【京都洛西】日本最大の禅寺「妙心寺」と近くの自然食レストラン「おからはうす」

【京都洛西】日本最大の禅寺「妙心寺」と近くの自然食レストラン「おからはうす」

京都の洛西、花園にある妙心寺は1337年に開山された臨済宗妙心寺派の大本山。46もの塔頭寺院がある日本最大の禅寺です。
 
塔頭(たっちゅう)とは元は高僧の墓でそのそばに小さい庵を建て弟子たちが守っていたものが明治以降に寺として独立したものだそう。妙心寺の塔頭の中で常時公開されている塔頭は、退蔵院・大心院・桂春院、そして枯山水庭園で超有名な龍安寺の4箇所。龍安寺が妙心寺の塔頭とはちょっと驚きです。

2015年12月に初めて拝観した妙心寺。退蔵院と桂春院の2箇所を拝観しました。
 

妙心寺の中心にある法堂の雲龍図は写真撮影できません


妙心寺の大方丈(おおほうじょう)。
 
法堂(はっとう)の天井に描かれた雲龍図を拝観する受付がこの大方丈脇にあるので行ってみたのですが、注意書きを見るとその雲龍図は写真撮影できないとのこと。なので公開されている塔頭のみ拝観することにしました。
 
妙心寺公式サイトhttp://www.myoshinji.or.jp/index.html
 

華やかな庭園のある塔頭「退蔵院」

1404年に建立された妙心寺にある塔頭の中では歴史のある寺院である退蔵院。方丈(本堂)の周りに枯山水庭園をはじめとした庭園が広がり、四季それぞれの華やかさと禅寺ならではの落ち着いた空間を味わうことができます。
 
taizoin3
方丈(本堂)脇からのぞむ枯山水庭園「元信の庭」にある石の手水鉢。生け花飾りのようですね。
 
taizoin4
もうひとつの枯山水庭園「陰陽の庭」の陽の庭。陰の庭は色の濃い砂が敷き詰められています。陽の庭の砂模様の間に計算されたかのように並んだ紅葉の葉が美しい!
 
taizoin5
退蔵院を参拝したのは12月の半ばだったこともあり、いくら遅い紅葉だった2015年とはいえ、さすがに終わりが近い感じでした。そのおかげか美しい紅葉の絨毯を見ることができました。
 
taizoin2
あずまやのある庭園は「余香苑(よこうえん)」と呼ばれる昭和期に完成した庭園で昭和の名庭と形容されることも多いようです。紅葉時期はまたさらに華やかさが増します。
 
余香苑には紅しだれ桜もあるので、春は花見で賑わうんでしょうね。
 
taizoin6
退蔵院では「大休庵」というお茶を頂ける間もあります。茶室横のちょっとしたコーナーも紅葉の赤に染まっていました。
 
 
妙心寺 退蔵院
京都市右京区花園妙心寺町35
Tel: 075-463-2855
拝観時間:9:00-17:00
拝観料:500円
アクセス:JR山陰線「花園駅」下車徒歩約7分 / 市バス「妙心寺前」下車徒歩約3分
近くのスポット:龍安寺、仁和寺
ウェブサイト:http://www.taizoin.com


 

滋味あふれる塔頭「桂春院」

1598年津田秀則(織田信忠の次男)によって創建された桂春院。前述した退蔵院とともに通年公開されている塔頭です。
 
keishunin3
 
keishunin2
桂春院の受付前の佇まいが素晴らしかった。入口が魅力的だと中の様子にも期待が膨らみます。
 
keishunin1
こちらは侘の庭と呼ばれるところ。
 
退蔵院のような華やかさはありませんが、侘び寂びを感じる庭や建物です。
 
keishunin4
方丈前の庭は真如の庭。地味だけど、滋味あふれる落ち着くお庭です。
 
keishunin5
静かで居心地がよかったので、桂春院でお茶をいただきました。お茶をいただけるお茶室もありますが、方丈にも毛氈がひかれていたので、そちらで真如の庭を眺めながらいただきました。
 
12月半ばに上着を脱いで外でお茶できるっていいのか、悪いのか。でも気持ちよかったし、美味しかったです。
 
 
妙心寺 桂春院
京都市右京区花園寺の中町11
Tel: 075-463-6578
拝観時間:9:00-17:00
拝観料:400円
アクセス:市バス「妙心寺北門前」下車徒歩約5分
近くのスポット:龍安寺、仁和寺


 

妙心寺そばの自然食レストラン「おからはうす」

妙心寺と仁和寺のちょうど真ん中に位置する自然食レストラン「おからはうす」。こちらを訪れたのは妙心寺を参拝した日ではありませんでしたが、自転車でたまたま通りかかり、何やら美味しそうな雰囲気がしたので入ってみました。これが大正解!
 
okara house
嵐電「妙心寺駅」から仁和寺へ向かう道沿いの角にあり、私は完全に見過ごしましたが、夫(写真家)が、「ここレストランじゃない?」と発見。
 
店の前のメニュー看板を見ると、健康的なメニューが並び魅力的。
 
okara house lunch
私が注文したのは五穀米のとろろご飯ランチ。地味な色合いですが、こういうご飯が一番好きです。身体が喜ぶメニューとはまさにコレ。
 
夫が食べたセットを撮り忘れちゃったのですが、彼のグルテン不耐性に合わせて醤油や麦を使わないメニューを追加料金なしで特別に用意してくださいました。予約していたわけでもないのに本当にありがたかったです。サービスで出されるお茶にも少し麦茶成分が入っているから、と別のお茶を出してくれました。
 
「今日のメニューはやたらと醤油を使っちゃってたから。いつもはそうでもないんだけどね。」とオーナーの方。
 
グルテン不耐性のこともあれこれ説明しなくても理解があり助かりました。こういったアレルギー対応してくれるお店はまだまだ多くないので貴重な存在だと思います。健康的な食事を好む方に特におすすめな自然食レストランです。
 
 
おからはうす
京都市右京区谷口円成寺町17-10
Tel: 075-462-3815
営業時間:11:00-16:00(月火休み)
アクセス:嵐電「妙心寺駅」下車徒歩すぐ


 

今回の発見(Discovery)!

日本最大の禅寺「妙心寺」は通年公開されている塔頭以外に期間限定などの限定公開されている塔頭もいくつかあります。
 
広い境内ですが、自転車でまわれたのでラクラクでした。自転車で京都めぐりって本当に便利です。
 
自転車だったから、自然食レストラン「おからはうす」も発見できたようなものだし。こちら本当に美味しいので強くおすすめです。
 
    

Advertisement

コメントはこちらからどうぞ