【京都洛北】心癒される下鴨神社とみたらし団子発祥の店 加茂みたらし茶屋

【京都洛北】心癒される下鴨神社とみたらし団子発祥の店 加茂みたらし茶屋

なぜか雨の日に行くことが多い下鴨神社。上賀茂神社と同じく賀茂氏の氏神を祀る神社で歴史も長く、そして下鴨神社も世界遺産に登録されていて、どこまでもペアな神社です。
 
上賀茂神社はパワーを感じる神社ですが、下鴨神社は癒しの神社。いつでも無料で参拝できるのも嬉しいところですね。そんな癒し系な下鴨神社を見ていきましょう。

正式名称は賀茂御祖神社

上賀茂神社と同じく下鴨神社は通称で正式には賀茂御祖(かもみおや)神社と言います。ふりがなが無ければ決して読めないからか普通は下鴨神社と呼ばれてます。
 
shimogamo shrine5
この下鴨神社歴史がとても長く、なんとBC90年ごろの記録が残っているとのこと。2000年以上の歴史を誇る下鴨神社。でもイカツイ感じはなく、どこか柔らかい印象を受ける神社です。
 
shimogamo shrine3
 
shimogamo shrine2
こちらは下鴨神社の南側の糺の森にある摂末社の河合神社です。参拝した時には全く気付かなかったのですが、こちらは女性を守る美麗の神様ということで、「鏡絵馬」というものがあるそう。それを自分の顔に見立ててお化粧をし、願い事は裏側に書くと美人になれるとか?
 
そんなことから女性に人気の神社です。
 
shimogamo shrine4
トップの写真にある社は御手洗社で上の写真にある橋はその御手洗社に向かって流れるせせらぎにかかる橋です。御手洗社は災難厄除けの神様。夏の土用丑の日に「足つけ神事」が行なわれる場所でもあります。
 
御手洗社前の水が少し干上がってますが、ここが御手洗池です。上賀茂神社とで催される葵祭ではヒロインである斎王代が池に手を浸し清める「斎王代禊の儀」が行なわれる場所です。
 
 

ヒーリングスポットな糺の森

下鴨神社の南に広がる糺の森(ただすのもり)は下鴨神社の境内の一部で広さなんと12万4000㎡。と言われてもピンと来ませんが、かなり大きく小川が流れ原野の森の姿が残る気持ちのいい森です。京都の町中にいながら森林浴が楽しめる場所。夏でも涼しく、真夏の8月中旬には古本まつりも開催されます。
 
tadasu forest1
糺の森の南入口。
 
tadasu forest2
糺の森はこんな感じでただ散歩するだけで気持ちよく癒される場所です。個人的には京都の中のヒーリングスポットです。
 
 
下鴨神社(賀茂御祖神社)
京都市左京区下鴨泉川町59
Tel: 075-781-0010
参拝時間:6:30-17:00
参拝料:無料
アクセス:京阪「出町柳駅」下車徒歩約12分 / 市バス「下鴨神社前」もしくは「糺ノ森前」下車徒歩すぐ
近くのスポット:相国寺、京都御所、盧山寺
ウェブサイト:http://www.shimogamo-jinja.or.jp/index.html


 

みたらし団子発祥の店「加茂みたらし茶屋」

下鴨神社の西側にみたらし団子発祥の店である「加茂みたらし茶屋」があります。下鴨神社参拝の際にはぜひ訪れていただきたいお店です。
 
kamo mitarashiみたらし団子だけでなく、わらび餅(左上)・抹茶と季節のお菓子(右上)などのメニューもあります。
 
前述した下鴨神社境内にある御手洗池に湧き出る水の泡をかたどったものがみたらし団子とのこと。味わい深いのは言うまでもありませんが、ここのみたらしには特徴があります。
 
写真にあるように一番先の団子と他の4つの団子の間にギャップがあります。これは人間の体(頭と四肢)を表しているとのこと。そんな深い意味があるとも知らず、あっという間にぺろっと平らげちゃいましたが。本当にここのみたらしは美味しいです。
 
 
加茂みたらし茶屋
京都市左京区下鴨松ノ木町53
Tel: 075-791-1652
営業時間:9:30-20:00(水曜休)
アクセス:市バス「下鴨神社前」下車徒歩約3分


 
 

今回の発見(Discovery)!

下鴨神社は上賀茂神社より中心よりなのでアクセスもよく、疲れた気分の時に訪れても糺の森パワーが癒してくれる素晴らしいスポットです。参拝料無料なのでいつでも気軽に行けるのもいいところ。癒された後はみたらしなどの甘いもので心を満たすこともできますよ。
 
 

Advertisement

コメントはこちらからどうぞ