプのホテルに宿泊しました。ホテル選びにはかなり時間がかかったけど、十二分に滞在を楽しむことができたホテルでした。自分たちのニーズにこれほどぴったりなところはないんじゃないか?と思えるほど。そんなドバイのリゾートホテル「ル・ロイヤル・メリディアン・ビーチリゾート&スパ」のお話です。

【中国・張家界】ロケーションの良さと部屋が超快適なクラウンプラザホテル

2018年6月に張家界(ジャンジャジエ)を訪れた際に利用したホテルは有名チェーンホテルのクラウンプラザでした。 こちら張家界の武陵源入口に徒歩で15-20分ほどというロケーションの良さに加え、部屋がものすごく快適で毎晩スヤスヤと気持ちよく眠ることができました。武陵源でイチオシとも言えるホテルの様子をご覧ください。

【松本】民芸の暖かみを感じられる落ち着いたホテル花月

2018年2月。松本では1泊しました。 その際はわたしの両親も名古屋からやって来るという計画だったので、いつもわたしたちが泊まるようなビジネスホテルタイプはやめて、観光らしいホテルを探していたところ、松本らしい素敵なホテルを発見。もちろん初めてだったので、ホテルのサイトやレビューどおりのホテルなのかどうか到着するまで少し不安でしたが、それは杞憂でした。今回はお勧めできる松本のホテル「ホテル花月」を紹介します。

【裏磐梯ペンション】自宅に帰ってきたような安らぎを感じるアン・プ(Table d’hôtes Un Peu)

2017年4月中旬の日本旅。 福島の裏磐梯(会津地方)を訪れた際に宿泊したのは個人経営のゲストハウス、日本式にいうペンションでした。 普段わたしたちはホテルで過ごす時間より外で過ごす時間の方が断然長いので、夕食の付いていない宿泊施設を選択するんですが、裏磐梯にある宿泊施設は探した限り夕食付きのところがほとんど。それならば、と、東京での写真展の後だし、ゆったりできそうないいところに泊まろう!と選んだペンションはこの上なく素晴らしいところでした。

【高知】宿泊することを旅の目的にしたいと思えるホテル「セブンデイズホテル・プラス」

2013年6月に旅した四国。 高知市で宿泊したホテル「セブンデイズホテル・プラス(7 Days Hotel Plus)」は今思い出してもいいホテルだったと思えるくらい快適で居心地のいいホテルでした。   以前から雑誌などでも取り上げられて有名で、わたしが発見したのもネット上の記事でした。6月でオフシーズンだったからかスムーズに予約できましたが、オンシーズンだと予約が取りにくいこともある人気ホテル。   2017年現在、調べた限りでは多少の変化はあるものの、より心地よい空間づくりに専念されますます魅力的になっているセブンデイズホテル・プラス。写真は2013年当時のものですが、新情報も交えながらリポートします。