【ドバイ】での定宿にしたいロイヤルメリディアンビーチリゾート&スパ

【ドバイ】での定宿にしたいロイヤルメリディアンビーチリゾート&スパ

2018年9月に訪れたドバイ。
今回の旅はいつもの写真撮影がメインの旅ではなく、ホテルでのんびり&ヘルシーに過ごすことが目的だったので、リゾートホテルタイプのホテルに宿泊しました。ホテル選びにはかなり時間がかかったけど、十二分に滞在を楽しむことができたホテルでした。自分たちのニーズにこれほどぴったりなところはないんじゃないか?と思えるほど。そんなドバイのリゾートホテル「ル・ロイヤル・メリディアン・ビーチリゾート&スパ」のお話です。

チェックイン時から好印象のロイヤルメリディアン


フライトの都合で早朝にドバイ国際空港に到着。タクシーで行くことも考えましたが、早すぎるので、ドバイメトロで最寄りの駅(=ダマックプロパティ、Damac Properties)まで行くことにしました。
 
一応メトロの駅からの道順は事前に確認しておいたんですが、なぜかもうひとつのメリディアン(=Le Méridien Mina Seyahi Beach Resort & Marina)にたどり着いてしまい、そこからほんの少しだけタクシーに乗って無事到着できました。トホホ、、、。
 
涼しい時期なら最寄りのメトロ駅から歩ける距離ですが、夏の時期はメトロ駅からでもタクシーに乗った方が身のためです。念のため。
 

ホテルの外観はそれほどですが、一歩中に入るとトップや上の写真にあるようなモダンなインテリアでわたし好み。
 

ロビーの至るところにこのような趣味のいいチェアやテーブルが置かれています。
 
チェックイン手続きの際にはお水やちょっとした甘いものをサービスしてくれました。事前に早く到着することをホテル側に伝えてはおきましたが、部屋の準備もできていたようで、難なくアーリーチェックインさせてもらえました。
 
5つ星ホテルだけあり、荷物は係りの人が部屋まで運んでくれ、別のフロントの人が部屋まで直接案内してくれ、部屋の中の設備やホテル内での食事のことなどあれこれ説明してくれました。
 
ちなみにこのようなサービスにチップを払う必要(義務)はドバイではありません。というのも、観光客はホテルに宿泊するだけでサービス料や宿泊税などかなりの額を支払う仕組みになっているので、チップを払いたいと思えるような素晴らしいサービスを受けた時のみで構わないと思います。
 
それと、部屋の中の設備に少しだけ不具合があることにフロントのお兄さんがいる間に気付いたんですが、すぐにメンテのサービスマンが来てくれ、ちゃちゃっと修理してくれました。このような素早い対応にも感心。スタートから好印象です。
 

部屋は快適そのもの


部屋のバルコニーからの眺め。遠くに見える観覧車は工事中な様子。ドバイはまだまだ開発が盛んであちこちで工事が行なわれています。
 
宿泊するホテルによってはその工事の音が気になるところもあるようで。ホテル探しをしている際に工事の音に関するレビューを徹底チェックした上で、こちらのメリディアンに決定。
 
実は滞在時、ホテルの真横でビルの工事が行なわれていました。ただこちらは工事音はほとんど気になることがなかったので問題なし。景観にクレーンが入り込むのは、もはやドバイの景色の一部として考えるしかないです。
 

部屋はというと、シービューのスーパーデラックスルームを予約。ベッドが置かれた奥まった場所の写真しかないですが、手前側には1人かけソファーが2つ、2人かけソファー1つ。それ以外のスペースもかなり広く、広さは充分。
 
バスルームもトイレ、シャワー、バスタブと全て独立。ひとつだけ難を言うと、シャワーのドアが外側に向かって開けるタイプで、バスマットが置きにくかったこと。それ以外は文句なんて全くない快適そのものの部屋でした。
 
また部屋には最初から4本の水ボトル(500ml)が置かれていましたが、もっと欲しい場合好きなだけ置いておいてくれます。(もちろん常識の範囲内でですが)
 
わたしたちがかなり水を飲むゲストだと分かったのか、いつも10本ぐらい置いてくれました。ww
 
夕方にもターンダウンと呼ばれるルームキーピングをしてくれるのですが、その際いつもチョコレートがベッドの上に置かれていました。滞在時には食べずに帰る時持って帰ろうと溜めておいたのを忘れたのが心残りです、、、。
 

