【イギリスレストラン】湖水地方での食事ではいい意味で裏切られます

リンボウ先生(作家の林望センセイ)が書いたエッセイのタイトルでもある「イギリスはおいしい」。皮肉でもなんでもなく、昔とは違ってイギリス・湖水地方での食事はとても美味しかったです。   確かに昔、私が語学留学生だった頃の外食は中華かインド料理じゃないと、という感じでした。何を思ったか、その当時ロンドンでイタリア料理店に入った時に注文したスパゲッティは食べられたものじゃなかった…。アルデンテをかなり通り越し、のびすぎたパスタにソースの味がしないって。それをみなさんナイフとフォークで食べてるのを見て、「イギリスでイタリアンには入らない!」と決意したものです。

【イギリス】アンブルサイドのB&B「Elder Grove Bed & Breakfast」をおすすめする6つの理由

2014年11月湖水地方の短期旅行での宿泊先はアンブルサイドというほぼ湖水地方の中央に位置する周遊しやすい町のB&B「Elder Grove Bed & Breakfast」でした。   B&Bはご存知の方も多いでしょうが、ベッド&ブレックファーストの略で朝食付きの宿泊施設のことです。湖水地方にはこのアンブルサイドだけでなく、最大の湖の湖畔の町ウィンダミアなど他にも拠点になる町はあり、大人気の観光地なので星の数ほどある宿から選んだB&Bはとても素敵で誰にでもおすすめすることができます。

【イギリス】湖水地方のバックグラウンドを理解してから湖や山、滝を見るとさらに楽しい!

湖水地方といえばもちろん湖。多くの湖が点在しており、その他にも山、川、海岸線ありとまさに自然の宝庫です。   湖水地方は英語で「The Lake District」ですが、マンチェスタ空港からこちらへ向かうモーターウェイ(高速道路)での表記は「The Lakes」。大文字で湖と言うとこの地域のことを指すことは知らなかったので面白い表現だと思いました。

【イギリス】羊好きにはたまらないイングランド湖水地方

2014年11月。5日間イギリスの湖水地方へ行ってきました。   イギリスらしいといえばまさにそのとおりの雨、あめ、アメの日々でした。日没時間も既に早く、午後4時過ぎには真っ暗になってしまうので、自然の宝庫の湖水地方ではその雄大な自然を楽しむ時間も短く、1日が過ぎるのがあっという間でした。

【フランス】秋雨降るフランス第二の都市リヨンでの数時間ステイ

  • 2014.11.12

フランス第二の都市であるリヨン。   フランスに来た2011年に日本領事館に用事があり訪れたきり。その後、領事手続きはリヨンまで行かなくてもジュネーブ近郊に住む日本人はジュネーブにある領事館で行なってもらえることがわかり、リヨンに行く理由がなくなりすっかり足が遠のいていました。   この日は夫のパスポート更新に秋雨降る中ついて行き、数時間だけリヨンの街を楽しみました。

【フランス】フレンチスキーリゾートMegève(ムジェーブ)での楽しみ方

スキーをしない人でも楽しめるスキーリゾート「Megève(ムジェーブ)」。   自宅からもそれほど遠くはない(同じオート=サヴォア県にあります。)、フレンチアルプスで最初にスキーリゾートとして作られた町です。モンブランをのぞむシャモニーにも近いリゾート、と言っても日本ではあまり知られていないムジェーブを訪れる前に知っておくといいチェックリストを交えながらお伝えします。

1 37 41