【スイス】一目惚れした「カルージュ」は季節ごとに違う表情が見られる素敵な町

【スイス】一目惚れした「カルージュ」は季節ごとに違う表情が見られる素敵な町

スイス第2の都市であるジュネーブ(スイス最大の都市はチューリッヒ)。
 
第2の都市といっても、人口は20万人弱という日本的に考えれば中都市。それでも国連をはじめ、多くの国際機関がある国際都市で町を歩いていたら様々な言語が耳に入ってきます。

ちなみに前述したジュネーブというのは、ジュネーブ市(コミューン=基礎自治体)のこと。ジュネーブ市はジュネーブ・カントン(州のような単位)の中の州都で、ジュネーブ州全体の人口となると48万人超となります。ジュネーブ州には全部で45のコミューンがあるとのことですが、その中でジュネーブ市の街並みといい意味で少し異なるカルージュについてお話したいと思います。
 

一目惚れしたカルージュの素敵な街並み

ジュネーブに程近いフランス領に在住している私ですが、カルージュに足を踏み入れた瞬間、落ちました!まるで水を得た魚のように写真撮るは、いちいち店の前で立ち止まるは。カルージュには個人経営の店舗が多く、そしてそれらがまた感じいいんです。
 
201303carouge
これは春先の花屋さんの店先。ここの花屋さんはいつ通っても素敵なディスプレイで目を引きます。まだ肌寒い3月頃からチュリープなどの春の花が並び始め、明るい気分にさせてくれます。カルージュのメインストリートにあるので見つけやすいと思います。
 
 
Atelier Floral Creation
Rue Ancienne 28, 1227 Carouge, Switzerland
Tel: +41 (0)22 300 42 22
ウェブサイト:http://www.atelierfloralcreation.ch/shop/en/ (英・仏・独語)


 
カルージュのメインストリートであるアンシエンヌ通りは高いビルもなく、一瞬だけど、ロンドンだったり、イタリアを思い起こさせる雰囲気のある街並み。人気の町だとはうわさに聞いてたけど、思いっきり納得です。
 
201303carouge4
同じくアンシエンヌ通りにあるアンティークショップ。
 
201510caruge2
いつだったか、トラムが走るアンシエンヌ通りでレトロタイプのトラムを見かけました。街並みに合ってます。
 
201303carouge2
建物の脇道を入るとこれまた落ち着いた空間が広がってます。
 
     

夏のカルージュは開放的

201308carouge
夏はカルージュに限らず、ヨーロッパ全体的に晴れ間が多く、日も長いので一番いい季節で自然と誰もが外に出たくなる時期。賑わうのはレマン湖沿いですが、カルージュにあるカフェやレストランもこぞってテラス席を用意し開放的な雰囲気に包まれます。
 
右の写真にあるように教会前の広場でもパラソルが並んでます。左上の写真にあるように、水回りの花飾りもジュネーブとちょっと違う趣きで涼しげ。左下の写真は夏とは関係ないですが、窓辺の雰囲気がおしゃれだなと思ってついつい撮ってしまいました。
 
カルージュはアーティストが多いと聞いたことがありますが、町の中に入るとそのような雰囲気を感じ取ることができます。
 
 

秋のカルージュ

201510caruge1
秋のカルージュといえば、ジュネーブのジャパンクラブが主催する日本祭りが毎年10月最初の日曜日にカルージュの「Salle des Fetes(公民館のような会場)」で行なわれます。この日ばかりはイタリアっぽいカルージュが日本となります。
 
201410carouge
といっても会場のまわりぐらいですが。
 
2014年の日本祭りの時には会場周辺の店舗名がカタカナで書かれて、日本っぽいディスプレイがされたりと町中で日本祭りを盛り上げてくれてるのが伝わる感じでした。
 
フランスもそうですが、スイスも日本好きな方が結構多い印象があります。日本祭りも2014年、2015年と2度参加しましたが、大盛況で日本に対して好印象を持ってくれている人が多く嬉しい気持ちになりました。ありがたやです。    
 
 

冬のカルージュ

201312carouge
冬は10月終わりの冬時間移行とともにどんより曇りの日が多く、日も短くなり暗い気分になりがちですが、クリスマス時期だけは華やかな街並みとなります。
 
カルージュのクリスマスデコレーションはジュネーブよりシックな印象。あまり派手さがないのが個人的には好きなところ。
 
一番左の写真にあるオレンジ。何が刺さってるのかというと、クローブ(仏語でGirofle、日本語で丁子(ちょうじ)とも呼ばれる)というカレーなどにも使われる香辛料です。クリスマスや新年によく作られる「ポマンダー」というもので、疫病よけや防臭に使われ、手作りものをプレゼントすると幸福をもたらすとも言われているものだそう。チョコレート屋の店先にあったので、チョコレートが刺さってるのかと思ってました。
 
 

カルージュ巡りでの注意点

季節ごとにカルージュをみてきましたが、季節に関わらずひとつだけ注意点があります。それは、
 
午前中に行っても店が開いてないことが多い
 
ことです。ジュネーブだと結構早い時間からデパートや店がオープンしますが、カルージュは午後の町。カフェもオープンが遅いところが多いです。その分夜は多少長いのかな?夜のカルージュは一度しか行ったことがないですが、そんなにお店開いてたかな??この辺りはまだチェックが必要です。
 
スイスでのオプショナルツアーを企画・遂行されている「ミキトラベル・ジュネーブ支店」。近場からシャモニーやツェルマットなど、日本語ガイドつきで行くことができます。言葉に自信がないとかちゃんと理解したいという方におすすめです。
 
miki travel
ジュネーブ発のオプショナルツアーhttp://www.myushop.net/options/index/CH/12040
 
 

Advertisement

コメントはこちらからどうぞ