ホテル内の様子


ロイヤルメリディアンは3つの棟に分かれています。右側の棟がメインでフロントがあり、真ん中に写っている筒型のビルがわたしたちが宿泊した部屋がある棟。
 
パラソルが並んでるのは3つあるうちのひとつのプール。こちらはいつも通り過ぎて、、、
 

こちらの一番遠い位置にあるプールばかり利用していました。一番混みごみしてない感じがしたので。
 
プールサイドではひたすら日光浴。でも灼熱の時期なので、パラソルの下にいない限りすぐ暑くなります。で、クールダウンしようとプールに入ると結構水は冷たい。
 
それでも午後は毎日1時間から2時間弱はプールサイドで過ごしました。プールサイドで注文する飲み物は全て有料だけど、ワインクーラー用の容器に氷と冷たいおしぼりを入れたものはサービスしてくれます。これがありがたかった!冷たいおしぼりを頭に乗せながらなら、日光浴もなんとかできる、気温40度以上の午後のひと時でした。ww
 

ロイヤルメリディアンにはフィットネスジムやハマムというトルコ風呂もあります。下の写真がフィットネスとハマム兼用の女性更衣室。
 
ホテル宿泊者は自分の部屋から運動できる格好で来るからここを利用する必要はないけど、こちらのホテルは宿泊者以外もフィットネスメンバーになれるし、ハマム利用するには水着に着替える必要があるので立派な更衣室が用意されています。
 
写真はないけど、このハマムが最高でした!5つの浴槽があり、それぞれ違う温度。最高が38度で最低が19度!一度だけこの水風呂にも挑戦。最初は恐ろしく寒いけど、出た後はなぜか身体が温かく感じる不思議。
 
ジムでもハマムでも好きなだけ水が貰え、タオルもその場で用意してくれるという至れり尽くせりなサービス。ジムではバナナなどのフルーツも出してくれます。こんなジム体験しちゃったら普通のジムに行けなくなりそう。
 
後、写真はないですが、ジムへ行く手前にあるマッサージスパも夫からの誕生日プレゼントとして体験しました。滞在時は午前中のマッサージなら全てのメニューが25%オフ料金になる、ということだったので午前中利用。久しぶりの全身マッサージ+少しフェイシャルマッサージ。とろけそうな時間が過ごせました。
 
ここからはホテル内のカフェやレストラン。
 

ジムやスパに行く手前にある落ち着いた雰囲気のカフェ。ビュッフェじゃなくコンチネンタルブレックファーストが希望な人はこちらでいただけます。
 
いつも空いてて(いいのか?)静かで落ち着くカフェ。滞在中2回利用しました。
 

こちらはロビーの横にあるモダンなカフェ。ロビーと一体化しているので、おそらくどこのソファーに座っても大丈夫なのかと。ただし席によってはエアコンの風が直接当たるので寒いです。
 
滞在時にはコーヒー+エクレアのセットが36ディラム(約1100円)というホテルのカフェとしてはかなりお得な値段設定だったので、それを2回もいただきました。ミルクを豆乳に変更するのもスタバのように追加料金する必要はなし。エクレアも甘すぎずとっても美味しかったです。
 

こちらはスポーツバー。ランチで2回利用したけど、時間的に静かな時間帯でした。ひとつ注意なのが、このスポーツバーだけ店内喫煙が可能なこと。
 
1度目は喫煙している人がいなかったので気づかなかったけど、2度目はプカプカふかしてる客がいたので禁煙席につきました。特に分煙もされていないので、気になる人は利用しないほうがいいかも。
 
でもここのウェイターさん、笑顔がとても素敵な人で2回目にはこちらの食の好みをちゃんと覚えてくれてました。スリランカ人ウェイターさんの優しい笑顔に癒されたので喫煙バーであることも気になりませんでした。(人がほとんどいなかったから良かったとも言えるけど。)
 

