【アイルランド】ダブリンから大西洋側までの1日バスツアーに参加してみた

【アイルランド】ダブリンから大西洋側までの1日バスツアーに参加してみた

2012年にダブリンを訪れた時はダブリン滞在のみだったこともあり、車を借りることもありませんでした。
でも街中だけをめぐるのが好きじゃない夫(写真家)が知らない間に1日バスツアーを申し込んでたので参加することに。アイルランドは大きな国じゃないけど、東海岸沿いのダブリンから横断して大西洋側まで行くという壮大なツアー。さてどのような風景が楽しめたのでしょうか?

ツアー予約は観光案内所で

夫(写真家)はダブリンの観光案内所(Visit Dublin)のオフィスでツアー予約をしたとのこと。
 
実際のツアーは各オペレーターによって遂行されますが、観光案内所であれこれツアーを吟味してからがいいかも、です。もちろん「Visit Dublinのツアー」ページで事前にどんなツアーがあるのかチェックしておくのもいいでしょう。
 

Molly Malone Statueのサイトから画像をお借りしました。)
 
多くの1日ツアーの発着地点は観光案内所近くにある「モリー・マローン像(Molly Malone Statue)」となることが多いです。観光案内所へ行くのにもこの像を目印にして行ってみてください。
 
Visit Dublin(観光案内所)
25 Suffolk St, Dublin 2
Tel: +353 (0)1 850 230 330
https://www.visitdublin.com


 

参加したツアーで訪れたスポット

2012年9月時点で参加した1日ツアーは、朝8時ダブリン発、夜8時ダブリン着。アイルランドを東から西へ横断する行く長丁場のツアー。わたしは小国を訪れる旅が好きなんですが、端から端まで1日で行けちゃうというのも小国ならでは。こんなところも小国が好きな理由。
 

わたしがイメージするアイルランド像のとおり、ツアー当日は「天気が悪い。アイリッシュ音楽みたいに少し物悲しい。」という思い描くイメージぴったりな曇り後雨、という天気でした。
 
写真の可愛らしいコテージがあったのは、キンバラ(Kinvarra)という西海岸の小さな町。
 

コテージ近くにある「デューングラ城(Dunguaire Castle)」が最初のスポット。天気が悪いせいもあるけど、少し物悲しい、というアイルランドのイメージそのものでした。
 

でもお城の中のお土産屋にはこんなキュートなマグカップがありました。大好きな羊にアイルランドカラーの緑。横の白黒バージョンもいい感じ。
 

この石壁が続く風景があるところは、「The Burren」と呼ばれる岩がゴツゴツとした風景が広がる一帯。廃墟の修道院の建物があったりもしますが、基本的自然豊かで、みなさんウォーキングなどをして楽しむところ。
 
ツアー当日の天気もあり、物悲しい雰囲気満載でここでもアイルランドを感じることができました。
 

さて、こちらがツアーのメインである「Cliffs of Moher(日本語ではモハーの断崖)」(トップの写真同)。このツアーだけでなく、アイルランドの観光スポットでも一番有名と言える観光名所です。
 
写真は南向きに見た風景。晴れてる風景もいいだろうけど、これはこれでいい気がしました。日本でいうと、荒れた日本海みたいな、そんなイメージで。
 

こちらはオブライエンズタワー(O’Brien’s Tower)という展望台。絵になる建物です。
 

この時初めて目にした大西洋。中ほどに写ってるのはアラン諸島です。思えば遠くへ来たもんだ!
 
19世紀の初めの飢饉で多くのアイルランド人がアメリカに移住したという話を思い出して、この時しばらく思いにふけてました。そのイメージが物悲しさを助長するのだろうけど、それを表現していると思われるアイリッシュ音楽は大好き。ダブリンのパブで演奏されていたのは、うるさい時もありながら、全てアイリッシュ音楽で聞いていて心地よかったです。
 
Cliffs of Moher
https://www.cliffsofmoher.ie
(ツアー料金に入場料は含まれますが、個人で訪れる際は入場料がかかります。詳細はサイトを確認してください。)


 

ツアーで行けなく2014年に自力で行ったスポット


2012年にこのバスツアーに参加した時に、訪れるスポットリストに入ってるのになぜかドライバーが削除したスポットがこちらでした。この近くまで行ったのに素通りされ、すごく残念な思いをしたところ。
 
なので2014年にこちらへは自力で行きました。(車があれば楽々行けます。)
 
結構有名なモニュメントなので、ご存知の方もいるかも?クレア郡のバレン(The Burren)にある「Poulnabrone Dolmen」と呼ばれる墓石です。日本でいう古墳のようなものでしょうか。もう少し大きいものだと思っていたけど、案外小さめ。このドールメン(日本語で支石墓)は約5000年前にできたものらしいです。アイルランドにはこのドールメンが大小いくつも残って他の場所でも見かけました。
 

ドールメンの周りにはこのようなのんびりした時間が流れています。
興味がある方はぜひ!


 

ドゥーリンでランチ


ランチでは上記のCliffs of Moher近くの小さな村「ドゥーリン(Doolin)」にあるパブでいただきました。田舎にあるパブは温かい雰囲気なのが好き。
 

注文したのは「Soup of the Day」。野菜のポタージュに添えられたライ麦パンだったと思うけど、バターをつけなくてもいい味があってとても美味しかったです。こういうシンプルなメニューが一番好きです。ランチ代はツアー料金に含まれないので自腹です。
 

今回の発見(Discovery)!


参加したツアー料金は覚えていませんが、大体50ユーロ前後。初めてのアイルランド旅ならざっと国の概観を知るのに、こういったツアーに参加するのはいいものだと思いました。ただ時間をかけたいと感じたところで個人行動ができない、という難点はやはりあります。
 
ツアーは時間のない人には特に便利。ダブリンもいいけど、他にもたくさんの魅力あるアイルランド。なのでツアーを利用しつつアイルランド旅をぜひ楽しんでください。
 
 

Advertisement

コメントはこちらからどうぞ