【中国】上海のおすすめホテルと行きたかったスポットまとめ

【中国】上海のおすすめホテルと行きたかったスポットまとめ

2017年12月に訪れた上海。
杭州を訪れた後に4泊しただけでしたが、疲れが出て本調子ではなかった上海の旅。それでも上海観光の王道である2スポットだけはおさえておきました。


この2つのスポットには必ず行きたかったので、拠点となるホテルも必然的にこの2箇所に近いところを選択しました。これが大正解!
 
今回はわたしたちが宿泊したおすすめホテルと体調が万全だったら行きたかったな、という3つのスポットのお話。

ロケーションが良くリーズナブルなホテル

今回、上海で必ず行きたかったのが、前述した外灘と豫園。最初、外灘周辺でホテルを探しましたが、予想どおり予算外のお値段、、。そこで見つけたのが、地下鉄10号線「豫園」駅そばの「SSAW Boutique Hotel Shanghai Bund(君亭酒店)」でした。
 

ホテルの外観はなんてことのない建物ですが、一歩中に入るとバリ風なインテリアなロビー。フロントスタッフはみんな英語が堪能なのでチェックインなどもスムーズにできました。
 
部屋に入ると十分な広さにちょうどいい硬さのベッド。インテリアも落ち着いた感じで心地よかったです。
 

ペットボトルの水は毎日無料で用意してくれます。アジアのホテルは大概水を無料提供してくれるのがありがたい。
 
バスタブはなく、シャワーだけでしたが、広くて快適なシャワー室。何がよかったって、備え付けのシャンプー&シャワージェル。アロマオイル入りで香りがとても良く、コンディショナーなしでも髪の毛がいい感じにまとまるシャンプーでした。
 
滞在中、1日寝込んでいた日があったんですが、その日は「Don’t Disturb」の札をドアノブにかけていたんです。でも昼過ぎにクリーナーさんがドアをトントンとノック。
 
ええー、と思いつつもドアを開けると、その前日にも掃除に来てくれた同じ女性。彼女は全く英語を話さないのでどうコミュニケーションを取ろうかと思案していたら、身振り手振りでタオル交換しますよ、と言ったように感じたので、使用済みタオルの入ったバスケットを渡し、新しいタオル&ペットボトルの水をもらいました。
 
通常「Don’t Disturb」の札がかかっていたら、ドアノックはしないはず。この一連の流れを文章だけで見ると非常識と思えなくもないですが、こちらの女性、とても感じがよくて、ノックされたことも気になりませんでした。それにお水も新しいタオルも欲しかったので、わたしは逆にありがたかったんです。なのでこのサービスはわたし的にはOKでした。
 

上の写真は同じホテルの朝食会場。こちらは夜はレストランとしてもオープンしてました。夕食利用はしなかったので、朝食利用だけでしたが、いつも満席御礼。客層をみると、欧米人が大半。それもそのはず。ホテルサイトは中国語しかないけど、こちらはBooking.comから予約できるんです。英語や母国語で予約できるので、やはりBooking.comは便利ですからね。
 
朝食はビュッフェスタイルで種類も多くよかったです。いつも混み合っていたので、空いているテーブルを探すのが大変だったぐらい。
 
ちなみにこちらのホテル。ホテルのパンフレットには「SSAW Boutique Hotel 君亭酒店」とありますが、Googleマップやホテルサイトには「Narada Boutiue Hotel」という名前になっています。
 
TripAdvisor (トリップアドバイザー)だと、「中星大酒店」という名前。
 
どうしてこんなに色んな名前があるのかわかりませんが、全部同じホテルなので要注意です。
 
前述したとおり、地下鉄豫園駅(4番出口)から徒歩数分というアクセスの良さ。豫園はもちろん、外灘も徒歩圏内。ショッピング街の「南京東路」駅からも充分徒歩圏内。と、歩いて色んなところへ行けるし、地下鉄利用も楽。ただ豫園駅は豫園へ行く人利用が多いので、かなり混み合う駅です。
 
部屋は広いし、清潔。そしてお値段も上海のホテルの中でこのロケーションの良さを考えればかなりリーズナブルです。宿泊した年末年始のお値段は1泊約13000円でした。
 
これぐらいの予算のホテルをお探しならロケーションの良さからいって、こちらのホテルが最高に便利だと思います。
 
 
SSAW Boutique Hotel Shanghai Bund(君亭酒店)
上海市黄浦区人民路839号
Tel: +86(021)6326 5666
Booking.comの予約サイトはこちらから)


 

行きたかったけど行けなかった3スポット

上海に関する最後は行きたかったけど、行けなかった(=たどり着けなかった)スポットを3つとりあげます。

1. 静安寺


街の中心部にある歴史ある寺院である静安寺(Jing’an Temple)。真言宗寺院で中国滞在時の空海(弘法大師)が訪れたところ、とのことでぜひ拝観したかったけど、到着した時間は拝観時間終了の17時。ちょうど門が閉まるところでした。残念。
 
地下鉄2&7号線の「静安寺」駅を出たすぐ上にあるというアクセスの良さ。静安寺周辺はデパートやショッピングモールや高級ホテルが建ち並ぶエリア。中に入れなかったので、周辺を歩きましたがなかなかいいエリアでした。
 
拝観できなかったのは残念だけど、拝観料50元(約860円)ってちょっとお高いような、、。
 

2. 田子坊


時間がなかったのもあるけど、この田子坊への行き方がよく分かってなかった、、。最寄りの地下鉄駅は、9号線の打浦橋(Dapuqiao)駅。
 
行けなかったので写真がないですが、「田子坊」でググればたくさんイメージが出てきます。そしてその雰囲気がいいと感じたなら行くべし。
 
こちらは現在では観光地として人気のスポットですが、アーティストがこのエリアにアトリエを構えてから店舗やカフェ、レストランが数多く出来上がったところ。路地が多く、入り組んだ迷路のようになっているので、歩くのが楽しそうで写真を撮るのも面白そうだと思っていたのですが。特に女性が好みそうなエリアです。インスタグラムなんかにも良さそう。心残りしかないです。
 

3. 旧フランス租界

上海における租界地とは1849年から1943年に渡り、各列強国(イギリスやアメリカ)が支配していた地域。現在ではその名残として一番有名なのが外灘。そして観光客に人気なのがフランス租界です。
 
ホテルのフロントで場所を聞いたにもかかわらず、道を間違えてどうも真逆に行ってしまったわたしたち、、、。
 

真逆に行った先がこの「大世界」。ww
 
 
ただトップの写真は多分フランス租界をかすった辺りかと。それと、
 

大晦日の夜に訪れた新天地(Xintiandi)もフランス租界の一部とのこと。少しは行けてたようです。
 
でもわたしが行きたかったのは、プラタナス並木のある昔らしさの残ったエリア。新天地だと全てが新しくて、雰囲気はいいけど、歴史を感じられなかったので。たどり着けなかったのは道に迷った自分たちのせいですが、残念でなりません。
 
田子坊とフランス租界は特に女性好みのエリアなので、しっかり調べてぜひ行ってみてください。
 

今回の発見(Discovery)!

杭州と比べても本当に人が多く、疲れることの多かった上海。見どころが点在しているので、短い滞在だと絞って回るしかないです。
 
なのでホテル選びは重要。自分が一番行きたいスポットの近くに泊まるのが便利。もしそれが外灘や豫園なら、わたしたちが宿泊したホテルは本当におすすめです。上海旅のお役に立てれば嬉しいです。
 
 

Advertisement

コメントはこちらからどうぞ