【フィンランド】西部の小都市(ハメーンリンナ、ヴァーサ、タンペレ)とフィンランドの不思議

【フィンランド】西部の小都市(ハメーンリンナ、ヴァーサ、タンペレ)とフィンランドの不思議

2013年12月に訪れたフィンランド。
今回はフィンランド西部にある3つの町とフィンランドで不思議に感じたことのまとめです。

ハメーンリンナ城のあるハメーンリンナ


ヘルシンキから北へ100kmのところにあるハメーンリンナという町にある、町のシンボル、ハメ城。
 
ハメーンリンナ(Hämeenlinna)という町の名前自体が、ハメ(=Hämeen)城(=linna)ということのようで、まさに町の象徴ですね。
 
この撮影スポットを探すのに、車であちこち周って、少し歩いてたどり着きました。わざわざこのスポットに行けてよかったです。城まで行ったけど、離れて見た方がより美しいお城です。
 


 

ヴァーサにある世界遺産「クヴァルケン群島」


フィンランド西部、沿岸地域にあるヴァーサ(Vaasa)という町の郊外。
 
ヴァーサの周りにも群島がひしめき合っていて、その中の島に渡る橋、レプロット(Replot)橋です。このあたりは世界自然遺産に登録されているクヴァルケン群島の一部で、橋のたもとにある駐車場で見かけた看板で初めて知りました。
 

 

上の2つのオブジェはその駐車場の一角にあるカフェの前で見かけました。ちょうどこの時雪が降ってきて、寒かったけどいい感じでした。やっぱり冬のフィンランドは雪があった方がいい!
 
フィンランドはフィンランド語とスウェーデン語の2か国語が公用語。このヴァーサ(Vaasa)の辺りはスウェーデン語を話す人の方が多いようで、標識などもスウェーデン語が先に書かれていることが多かったです。
 

ちなみにこちらの標識はフィンランド語が先に書かれています。
 
ポリ(Pori)という町の名前が2か国語表記になっているものですが、スウェーデン語の方、「Bjorneborg」って・・・。
 
あまりにもフィン語と違うというのもあるけど、懐かしの元スウェーデン人テニスプレーヤーの名前に極似!
 

ラップランドを過ぎて南下していくと、雪がないせいもあって正直退屈な風景が続いていましたが、こういった白樺が固まって植えられている風景は美しくて、何度か止まって写真撮りました。
 

タンペレでサウナから湖に飛び込む様子を見た!


写真だけだとなんだかよくわからないでしょうが、タンペレの湖畔で見かけたサウナなんです。フィンランドといえば、「サウナ」というくらい有名ですよね。
 
結局ホテルでも利用はしませんでしたが、タンペレでサウナの利用法を垣間見ることができました。
 
もちろん中には入らなかったけど、建物の中から水着姿の利用客の方々が次々と寒ーいだろう湖の中に入って、ほてった体を冷やしていたんです。夏ならわかるけど、いくら暖冬気味だったこの頃でも一応、「冬」。フィンランド人のワイルドな一面、拝見できて面白かったです。
 

フィンランドの不思議


この写真に写っているシャワーはガラスの扉があるけど、こういうバージョンのシャワールームは稀だったんです。
 
何もナシか、シャワーカーテンがあっても丈が短すぎて全体が濡れてしまうでしょ、という作りがほとんど。そしてシャワーの横には濡れた床を拭きとるスクレーパーがありました。それを置くより、仕切りつけてほしいと何度も感じました。なんでこういう構造なんでしょうか?
 
それと、写真の鏡に映っているシャワーヘッド、見えますでしょうか?
 
これ、トイレの横、トイレットペーパーのそばにあるんですが、フィンランドでトイレに入ると大概このシャワーがついてます。ビデとして使うにも水圧を調節するのが難しそうで一度も使いませんでしたけど、本当にそういう目的で備え付けられてるのか?
 
バスルームの謎。ホテルの人にでも聞けばよかったな、と少し後悔しております。
 
 

Advertisement

コメントはこちらからどうぞ