【アイルランド】ダブリンを訪れたらみておきたいスポット

【アイルランド】ダブリンを訪れたらみておきたいスポット

2012年と2014年9月に2度訪れたアイルランドの首都ダブリン。
訪れる前はあまり大きな期待はしてなかったけど、実際行ってみるとコンパクトなサイズで歩き回りやすいことに加え、街並みや緑の美しさに驚き!さらに意外や意外。食事が美味しい!(食事に関しては別記事にて)今回はまずダブリンらしいスポットを紹介します。

リフィー川の南側が観光スポット


運河のように見えるリフィー川(River Liffey)ですが、通常の河川とのこと。
 
こちらの南側にいわゆる観光スポットが点在しています。川の北側はショッピングセンターなどがある新市街的なエリア。
 
ダブリンは旧市街・新市街と明確にはわかれてはいませんが、目安として覚えておくといいかも。リフィー川沿いも店舗やカフェなど並んでいるので歩くのにも楽しいです。
 

アカデミックな雰囲気が素敵な図書館


ダブリンの街の中心にある歴史ある大学であるトリニティカレッジ(Trinity College)。アイルランド最古の大学で設立はなんと1592年。
 
なぜ2012年と2014年に2度もダブリンを訪れたか、という理由ですが。アロマセラピーを含む植物療法カンファレンスが2回ともダブリンにあるこのトリニティカレッジにて開催されたので、そこに参加するためでした。
 
最初この大学キャンパスに入った時は、このようなアカデミックな雰囲気満点なところでスペシャリストの人たちの話を聞けるだけでなんて素晴らしいんだろう、と感慨にふけったものでした。
 

それはさておき、このカンファレンス会場に向かうたびに横目にしていた行列がありまして。
 
それがカレッジ内で一番人気の観光スポットである大学図書館です。
 
実はサイトで事前にチケットが買えると知ったのは列に並び始めてからでしたが、それほど待たずに入場できました。
 
ここの目玉は「ケルズの書(The Book of Kells)」と呼ばれている世界で最も美しい本とも言われる古書。この書が展示されている箇所は写真撮影禁止だけど、当然ながら書の周りには人がいっぱい。横からちらっと見ただけでしたが、わたしとしては昔見た大英博物館のロゼッタストーンを見たときのように「昔、教科書かなにかで見たな」と確認する感じ。
 

わたしが一番見たかったのは上の写真にもあるオールドライブラリーの「ロングルーム(The Long Room)」と呼ばれるその名の通りの長細い図書室。
 
20万冊にも及ぶ蔵書があるロングルームは長さ約65m。1712年から1732年にかけて最初にこの図書館が建築された時は平屋建てだったとこのことですが、1850年までに蔵書がいっぱいになり、1860年に2階部分を増築し現在のような2階建て構造になったとのことです。
 

また、このような大理石でできた胸像がロングルームの1階部分の両側に並んでいます。
 
西洋の有名な哲学者や作家、有名、無名に関わらずトリニティカレッジに関わりのある人がモデルとなっているとのこと。アイルランドの風刺作家ジョナサン・スイフトの胸像が最も出来がいいとされているそうですが、上の写真にある胸像はもしかして、ギリシャの哲学者アリストテレスかも?
 

訪れた時はアイルランドの歴代の王様にまつわる話が書かれた垂れ幕がずらっと並んでいて、写真を撮るにはかなり邪魔でした。何もない普通の状態がよかったけど、まあ仕方ないです。
 
目を凝らしてみると、傷んだ蔵書も味わいがあって素敵。図書館ならではの独特の香りもあり居心地がよかったです。これで入場料14ユーロは妥当な価格でしょう。
 
トリニティカレッジオールドライブラリー(The Book of Kells)
https://www.tcd.ie/visitors/book-of-kells/


 

都会のオアシス的な公園「セントスティーブンスグリーン」


トリニティカレッジから少し南に行ったところにあるセント・スティーブンス・グリーン(St Stephen’s Green)。結構大きな公園ですが、お散歩するのがとても気持ちのいい、都会のオアシス的な存在。
 
2014年に訪れた時はホテルがこの公園のすぐ近くだったので、滞在中なんどか通り過ぎ、いつもいい気分にさせてもらいました。
 

お花が植えられている箇所もあったけど、シンプルなグリーンや池の部分が個人的には心地良かったです。トリニティカレッジでも感じたけど、ダブリンの芝生やグリーン(草)は緑色がとても鮮やかな印象。それが余計に気持ちよく感じる理由だったのかもしれません。
 
セント・スティーブンス・グリーン(St Stephen’s Green)


 

アイルランドの象徴的な大聖堂


上記のセントスティーブンスグリーンから少し西へ行くとかなり大きな大聖堂が見えてきます。
 
アイルランドの守護聖人として有名な聖パトリック。3月半ばにある聖パトリック・デイのパレードは世界各地で行なわれるので耳にしたことがあるかと思います。
 
アイルランドといえば的な名前を冠した大聖堂なので一度見ておきたいと思い行ってみました。(中に入る時間はなかったけど。)
 
中に入っていないので、どれほど荘厳な大聖堂なのかはわかりませんが、周辺にはのんびりした雰囲気があり人々の生活に根付いているんだな、という印象を受けました。
 
聖パトリック大聖堂(St Patrick’s Cathedral)
https://www.stpatrickscathedral.ie


 

飲んべえじゃなくても見ておきたいテンプル・バー


トップにある写真がテンプル・バー(Temple Bar)という名のパブで、この辺り一帯がテンプル・バーと呼ばれるパブやレストラン、カフェが並ぶエリアです。
 
パブのテンプル・バーは観光名所でもあるので、いつ行っても店の周辺にはたくさんの人で溢れかえっています。他のパブも似たような感じだったりしますが。
 

アイルランドといえば、ビールはギネスビール。わたし自身はあまり好みじゃないけど、クリーミーでビターな味は独特。ダブリンに来たら一度試してほしいです。
 

ダブリンのパブで独特なのが、生演奏のライブが大概の店で行なわれていること。たまたま訪れたパブの演奏はそれほどうるさくなく心地よかったですが、店やミュージシャンによっては大音量&客も踊り出しての大盛り上がりとなることもあるのでかなりやかましいです。
 
飲みに行った時だけとか、テンプル・バーを歩いている時だけなら、賑やかで楽しそうだな、で終わるんですが、ここで注意事項がひとつあります。
 
2012年にダブリンを訪れた時は価格やロケーションの良さでテンプルバーエリアにあるホテルを予約したんです。思いっきり週末だったこともあり、毎晩ホテルの1階にあるパブや周辺のパブからの大音量の音楽で眠れたもんじゃなかった!
 
平日はどうかわかりませんが、週末にダブリンに泊まるならテンプルバーエリアだけは避けたほうが身のためです。
 
テンプル・バー(Temple Bar)
https://www.thetemplebarpub.com
 

今回の発見(Discovery)!

ダブリンはコンパクトな街なので、トラムやバスもありますが、基本徒歩で歩き回れます。
今回紹介したスポットは全て徒歩で行ける範囲のスポット。他にもダブリン城などもありますが、街歩きだけでも充分楽しいところ。レンガ造りの街並みがイギリスに似ていてイギリス好きな人の心もくすぐるはず。ダブリン歩きの参考になれば嬉しいです。
 
 

Advertisement

コメントはこちらからどうぞ