【アイルランド】魅力的なスポットが点在する西部コネマラ地方

【アイルランド】魅力的なスポットが点在する西部コネマラ地方

2014年9月に訪れた2度目のアイルランド。
1度目はダブリンのみとバスツアーに参加しただけで消化不良だったので、2回目はもう少し滞在期間を延長してアイルランド島の北部を周遊することにしました。まずはダブリン空港でレンタカーをして西部の自然美しいコネマラ地方へ向かいました。

アイルランドでレンタカー


アイルランド旅行ならレンタカーが断然動きやすいです。(不安な方はダブリン発のバスツアーを利用するといろんなところへ行けます。)
 
アイルランドでは日本と同じ右ハンドル&左側走行なので、日本人には運転しやすい。田舎の方へ行くと、かなりスピードを出すドライバーも多いので追い抜いてもらうと安心です。
 
レンタカーは「Rentalcars.com」が便利。ホテル予約サイトで有名な「Booking.com」と同じグループ会社というのも安心要素(わたしたちがよく使いこれまでトラブルはなかったため。)。
 
Rentalcars.comなら、希望の日程・ピックアップ地を選択すると価格の安い順で、各レンタカー会社のレンタカーを一度に比較してみることができます。しかも日本語で全部できちゃうのも安心なところ。ヨーロッパだとマニュアル車のレンタカーが多いけど、オートマ車(少し値段が上がります)の選択も可能です。手続き後は選択した車を扱うレンタカー会社の窓口へ行けば通常どおりの手続きをしてくれます。
 
わたしたちが2014年に利用した時は「Rentalcars.com」の存在を知らなかったので、有名だからとEuropecar社に直接予約しました。
 
ダブリン空港では空港内の窓口で予約した旨を伝えると、レンタカー会社の車に乗って、空港から少し離れた事務所へ行き、そこで手続きをして車を借ります。(これはどのレンタカー会社でも同じ。)
 
E社の事務所に到着後は世界各国どこのレンタカー事務所でも同じような手続きをします。が、なぜか手続きが進むにつれて予想外に価格が跳ね上がっていくという不思議。わたしたちの不満な表情を察したのか、受付のお兄ちゃんは車をグレードアップしてくれたけど、ありがた迷惑でした。コンパクトカーがよかったのに、なぜかファミリーカー(上の写真の車)。何かと運転しづらく結構大変でした。
 
これはE社だったから起こったことなのかどうかは不明ですが、これまで「Rentalcars.com」経由で予約した台湾アメリカでは予約時の価格から跳ね上がるなんてことはなかったので、トラブル回避にもなるかもです。
 
海外でのレンタカーなら「Rentalcars.com」を利用してみてください。

 

コネマラ地方の入口にある可愛らしい町ゴールウェイ


正確にいうと、ゴールウェイ(Galway)はコネマラ地方には入らないようですが、場所的に入口に位置するので、ダブリンからやって来るとなると通り道にもなるので女性なら立ち寄りたい可愛いと評判の港町です。メインの通りは花飾りも美しく、可愛らしい店舗もあちこちで見かけました。
 
写真右下はランチをしたお店の外観。フレンチビストロでした。店員さんも感じがよく食事も美味しかったです。(内容は後述します。)
 
ゴールウェイ観光サイト(Galway Tourism): https://www.galwaytourism.ie
 

コネマラらしい風景

コネマラは雄大で手つかずの自然がたっぷり残された地域。そんなコネマラで目にした美しい風景をいくつか。
 

ゴールウェイの北部に位置するコリブ湖(Lough Corrib)畔の風景です。コネマラ地方に含まれるのかどうかは不明ですが、勝手にコネマラの風景にしちゃいます。
 
湖はかなり大きく、多くの小島が浮かんでいるからか湖畔というより海岸沿いのよう。とても静かで、温かかったこともあって、湖畔でランチをとっている人もいました。ピクニックするのに抜群のロケーションです。
 

こちらの風景はコネマラの観光サイトにも取り上げられているコネマラを代表する風景。湖畔には駐車スペースもあり、かなりの人が車を停めて写真撮影をしてました。
 
場所は「Derryclare Lough」という湖。メイン道路のN59沿いにあるので見つけやすいロケーションです。ちなみにアイルランドでは湖を「lake」ではなく、「lough」と言うようです。
 