こちらがホテル内にあるレストランで一番利用したビュッフェスタイルのレストラン。朝・昼・夜の3食全てビュッフェです。
 
朝ごはんは利用しなかったので、昼に4回、夜2回も行きました。食事内容はインターナショナルで世界各国のありとあらゆるメニューがいただけます。寿司も少しありました。
 
前菜がとにかく美味しくて。メインとなる魚や肉もかなりの種類。わたしたちは特にその場で準備してくれるグリルした魚やチキンを好んで食べてました。シンプルで味付けも薄めなヘルシーなところがとても気に入った点。
 
そして1度利用しただけでサービスの人たちの多くがゲストの好みを覚えているというのが素晴らしい!そして極め付けは、、、
 

誕生日の夜にバースデーケーキをサービスしてくれたこと!後で知ったのですが、これは夫が仲良しになったウェイターさんにお願いしたら、キャンドル付き&ハッピーバースデーソング付きでケーキを出してくれた、とのこと。
 
実は、
 

ディナーの少し前、プールから部屋に戻ったら、部屋にバースデーケーキがメッセージとともに置かれていました。
 
この時は夫がフロントにでも頼んだのかな?と思ってたんですが、彼は何もしてないとのこと。
 
チェックインの際にパスポートのコピーを取られたので、きっとそれでゲストの誕生日をチェックしているんだと思われます。5つ星ホテルならではの心配り。同じ日に同じケーキを2つ食べるのは大変だったけど(w)、心に残る誕生日となりました。
 

ホテル周辺も何かと便利なホテル


暑い夏の時期で多少安めの室料設定にはなっていたものの、やはりそこは5つ星ホテルなので、気軽に泊まれる料金というわけにはいきません。
 
いわゆる素泊まりプランで宿泊したので、食事は全て別料金。ホテルのサイトでレストランのメニューをみると、かなりお高い、、、。ホテルのレストランで毎食食べるわけにはいかないな、と初めからわかっていました。
 
でもこちらのロイヤルメリディアンの周辺には徒歩圏内にホテルよりお値打ちに食事ができるレストランが割と揃っているのがありがたい。
 
そして目の前にはイギリスのスーパー「Tesco」(上の写真)もあり、ちょっとしたものを買うのに便利。スーパーまでこんな近くにあるとは思わなかったので嬉しい発見でした。
 
メリディアンはマリオット系列のホテル。ビュッフェレストランで2回食事をした後、部屋に電話が入り、「SPGメンバーなのに、割引料金会計をしなかったので、時間がある時にレストランの受付まできて欲しい。」という旨の話をされました。
 
どのような成り行きでSPGメンバーになったのか?もちろん元々のメンバーでもないし、メンバーになるよ、と申告もしてないし。で、マリオットのサイトの下の方を見ると、
 

メリディアンホテルは一番下のSPG(Starwood Prefered Guest)の括りに入ってます。宿泊したら自動的にメンバーになるのか、部屋のランクによるのかよくわからないけど、それからはホテル内のレストランやカフェで飲食料金から常に20%オフにしてもらえました。これはかなりありがたかったです。
 
メリディアンを予約したのはいつものように、「Booking.com」。でもこれからはSPGメンバーのようだから、直接予約した方がいいのかな?
 
ちなみに、帰りは朝早いフライトだったのでホテルからタクシーで空港へ行きました。ホテルの人には「時間は1時間弱、料金は100-120ディラム(約3000-3600円)ぐらいかかるかも?」と言われたけど、それほど混んでなかったこともあり、時間は40分ほど、タクシー代は85ディラム(約2600円)で済んじゃいました。
 
空港やダウンタウンからは少し離れた場所(=ドバイマリーナ)にありますが、それ故にリゾートホテルとして静かに過ごすことができました。
 
 
ロイヤル・メリディアン・ビーチリゾート&スパ(Le Royal Méridien Beach Resort & Spa)
https://www.marriott.com/hotels/travel/dxbbm-le-royal-meridien-beach-resort-and-spa/


 

今回の発見(Discovery)!

あまりにも快適で細かな気配りのある素晴らしいホテルでした。もしまたドバイに行った時にガッカリするのが怖いので、ここを定宿にしたいとまで思えるホテル。ここよりもラグジュアリーなホテルはドバイにはたくさんあるけど、総合的にみて自分たちにはこちらのホテルが最高でした。
 
 

Advertisement

コメントはこちらからどうぞ