「 cafe 」 一覧

【スイス】ヨーロッパで一番小さな町ルー(Rue)は和める愛らしい町

  2013年の年初に訪れたフリブール地方。 前回お話ししたロモン(Romont)では意外な発見ができたものの、ステンドグラス美術館がまだ開館前という消化不良状態。ただこのロモンにあるツーリストオフィスで「すぐ近くに小さいけどチャーミングな町があるわよ。」と教えてもらったのが、今回お話しするルー(Rue)。ロモンも十分小さい町だけどさらに小さくそしてチャーミング??何かに導かれるように訪れた町ルーはものすごく小さくそして魅力的な町でした。

【スイス】チーズが有名なグリュイエールは女性が気に入る可愛い丘の町

  2013年の年明け早々に旅したチーズで有名なスイスのグリュイエール(Gruyères)。 丘の上にある小さなグリュイエールはレマン湖沿いのジャズフェスティバルで有名なモントルーからも近いスイスらしい町。そしてかわいい町好きな女性に特にオススメでもあります。今回はそんなグリュイエールを紹介します。

【スイス】ムルテン湖に行ったら名物の「Gâteau du Vully」食べなきゃ!

  その土地ながらの食べ物にどうにも弱いhisayoです。ついつい食べてみたくなる。 スイスのムルテン湖をまわっていた時に発見してしまった「Gâteau du Vully(ガトー・ドュ・ヴュリー)」もそのひとつでした。そして美味しかった! たまたま見つけた「Gâteau du Vully(ガトー・ドュ・ヴュリー)」、ここでしか食べられない(たぶん)ので試してみなきゃ!

【北海道】でしみじみとした美味しさを感じたいあなたへ

  北海道産!と聞くとなんでも美味しく感じるマジックワード。デパートで開かれる「北海道物産展」というのはいつも大人気です。 海鮮・ラーメン・ジンギスカン・チーズ・ポテト、、、などなど枚挙にいとまがない。 2012年3月下旬に訪れた北海道では特にお店を事前にチェックせず目に留まった気になったお店に体当たりしてみました。なので有名店はないし、派手さもないけどしみじみ美味しさを感じられる食事ができたお店&カフェを紹介します。

【ジュネーブカフェ】ホッとしたい時に行きたい「Le Pain Quotidien(ル・パン・コティディアン)」

2017/01/04   -Cafe, ジュネーブ
 ,

  気分転換。 何かに集中して取り組んだ後のホッとできるひと時。そんな空間が身近にあるとないとでは大違いです。もちろん自宅がそのリラックスできる場所なら理想だけど、家とは別のところに一箇所でもあると気分を変えるのには最適です。 つい最近立ち寄ったカフェはこれまで何度も足を踏み入れたことがあったんですが、改めてほっこりできる空間だと認識しました。そんなカフェ「Le Pain Quotidien(ル・パン・コティディアン)」を紹介したいと思います。

【島根】本当は教えたくない名園!大根島にある由志園

  松江の東側、鳥取県境港市にも面する中海(なかうみ)という湖に浮かぶ島があります。その名は大根島(だいこんじま)。 周囲約12kmとわりと大きな島には本当は隠しておきたい素晴らしい日本庭園があるんです。教えたくないと言いながら写真集のようにたくさんの写真で魅力をたっぷりお伝えしちゃいます!

【島根】出雲大社だけじゃない!出雲の観光スポット

2016/12/13   -Travel, 中国, 日本
 , , ,

  2016年10月の山陰旅。 島根県では松江に4泊してそこを拠点に周遊しました。 島根といえば松江よりも出雲を思い浮かべる人も多いかと思います。出雲大社が有名ですからね。でも出雲は出雲大社だけじゃありません。そんな出雲大社以外のスポットも含めて出雲の国の旅をつづっていきます。

【スイス】魅力的なカフェやレストランがいっぱいなベルン

  2016年11月末に初めて訪れたスイスの首都ベルン。 それなりのカフェ文化はあるだろうとは予想していたけど、思っていた以上に素敵なカフェ&レストランがたくさんある町でした。そんなベルンで利用した魅力的なカフェ3軒、レストラン2軒をまとめて紹介します。

【鳥取】山の中に突如現れるおしゃれ空間「大江ノ郷」に行ってみた

  出会いというものは不思議なもの。個人的には偶然出会うのではなく、全て理由があって必然的に出会うんだと思っています。 なのでひとつひとつの出会いは大切にしたい、いや、しなくちゃいけない。たとえそれがつかの間の出会いだったとしても。 今回紹介する鳥取の正直言って田舎にあるおしゃれ空間「大江ノ郷(おおえのさと)」はそんなつかの間の出会いのおかげで行くことができたところでした。

【鳥取】日本一ストレス指数の低い鳥取で癒される旅はいかがですか?

  2016年10月の日本旅で主に回ったのは自分にとっても初めてだった山陰地方でした。 訪れたことがなかったので行き方すら知りませんでした。アクセス方法を調べるのに手間取ったのでここに分かりやすく説明します。また、滞在中のテレビでたまたま知った「鳥取=ストレスを感じにくい」という点も体験を交えながら考察していきます。