【宮崎】癒されたいあなた!神話の町 高千穂なら神秘も自然も満喫できます

【宮崎】癒されたいあなた!神話の町 高千穂なら神秘も自然も満喫できます

2014年6月の九州旅。
今回は当初訪れる予定にしていなかった宮崎県にある人気スポット高千穂町についてです。宮崎県と言っても一番北に位置し、熊本市や阿蘇からのアクセスの方が断然ラク(冬は積雪に注意!)。なので阿蘇観光の後、高千穂という流れがオススメ。実際にわたしたちもそのように周りました。

九州の人気観光スポットのひとつ「高千穂峡」


日本神話ゆかりの地として知られている宮崎県高千穂町。最近はパワースポットのある地として人気の観光地。まずは高千穂を代表する観光スポットである高千穂峡へ行ってきました。
 
公共交通機関を利用して高千穂へ行くにはバスしかないので、車で訪れるのが一番便利。高千穂峡を巡るのに便利な駐車場は2カ所ありますが、ボート乗り場に近い方の御塩井駐車場にとめた方が一番の名所である「真名井の滝」が近くて便利です。
 
上の写真は駐車場からすぐの橋(御橋)の上から見た真名井の滝です。
 
高千穂峡は遊歩道が整備されているので、少し歩くとよく見る写真スポットに到着します(トップの写真)。やっぱりいい!涼しいというのもあるけど、姿が美しい。
 
この滝周辺でボート遊びをすることもできるようで、ボート漕いでる人を見かけました。
貸しボート情報はこちらから)
 

滝を過ぎても遊歩道は続きます。
 

高千穂峡のある五ヶ瀬川沿いはゴツゴツした岩肌が特徴的で、この写真は違うけど「仙人の屏風岩」というポイントもあります。遊歩道は五ヶ瀬川に沿って敷設されているので、このような風景も目にすることができます。
 
GWなどの連休や夏休み時期はとても混み合うところですが、やっぱり高千穂に来たらここは外せません。夏の夜は真名井の滝と遊歩道のライトアップもあります。
 
 
高千穂峡
宮崎県西臼杵郡高千穂町大字三田井御塩井
Tel: 0982-73-1213
高千穂峡ガイドマップPDF


 

程よい緊張感のある天岩戸神社


古事記や日本書記に記される天岩戸神話を伝える神社として知られる天岩戸神社(あまのいわとじんじゃ)。天照大神を御祭神として祀っている神社です。これが「神話の町 高千穂」と言われる所以なのかな?
 

参道(写真右上)から背筋が伸びるような程よい緊張感があり、鳥居をくぐった後もその心地よさが続きます。あまり神社好きではないけど、ここはポジティブなエネルギーが流れている感じがあって、高千穂で訪れたスポットの中で一番のお気に入りとなりました。
 

こちらは神社から川沿いを10分ほど歩いたところにある天安河原宮(あまのやすかわらぐう)。洞窟の中にお宮と鳥居があり、その周りには積み重ねられた石が無数にある風景に圧倒されます。
 
ここは「天照大神が岩戸に隠れた際、天地暗黒となり、八百万(やおろず)の神がこの河原に集まり神議されたと伝えられる大洞窟」と伝えられる場所。神話に詳しくないのでちゃんと理解はできないですが、神秘的な場所であるのは肌で感じられます。
 

わたしたちが訪れた時、ちょうどテレビの取材をしていました。後で撮影クルーの方たちと話したら熊本のテレビ局で、熊本ローカルで活躍されているお笑いコンビの2人(コンビ名忘れちゃった!ww)が番組進行していました。感じのいい2人だったけど、今でも活躍してるのかな?ご存知の方いらっしゃったら教えてください。
 

天安河原宮へ行く途中にはいくつかお店もあって、そのうちのひとつでお茶のソフトクリームをいただきました。同じ店内には焼き物もたくさん置かれていました。何より、カフェスペースから見下ろす渓谷の風景が素晴らしかったです。
 
天岩戸神社へ行かれたら、この天安河原宮へもぜひ行ってみてください。
 
 
天岩戸神社
宮崎県西臼杵郡高千穂町岩戸1073-1
Tel: 0982-74-8239
http://amanoiwato-jinja.jp


 

雲海スポット国見ヶ丘は運次第?


高千穂で他の見どころといえば、雲海が見られることで有名な国見ヶ丘。標高513mのこの小高い丘へも行ったんですが、このようにうっすら晴れ間が見えちゃうぐらいで雲海には巡りあえず。
 
ちなみに写真は阿蘇方面の風景です。高千穂の観光協会サイトによると、雲海の見ごろは秋の早朝で快晴無風の冷え込んだ日とのこと。
 
訪れた時期(6月)も時間帯(夕方)も全てハズレなので、見られなくて当然だったようで。雲海狙いなら秋に高千穂へ行ってみてください。
 
 
国見ヶ丘
宮崎県西臼杵郡高千穂町大字押方(無料駐車場有り)


 

高千穂に来たら見逃せない高千穂神楽


最後に紹介するのは、高千穂で宿泊するなら見逃せない高千穂神楽です。
 

神楽は高千穂神社内の神楽殿で毎晩行われています。夜8時から1時間かけて、4種の舞が行われました。
 

わたしたちは泊まったホテルの神楽鑑賞券付きプランでチケットを手に入れていましたが、事前予約は行なっていなく当日の夜7時から現地で受付をして鑑賞するスタイルです。会場の収容人数は300人なので、入れないということはあまりないかと思いますが。ちなみに料金は1人700円となります。
 
 
高千穂神社
宮崎県西臼杵郡高千穂町大字三田井1037
問合せ先:0982-73-1213(高千穂観光協会サイト


 

高千穂観光のご参考に

高千穂観光協会http://takachiho-kanko.info
 
宿泊にオススメなのが、「ホテルグレイトフル高千穂」。町の真ん中辺りに位置し、1階にコンビニ(ファミマ)はあるし、まだ新しいようで部屋もクリーン。朝食も郷土料理も含まれたビュッフェ式で良かったです。
 
そのほかの宿泊先は少し高いか古いか、といった感じ。こちらのホテルはビジネスホテル的な気軽なスタイルを好む方ならリーズナブルで使い勝手のいい宿だと思います。(つまりわたしたち好み、というわけです。)
 

 

今回の発見(Discovery)!

今や年間100万人もの人が訪れる人気の観光地、高千穂。神話の町と言われるように独特な空気が漂う神秘的な町でした。1泊だと物足りないぐらい気に入りました。高千穂おすすめです!癒されますよー。
 
 

Advertisement

コメントはこちらからどうぞ