【エストニア】タリン旧市街の外は新旧入り混じる面白い町並み

【エストニア】タリン旧市街の外は新旧入り混じる面白い町並み

2013年12月に訪れたエストニアの首都タリン。
タリンの美しい夜編街歩きが楽しい昼編ではタリンで誰もが訪れる旧市街の様子を綴りました。
 
もちろんここがタリン観光のメインなんですが、3泊もしてしまったものだから旧市街の壁の外にも出てみました。タリンではレンタカーはしなかったので、バスで少し移動、ひたすら歩いて移動、という徒歩やバスで行ける範囲の発見の旅でした。

タリン中心にあるモダンなショッピングセンター


上の写真は旧市街を出てすぐ、新市街の手前という中心地にある「Rotermann」というショッピングセンター。周りで工事をしていたからまだ増設するのかもしれません。まだ新しそうでオシャレな若者向けのスポットという感じです。
 

カドリオルグ(Kadriorg)公園周辺


タリン市内を走るトラムの車両。カドリオルグの辺りで見かけました。レトロな趣きの車両がいい感じです。
 
トラムは利用しなかったので路線などよく分かりませんが、私たちはカドリオルグより少し先までバスで行き、歩きながら街に戻る途中でカドリオルグ公園周辺を散策しました。
 

カドリオルグ公園内ではこんな標識も見つけました。何?リス注意ってこと??可愛すぎー!
 

 

上の2枚の写真はカドリオルグ公園内で見つけたカフェ。
 
私たちのような観光客だけじゃなく、地元の(優雅な)マダムたちにも人気なようなカフェでした。ソファの座り心地が良くてもっと長居したかった!
 
カドリオルグ公園はかなり広い敷地で宮殿もあり、春から夏にかけては市民の憩いの場となる場所。頑張れば旧市街から徒歩で行けないことはない距離にあります。
 
冬は寒いので公園でのんびり、とはできませんが、暖かい時期にタリンに行かれたらオススメなところです。
 
 
Katharinenthal
A.Weizenbergi 22, 10127 Tallinn, Estonia
火-金 8-20、土日 10-20 月曜休
http://www.katharinenthal.ee/en/


 

タリンの日常生活を垣間見る


ここはカドリオルグからもそう遠くはない、何ということもない住宅街の高台からの眺め。普通にスーパーがあり、その先には新市街の近代的なビルが見える風景。
 
こういった特筆すべきでない風景って忘れがちだからカメラに収めておいてよかった気がします。
 
トップの写真も街中で見た普通のアパート。旅をしても一番忘れがちな何でもない風景も意識してカメラに収めると後で振り返る時が面白かったりします。
 

ここは旧市街の壁のすぐ外にあるショッピングセンター(=Viru Keskus)。
 
ここの地下にはバスターミナルがあって、タリン市内のいたるところに行けます。ある意味こちらもタリン市民の日常の場。
 

このショッピングセンター内のカフェで一服。フィンランドのチェーン店「Robert’s Coffee」もあったけど、せっかくなので見たことのないお店へ(Wayne’s Coffee)。
 
でも調べたらストックホルムに本社があるチェーン(フランチャイズ)のコーヒーショップでした。可もなく不可もなく、と言ったところかな。
 

帰りのタリン空港にて


今回の旅の計画を立てている時に初めて知ったのが、「Skype」がエストニア生まれだということ。
 
エストニアはIT産業が盛んで、駐車場代を携帯で支払ったり、様々なことがオンライン化されています。選挙もオンラインでできるとか!
 
街中でもあちこちでwifiスポットがあります。それが無料なのも当然で、この点では日本のはるか先を行っているんじゃないのかな~。
 
上の写真は帰りのタリン空港で見かけたスカイプフォン。使い方はよくわからなかったけど、さすがスカイプ発祥のお国ならではな設備です。
 

近代的な部分が目立つエストニアだけど、タリン空港は小ざっぱりしすぎて、言い方が悪いけどちょっと陰気な感じでした。
 
でもSkypeのような進んだ部分とソ連時代を思わせるレトロな部分が交わっているのがエストニアの魅力のひとつなのかもしれない、とエストニアンエアーの古めかしい雰囲気のする航空機を見て感じたのでした。
 
 

Advertisement

コメントはこちらからどうぞ