【中国】杭州にあるもうひとつの知られざる湘湖(Xianghu)は超穴場です!

【中国】杭州にあるもうひとつの知られざる湘湖(Xianghu)は超穴場です!

中国・杭州での最大の見どころは口が酸っぱくなるほど申し上げているとおり「西湖」です。ただひとつ難なのが、人が多いこと。12月というどちらかというとオフピーク時期に訪れましたが、それでも湖畔は中国全土からやって来る観光客で溢れかえっていました。春から秋にかけてはどうなるのか想像するだに恐ろしい、、、。
 
そんな西湖の喧騒から逃れることができる超穴場な湖が杭州にはもうひとつあります。今回はその静寂に満ちた湘湖(Xianghu)を紹介します。

湘湖への行き方


夫(写真家)が、「杭州の南に地下鉄で行ける湖がもうひとつあるから行きたい!」と言われ、発見が好きなのですぐに同意しました。
 
そう、夫が言ったとおり、湘湖へは地下鉄で簡単に行くことができます。杭州メトロの1号線の南の終点であるその名も「湘湖(Xianghu)駅」で下車してからちょっと歩かないと行けないですが。地上に出て、風情大通を南に真っ直ぐ行き、大体徒歩20-30分ほど。トンネルを過ぎたらそこが湘湖です。
 
写真は杭州メトロの龍翔橋(Longxiangqiao)駅のホームの様子。杭州メトロはわたしたちが訪れた時点(2017年12月)でちょうど5年経ったところ。というわけでまだピカピカな感じでした。
 

地下鉄車両はこんな感じでした。終点間際に撮ったので流石にがら空き。駅の構内もそうだけど、車両の中も清潔です。観光スポットへ地下鉄で行けるようになるとより便利で快適だろうなと感じました。
 

西湖の小型版な湘湖


 

午前中に到着したこともあり、ほとんど人はおらず本当に静かでした。西湖よりは随分小さいですが、湘湖に渡る橋の多くは同じようなデザイン。これらの橋の上を人が歩いていない写真は西湖ではかなり早朝でない限り撮ることができません。それだけでもここが静かで落ち着く湖だというのがわかります。
 

右手に見える楼閣のひとつはカフェになっていて、店の前にもテーブルが並んでいました。お茶はしなかったけど、欄干の上に座ってしばし休憩。その間も地元の人らしい赤ちゃん連れの家族が周りにいただけでいたって静か。なんとも贅沢な空間と時間を楽しむことができました。
 

この橋は絵になるからか、誰もが写真撮影をするためにストップしてました。ここだけ人がいなくなるのを見計らう必要があったぐらい。
 

湖畔には感じのいいレストラン(カフェも?)があります。敷地内の外にテーブルが並んでいたので、お茶でもできるのかな、と思いお店に入ってメニューを見せてもらいました。
 

外から見たレストランの様子。
 
レストランの外観からも想像できますが、メニューを見たらかなりなお値段!雰囲気的にカフェではなく食事をするところだな、と察し利用はせず退散してきました。
 

わー、グロい写真ですみません!
 
同じレストランの敷地で干されていた魚。こんなのが食べられるレストランのようです。でも雰囲気はすごくよかったです。
 

また湖畔には「下孫文化村」という一角があります。なんせ情報がないのでどんな施設が並んでいるのか見て感じるしかできませんでしたが、いわゆる古い街並みを保存した一角なのかな、と言ったところ。
 

こちらもその文化村の中にあるおそらくレストラン。開いてるのかどうかは不明でした。きっと春から秋にかけては賑わうのかもしれません。でもいい雰囲気の一角ではありました。
 

個人的に心ときめいたのは、湖畔でこの野犬の親子?らしき犬たちを目にした時。1匹毛色の違う犬がいるけど、茶系のワンちゃんは母犬と子犬2匹といった感じ。
 
中国では犬を散歩させている人というのは後ほどお話しする上海ぐらいで見かけたぐらいで、杭州では見なかったなー。中国の飼い犬事情は全くわかりませんが、無事に成長してね、と祈るばかりでした。
 

湘湖の案内看板


湘湖の情報は日本語はもとより英語でも見つけられず、訪れて感じたままのことしか書けません。湖畔に立っていた案内看板も適当に撮ったものしかないですが、これから訪れる方に少しは役立つかもしれないので写りが悪いですが載せておきます。
 

今回の発見(Discovery)!

訪れる人がほとんどいないであろう杭州にあるもうひとつの湖「湘湖」。個人でのアクセスがとても楽なのが何より便利。そして西湖の喧騒から逃れるにはもってこいの場所です。12月だったけど、シートを敷いてピクニックしている人たちもいて、のんびりとした雰囲気満載でした。雨降りだと、地下鉄の駅からもかなり歩くのであまり楽しめないかもしれませんが、それ以外ならまた違う杭州の一面を見てみるのも楽しいのではないかと思います。
 
 

Advertisement

コメントはこちらからどうぞ