【アイルランド】ダブリンの美味しいレストラン&カフェ3選

【アイルランド】ダブリンの美味しいレストラン&カフェ3選

2012年と2014年に2度訪れたアイルランドの首都ダブリン。
当初全く期待していなかった食事ですが、いい意味で裏切られました。アイルランドは美味しい!(ちなみにイギリスも近頃は美味しいのです。)
ダブリン以外でも美味しい食事ができましたが、今回はダブリンで食べた美味しいものを紹介します。

計4度も訪れた超お気に入りのレストラン


2012年に訪れた時は、わたしも夫(写真家)も初めてのアイルランド。というわけで行き当たりばったりで適当に入ったレストランだったのですが、合計4回も訪れるほど気に入ってしまった「Millstone」。
 

写真右上がスターターの季節のスープ。イギリスにいた頃からのお気に入りが、”Soup of the Day”というメニューで、スープにパンだけ付いてくるこのシンプルメニュー。クリーミーで美味しかったです。
 
メイン(写真右下)はチキンとエビの「ピリピリ」(英語表記も”piri-piri”となってた)、という名前に魅かれて注文。名前どおりかなりピリ辛!美味しかったけど、かなりの量で食べきれませんでした。
 
夫は豪快なビーフステーキ(写真左)。硬そうに見えるけどそうでもなく、ジューシーで肉の旨味がギュッと濃縮された美味しいステーキだったようです。
 
街を歩いてたらあちこちのレストランで「Early Bird Menu」のサインが店の前にありました。つまり、19時までに入店するとお安く2コース、3コースが頂けるスペシャルメニューを用意しているお店が多い。そしてこの「Millstone」にもそのサインがありました。
 
初回利用の際はすでに19時を過ぎていたけど、2014年に再度利用した時はしっかりこのシステムを利用しました。(2018年現在同じようにEarly Bird Menuがあるかは不明。)
 

メイン(写真左)はアイリッシュギネスビーフシチュー。これぞイメージするアイルランド料理。それほど寒くはない夜でしたが、冬に食べるとなお美味しく感じるメニューです。
 
この時はそれまでデザートにたどり着けなかったので、メインとデザートの2コースにして、チーズケーキをいただきました。
 
トリニティー・カレッジそばで大きな通り沿いなので見つけやすいはず。メニューにハズレがないので安心できるし、生演奏もあるけど、うるさすぎず心地よい音楽が流れているので居心地ところもポイント高し。ダブリンでアイルランド料理を、と思ったらここおススメします。
 
 
Millstone
39 Dame Street, Dublin 2
Tel: +353(0)1 679 99 31
http://www.millstonerestaurant.ie


 

フィッシュ&チップスならここ


アイルランドはイギリスと文化が似ているので、フィッシュ&チップスのお店も至る所にあります。
 
こちらは1913年創業の老舗フィッシュ&チップス店「Beshoff」。肝心の料理はなぜか撮らなかったので、店内写真のみ。
 
トレイに敷かれた紙に書かれていましたが、質のよい魚を厳選して新鮮なもののみ提供しているとのこと。創業者一族は軒並み長生きだったのはこの良質な魚を食べていたからだ、と。(ホントかな?)でも確かにお魚は美味しかったです。
 
 
Beshoff
6 Upper O’Connell Street, Dublin 1
Tel: +353 (0)1 872 4400
http://www.beshoffrestaurant.com


 

ショッピング街にある老舗カフェ


2014年に訪れた際も前回お話ししたとおり、植物療法カンファレンスへの参加が理由でした。
 
その時、ニュージーランドで通った自然療法の学校でのクラスメイトと再会できたのも嬉しかったですが、一緒に入った老舗カフェもよかったんです。
 
おそらくダブリンのガイドブックに載っているんじゃないかな?老舗のカフェ「Bewley’s」。インテリアもクラシカルで落ち着いた雰囲気です。
 

カップにもあるように1840年創業。ショッピングストリートであるグラフトン通り(Grafton Street)にあり、その通りをホテルからカンファレンス会場であるトリニティーカレッジに行く際、毎日通っていて気になっており、カンファレンス最終日にようやく行けました。
 
いただいたのは紅茶とブルーベリー・アーモンドタルト。お菓子もずっしりしていたけど、紅茶もたっぷりだったので結局これがこの日の夕食となっちゃったぐらい。
 
友人とは5年ぶりの再会。彼女はフランス人でずいぶん若い頃にNZに移住し、英語もそれほどフランス語訛りはなく聞き取りやすい。彼女に「フランス語で会話してみる?」と言われたけど、その案はすぐさま却下。ww
 
フランス語のアドバイスも少し受けながら、アロマの話、ビジネス話、NZのパスポートを取った話など結構長い時間話すことができ楽しかったです。
 
そのパスポート取得話で知ったのが、NZはイギリスのエリザベス女王が君主である国なので、取得の際に女王に忠誠を誓わなければならないとのこと。もちろん形式的なものだけど、「フランス人である私にとってはこれがひっかかっていたから長年パスポートを取らなかったのよ。」と。
 
やっぱりイギリスとフランスは因縁が多くややこしい関係なんだな、と感じました。
 
 
Bewley’s
78- 79 Grafton Street, Dublin 2
Tel: +353 (0)1 564 0900
https://www.bewleys.com/ie/grafton-street-cafe/


 

今回の発見(Discovery)!


2度訪れたどちらも9月初めでしたが、すでに秋色になっている葉っぱも見られたダブリン。ダブリンは秋の訪れが住んでいるフランスよりも少し早いです。なので夏以外はシチューのような温まる食事がしたくなるもの。
 
今回お話しした「Millstone」はリーズナブルで美味しいレストランなので本当におすすめです。
 
 

Advertisement

コメントはこちらからどうぞ