【ジュネーブレストラン】Assiette Genevoiseカード利用第2弾 行かなきゃ損するホテル内のスタイリッシュレストラン「O’Five」

【ジュネーブレストラン】Assiette Genevoiseカード利用第2弾 行かなきゃ損するホテル内のスタイリッシュレストラン「O’Five」

お高いジュネーブの外食費を少しでも安くするのに便利なカード「Assiette Genevoise」。
 
カードに関する説明は初めて利用した時のレポートに書いているので、そちらをご参照ください。
 
今回はカード利用第2弾レポート。レマン湖沿いのホテル「Lake Geneva Hotel」内にある「o’five」についてです。

モダンなホテル「Lake Geneva Hotel」

Lake Geneva Hotelはレマン湖沿いのVersoix(ベルソワ)にあるモダンなホテルです。厳密にいうと、ジュネーブ市内ではないですが、近距離にある郊外の町でジュネーブ市内へは電車1本ですぐ到着します。
 
日本人には「レマン湖」という名前が一般的ですが、ジュネーブの辺りは「ジュネーブ湖」と呼ばれることが多いようです。なのでホテル名もこうなってるのかな?どこからどこまでがジュネーブ湖なのかは不明です。
 
lake geneva hotel outside2
レマン湖沿いの通りから見えるホテルはこんな感じです。1階にはスイスのどこにでもあるスーパー「COOP」があります。スーパーの左手のエスカレーターを利用してレストランへ向かいます。
 
lake geneva hotel outside
エスカレーターを登って見える景色はこんな感じです。シャレてますね〜。暖かくなるとここがテラス席となって食事することができるみたいです。
 

レストラン「o’five」もモダンでスタイリッシュ

トップの写真がレストランのインテリア。スタイリッシュです。お店のスタッフも男性はスーツ、女性もブラックの上下でカッチリしてました。日本だとホテル内のレストランならスタッフの身だしなみはきっちりしているのが当然と思うでしょうが、こちらだとレストランによりけりなのです。なのでここのスタッフの見た感じからして期待できそうな予感がしました。そして実際どのスタッフも気持ちのいいサービスでした。
 
o'five interior2
テーブルもいい感じ。
 

o’fiveでのカード利用は?

こちらのレストラン利用の際は、通常のメニューから好きな料理を選択し、料理分が半額になるというシステムでした。Assiette Genevoiseのリストにあるレストランのおそらくどこでもドリンクは半額にはならないようです。
 
ドリンクはさておき、o’fiveではコースメニューがないようなので、メインだけ注文するだけでもOK。それだと本当にお値打ちに食事ができます。私たちは前菜とメインを注文しました。
 

o’fiveの料理は美味しい

o'five meal1
私が注文した前菜。サラダメニューの中にあったほんのりカレー味がついたチキンサラダ。シンプルだけど美味しかったです。
 
o'five meal2
夫が注文した前菜は仔牛肉に茄子を揚げた茄子チップスが混ざったものに温野菜添え。一口もらって食べましたが、茄子チップスが香ばしくてこちらもグッドでした。
 
o'five meal3
私が注文したメイン。メインと言えるのかよくわかんないけど、ちょうどトリュフメニューのキャンペーン中だったようで、トリュフリゾットをいただきました。正直言って、私はトリュフ好きではなく、トリュフ自体の味がよくわかってません。でも香りはわかります。で、こちらのトリュフは香りもないし味もない。
 
「Assiette Genevoiseホルダーだから古いトリュフ使われたのかな?」と冗談言いたくなる感じでした。単に私のトリュフに対する味覚がないだけかもしれないですが。リゾット自体は美味しかったです。
 
o'five meal4
夫もトリュフメニューの中から、ラム肉のトリュフソースをチョイス。こちらもトリュフの香りはしなかったです。肉がちょっと硬めだったようだけど、美味しいと言ってました。 
o'five dessert
最後にデザートはフランス語圏でよくある「カフェ・グルモン(Café Gourmand)」。これはコーヒーと数種類のデザートがセットになったメニューでお得感があります。コーヒーは飲めないので、紅茶にしました。o’fiveではホットチョコレートも選択できるようになってます。
 
ここで注意!
 
カフェ・グルモンはドリンクメニューと考えられるので、半額対象とはなりません!
 
デザートを単品で注文したのなら半額だったみたい。覚えておこ。
 

有名人と遭遇しちゃいました

トリュフメニューはちょっと残念でしたが、全般的に美味しいし、サービスがしっかりしていて気分的によかったです。お手洗いが清潔だったのも潔癖性としては嬉しい。
 
私たちが入店した後、続々とお客さんが増え、ほぼテーブルは埋まってました。その中で、私たちのすぐ隣の席に座られたお客さん。入ってきた瞬間感じました。
 
「日本人だ。どこかで見たことがあるような、、、?」
 
あっ!
 
佐々木かをりさん!本を読んだことあるし、テレビでも見たことある!
 

自分が輝く7つの発想―ギブ&テイクからギブ&ギブンへ (知恵の森文庫)
佐々木 かをり
光文社
売り上げランキング: 362,854