【京都洛北】錦秋の候に訪れた西賀茂の弘法さん「神光院」

【京都洛北】錦秋の候に訪れた西賀茂の弘法さん「神光院」

「神光院」という文字を見て、正しく読めてどこにある寺院なのかわかる方はそれほど多くはないかと思います。
 
今回は、2015年12月の京都旅の計画中に初めて知った穴場的寺院「神光院」のお話です。

時代劇の撮影にもよく使われる静かな境内

jinkoin entrance
「神光院」は「じんこういん」と読む真言宗系単立の寺院。本尊が弘法大師像で厄除け大師として信仰されています。
 
入口の山門前に「厄除弘法大師道」と刻まれた石碑があります。石碑の周りの紅葉がとても色鮮やかでした。
 
jinkoin poster
また神光院は地元では「西賀茂の弘法さん」と呼ばれているそう。西賀茂とは賀茂川の西側にあるから。そしてこの神光院は東寺・仁和寺と並ぶ京都三弘法のひとつでもあり、霊場巡りをされるお遍路さんも参拝されます。
 
境内でその京都三弘法案内のポスターを発見しました。
 
jinkoin keidai1
 
jinkoin1
 
jinkoin2
それほど大きくはない境内ですが、ちょうど紅葉の見頃でとても美しく色づいていました。訪れる参拝客もほとんどおらず、静かな境内で落ち着きました。かなり穴場的な寺院でおすすめです。
 
神光院の境内は時代劇「暴れん坊将軍」や「銭形平次」などの撮影にたびたび使われたそうです。それもこの静かなロケーションが好まれたんでしょうね。
 

お遍路さんに遭遇

jinkoin3
しばらくもみじ撮影に夢中になっていたら、急にガヤガヤしてきたので音のする方を見ると、団体のお遍路さん。
 
彼らが本堂でお参りをする際になってご住職の方が初登場。神光院の説明などをお遍路さんたちにしているのが耳に入ってきましたが、彼らがつけたお線香が気になって。参拝用のお線香も随分とカラフルなんですね。
 
お遍路さんたちに遭遇しなかったら、他には数人しか参拝客は見かけませんでした。紅葉のピーク時でもこの静けさ。ちょっと見つけにくい場所にありますが、落ち着いた静かな寺院を好まれる方には超おすすめです。
 
 
神光院
京都市北区西賀茂神光院町120
Tel: 075-491-4375
拝観時間:9:00-16:00
拝観料:無料
アクセス:市バス「神光院前」下車徒歩約3分
近くのスポット:上賀茂神社、正伝寺
 
 

Advertisement

コメントはこちらからどうぞ