【松本】民芸の暖かみを感じられる落ち着いたホテル花月

【松本】民芸の暖かみを感じられる落ち着いたホテル花月

2018年2月。松本では1泊しました。
その際はわたしの両親も名古屋からやって来るという計画だったので、いつもわたしたちが泊まるようなビジネスホテルタイプはやめて、観光らしいホテルを探していたところ、松本らしい素敵なホテルを発見。もちろん初めてだったので、ホテルのサイトやレビューどおりのホテルなのかどうか到着するまで少し不安でしたが、それは杞憂でした。今回はお勧めできる松本のホテル「ホテル花月」を紹介します。

一歩入れば松本民芸の世界が広がるホテル


夜に撮ったホテル花月の外観。写真がぶれてわかりにくいですが、外観は古さを活かしたシンプルさ。2016年にリニューアルしたようで、古く感じる箇所もありますが、全体的には新しさを感じます。
 

ちなみにホテルの前には女性が好みそうな可愛らしいブックカフェがありました。たたずまいがなんとも言えずいい感じです。
 

トップと上の写真がレセプション前のロビーの様子。松本らしい民芸家具が置かれ、落ち着いた色合いです。利用したのが2月だったので、ひな飾りもされていました。
 
チェックイン時間よりずっと早く到着したので、荷物だけ預かってもらいました。その後、チェックインの際はロビーの民芸家具に座り、お茶とお菓子をいただきながらの手続き。チェックインまですでに結構歩き回っていたのでホッとした瞬間でした。
 
また、両親がチェックインする際はホテルのコンシェルジュの韓国人女性の方が松本のこともあれこれ教えてくれました。彼女は日本語も英語も堪能でユーモアセンスに溢れたキャラクターなので、誰とでもうまくコミュニケーションが取れる方。彼女は仕事中だけど、もっとおしゃべりしたいな、と思えるほど話が尽きませんでした。ホテル花月において彼女の存在はとても大きいんじゃないかと思います。
 

快適さを求めるなら本館の部屋が良さそう


宿泊したホテルの部屋はこんな感じ。しろを基調としたとてもシンプルなお部屋。わたし好みです。
 
ホテル花月の部屋は本館と旧館に別れていて、予約時にどちらのどのタイプの部屋かが選択できます。
 
ホテルを決める際にはいつも「TripAdvisor (トリップアドバイザー)」のレビューを参考にしますが、そこであまり良くない意見を見ると、大概旧館の部屋に泊まった人によるものでした。
 
本館の部屋は天井が高く、ボックス型のシンプルな作りであるのに対して、旧館の部屋は天井や壁に傾斜があり、ベッドから起き上がると頭をぶつけてしまうこともある作りの部屋もあるようで、、、。(サイトの写真でも確認できます。)
 
うちの場合は特に夫(写真家)が背が高いのでややこしい作りの部屋だと間違いなく頭をどこかにぶつけるな、と思い、迷わず本館の部屋を予約しました。
 
宿泊した部屋では何の問題もなく快適に過ごせたので、特に背が高い人は本館の部屋を予約した方がいいかと思います。
 

あと、とても気に入ったのが、バスルームにあったシャンプーなどのアメニティ。シャンプー、コンディショナー、シャワージェルの香りが素晴らしく良かったです。もちろん使い心地も。こちらのホテルのオリジナル商品のようですが、シャンプーなどの香りがいいと、わたしの中ではいつもいい印象なホテルとなります。
 
タオルの肌触りも気に入りました。
 

ディナーも朝食も素晴らしい


普段、夫と2人で泊まる時は夕食付きを選択することはほとんどないですが、今回は両親と一緒だったので彼らの希望に応えて朝食・夕食付きのプランで予約しました。
 
写真はホテル内のレストランの様子。朝食も同じレストランでいただきます。レストランは長野ローカルの食材をできる限り使ったフレンチ風な料理がメインですが、信州牛のすき焼きコースというのもあったので、そちらのコースを選びました。
 

すき焼きコースなので、ほとんどフレンチっぽい料理はなく、和なメニューでした。量的には女性では食べきれないほど。味は感激するほどではなかったけど、美味しかったです。
 

こちらのレストランではワインもたくさんあるようですが、料理的に日本酒の方が良さそうだということで、2種類の地酒を男性陣は飲んでました。ソムリエの方がいて、ワインだけじゃなく、日本酒のことも知識豊富で美味しいお酒を勧めてもらえました。
 

朝ごはんはビュッフェ式。結構人がいたので、料理台の写真は撮れず、自分の取り分の写真だけになりますが、器などの備品が素敵。ビュッフェの見せ方もセンスが良くて、食欲が湧いてくる並べ方でした。
 
ホテル花月は全体的にアートのセンスがあり、もちろん清潔感もあるので、居心地がよかったです。
 
チェックイン時や朝食時などに見かけた他の宿泊客はほとんど外国人といった感じでしたが、落ち着いた客層でした。このような特徴あるホテルだと外国人観光客には受けるだろうなと感じました。英語が堪能なコンシェルジュさんもいるから余計に人気かも?それにしても松本がここまで外国人観光客に人気なところだとは知りませんでした。
 
 
松本ホテル花月
松本市大手4-8-9
Tel: 0263-32-0114
http://matsumotohotel-kagetsu.com
 

 


 

今回の発見(Discovery)!

ホテル花月のいいところは、松本城まで徒歩4分。人気の中町通りまでも同じ、というロケーションの良さもあります。駅からは少し離れてるけど、荷物が多くなければ歩ける距離。何より民芸に囲まれて過ごす落ち着いた時間がいいです。松本に泊まるならぜひホテル花月へ。
 
 

Advertisement

コメントはこちらからどうぞ