【沖縄】本島の人気観光スポット厳選4選&おすすめカフェ2軒

【沖縄】本島の人気観光スポット厳選4選&おすすめカフェ2軒

2014年6月。九州の後(正確には鹿児島から)は沖縄にも行ってきました。
 
沖縄というとビーチなどでのんびり、という人も多いかと思います。今回紹介するわたしたちの旅はそれとは真逆のあちこち周る忙しい旅(あっ、いつもか、ww)。第一段は沖縄本島の有名スポット4箇所とおすすめカフェ2軒を紹介します。
 

人気観光4スポット

1. 備瀬のフクギ並木道

沖縄本島の北中部から東シナ海に突き出ている本部(もとぶ)半島。この半島周辺には見どころが結構あるのでぜひ訪れたいところ。特に有名&人気なのが「沖縄美ら海水族館」。わたしたちは水族館には特別興味がないので、そのすぐ近くにある沖縄らしい風景が見られる並木道へ行きました。
 

濃い緑色が印象的なフクギ。日本では沖縄や奄美大島などで防風林・防潮林として植えられている樹木。(Wiki情報
 

フクギ並木道を水牛車に乗って通ることもできます。レンタサイクルもあります。
 

のんびり並木道を歩いていたらシーサーを売っているお店を発見。沖縄のどこでも見かけるシーサーだけど、ここのお店にあったシーサーは素朴でアートを感じるつくりをしてました。
 
映画のロケ地としても使われるなど、沖縄らしい風景が今も残る備瀬のフクギ並木道。この近くに宿泊していたら、早朝に並木道を歩くのも気持ち良さそうです。
 
 
備瀬のフクギ並木道
沖縄県国頭郡本部町備瀬626
Tel: 0980-48-2371
無料駐車場有り


 

並木道そばのおすすめカフェ「Cahaya Bulan」


前述の並木道をほんのちょっと抜けるとバリ風な洒落たカフェがあります。それが、カフェ・チャハヤブラン。
 
カフェの前はビーチで目の前に海が広がる絶好のロケーション。訪れた日は風が強かったので店内利用でしたが、テラス席もあります。のんびり休憩にもってこいのカフェですよ。
 
 
カフェ・チャハヤブラン(Cahaya Bulan)
沖縄県国頭郡本部町備瀬429-1
Tel: 0980-51-7272
営業時間:12:00-Sunset(水・木休み)
http://www.cahayabulan.com


 

2. 古宇利大橋&古宇利島

前述の本部半島の東側にある屋我地島(やがじしま)とその先の古宇利島(こうりじま)は道路で繋がっているので、車で行くことができます。古宇利島に繋がる古宇利大橋は無料で渡ることができる長い橋で、見た目の美しさからこの橋目当てでやって来る人も多いとか。
 

訪れた日は薄曇りだったのであまり沖縄っぽくない写真ですが、古宇利大橋は絵になる橋です。ちなみに全長1960m。無料で渡ることができる橋として、山口県にある角島大橋と人気を二分する美しい橋です。(ちなみに無料で渡れる最長の橋は同じく沖縄の伊良部大橋3540mです。)
 
屋我地島からも橋を渡った先の古宇利島からも橋の展望を楽しむことができますが、個人的には屋我地島にある南詰展望所からの眺めが好み。駐車場完備で古宇利大橋の絶景を眺めることができるスポットです。
 
 
古宇利大橋南詰展望所


 
古宇利島にはあちこちにビーチがあり、沖縄らしい美しいブルーオーシャンがどこでも楽しめ人気ですが、ここへ行ったのは今でも人気かな?この岩を見るためでした。
 

全く知らなかったけど、嵐が出演したJALのCMで有名になったとのことで大人気の観光スポットになったそう。
 
古宇利大橋を渡って到着した地点から正反対の島の北側にあるティーヌ浜(ティーヌビーチ)にこの2つの岩はあります。沖縄のビーチは駐車場を払うところが多いですが、ここも同じで1時間300円の駐車料金がかかります。この2つの岩が重なると、、、
 

このようにハートに見えるのでハートロックと呼ばれています。左手にある1つの岩だけでもハート型に見えるけど。ww
 
人気だ、とは聞いていたけど、本当に多くの人がこのハートロックを見にティーヌ浜に来ていました。干潮の時には岩の周辺も干上がって、岩まで歩いて行けるみたいです。ハートロックは海に浸かっている状態の方が美しいと思いますが。
 
 
ティーヌ浜

 

3. 沖縄最北端「辺戸岬」


写真だけ見てもどこだか分かんない!ww
 
端っこ好きな人に特にオススメなのが、沖縄本島最北端の辺戸(へど)岬。「〇〇最北端」とかいう響きが好きで、一番端っこまでやって来たんだ、という達成感が味わえるスポット。いい天気なら鹿児島県の与論島も見えます。訪れた時は天気が良かったので、与論島もよく見えました。
 
沖縄本島は那覇や中部ぐらいまでは道が混み合うこともあるけど、本部半島から北は気持ちよく車で走ることができるので、最北端と言ってもそれほど遠くは感じません。
 
 
辺戸岬


 

本島北部のおすすめカフェ「Canaan Slow Farm」


上記の辺戸岬から近いわけじゃありませんが、本島北部の東海岸に行かれたら、ぜひ立ち寄って欲しいのがこちらのカフェ「カナンスローファーム」。カフェと宿泊施設があります。宿泊施設に関しては下記のリンクをご参照ください。
 

 
こちらは辺戸岬から東海岸を南下していた時に偶然発見したカフェでした。エコやスローフードにこだわった居心地のいい場所。頂いたジンジャーエールとレモンジュースも地元でとれたオーガニックのもので暑い最中に飲んで疲れがとれる味。オーナーの女性も素敵な方でした。ヘルシー&エココンシャスな方に特におすすめです。
 
 
カナンスローファーム(Canaan Slow Farm)
沖縄県国頭郡東村平良863-2
Tel: 0980-43-2468
営業時間:11:30-15:00(木曜休み)


 

4. 識名園(世界遺産)


沖縄にある世界遺産スポットで一番有名なのは「首里城」かと思いますが、この時は時間の都合で那覇市内で1箇所しか行く時間しかなく、選んだのはこちらの識名園(しきなえん)でした。この選択は大正解で日本庭園とは一風変わった素敵な庭園を満喫できました。
 
ちなみに沖縄県にある世界遺産の総称は「琉球王国のグスク及び関連遺産群」といい、全部で9箇所あります。
 

閉園近い時間帯&降雨の後というタイミングだったからか、ほとんど人がおらず、庭園内も程よく湿っていて良い条件でした。
 

池には六角堂(中国風の東屋)、池の脇には御殿(沖縄読みではウドゥン)があります。
 

この赤瓦屋根の御殿の中も見学できます。日本風でもあり、中国風でもあるけど、やはり沖縄らしいと言うべきなのか?
 
沖縄に行くまでこの識名園のことは知りませんでしたが、こんな素晴らしい庭園があるとは。日本庭園好きなら気にいるはず。超おすすめスポットです!
 
 
識名園
那覇市真地421−7
Tel: 098-855-5936
開園時間:9:00-18:00(4-9月)9:00-17:30(10-3月)・水曜休み
入園料:400円


 

今回の発見(Discovery)!

今回紹介したどのスポットも楽しかったけど、特に最後の識名園が気に入りました。沖縄滞在最終日は那覇で過ごすことが多くなるかと思うので、最後の締めに琉球ガーデンを楽しんでみてください。
 

 
 

Advertisement

コメントはこちらからどうぞ