コネマラは内陸部には湖が多く、海岸線は入り組んでいるのでとても長いです。
 
そして海もこんなにきれい!はっきりした場所はわからないですが、ここの隣のビーチにいた時に突然おじさんが話しかけてきて、「このすぐそばの○○ビーチもきれいだから行ってみるといいよ。」と教えてくれたので行くことができたビーチ。特別に何かあるわけじゃないけど、心穏やかになる景色が広がっていました。
 

海岸沿いを運転して夕食をとるために適当に停まった名前も忘れてしまった町にて。夕暮れ時の静かな海辺にケルト文字が刻まれた小さな石碑がありました。字体が芸術的なのと、石碑の置かれた佇まいが素敵でした。
 

人気の観光地「カイルモア修道院」


コネマラ国立公園の北側のポラカパル湖(Pollacapall Lough)沿いに立つカイルモア修道院(Kylemore Abbey)はご覧のとおりとても美しい建物。ちなみにこの写真を撮った地点までなら入場料を払わずに写真を撮ることができます。
 
夫(写真家)は湖沿いで修道院をあちこちから撮影するから、とのことでわたしだけ入場料を支払って中に入りました。
 

敷地内は修道院だけではなく、教会や庭園もありかなり広いです。上の写真にある教会に行く途中は湖畔沿いの道を歩いていくのでハイキング気分。
 
こじんまりしたネオゴシックスタイルの教会の内部はステンドグラスもありました。
 
修道院は初め城として1867年に建設され、その後1920年にベネディクト修道院となり、3年後に全寮制の女学校となり、つい最近の2010年までその学校は続いていたとのこと。この学校に入学するのは良家の子女が多かったようです。
 

カイルモア修道院の敷地内にあるビクトリアン庭園は修道院からは少し離れておりシャトルバスが出ています。バスで5分ほど行くと到着。
 
6エーカーもの敷地に花の庭園と野菜ガーデンがあり、何かの賞もとったことがあるとのことですが、あまり好みじゃなかった。ww
 

庭園前にあるティーハウスの横にあった羊のオブジェのアイデアは抜群だと感じました。
 
カイルモア修道院を訪れることができたのはよかったです。でも時間がないならスキップしてもいいような気がしました。コネマラの風景を目にするだけで充分満足できたので。
 
 
カイルモア修道院(Kylemore Abbey)
Kylemore Abbey, Pollacappul, Connemara, Co. Galway
Tel: +353 (0)95 41146
入場料:13ユーロ
入場時間:9:00-17:00
https://www.kylemoreabbey.com
 

拠点をクリフデンにすると便利


最初はゴールウェイに宿泊したかったのですが、いい宿が見つからず、そこから80kmほど離れたクリフデン(Clifden)という町に泊まりました。行ってみたら、レストランや宿がかなりあり、車も停めやすい町でした。
 
ロケーション的にもコネマラ地方を周遊したいなら抜群で結果的に大正解!カラフルなパブやB&Bが並ぶ街並みも可愛かったです。
 
Visit Clifden: http://www.visitclifden.com
 

シーフードが美味しいコネマラ


コネマラに行くまで知らなかったですが、この地方では漁業が盛んでレストランでもシーフードメニューが充実していました。宿泊していたクリフデンの町からもそう遠くないところにあった「コネマラスモークハウス」というサーモンをはじめ、マグロやサバをスモークし販売している工場を少しのぞいてきました。(写真左上)
 
残念ながら作業風景は見られなかったけど、マネージャーらしき人がいろいろ説明してくれ、スモークサーモンを試食させてくれたりと親切でした。
 
サーモンはワイルドサーモンやオーガニックサーモンを主にスモークしているとのこと。オーガニックサーモンとは1トンあたりの水に2匹のサーモンしか育てないようにし徹底管理しながら養殖しているとのこと。
 
価格表を見るともちろんそれなりのお値段だけど、今まで食べたスモークサーモンで一番じゃないかというぐらい美味しかったです。オンライン注文もできるようなので、特別な時にオーダーしてみるのもいいかも。
 
コネマラスモークハウス(Connemara Smokehouse)
Bunowen pier, Aillebrack, Ballyconneely
https://www.smokehouse.ie
 
写真左下は前述したゴールウェイの町でランチをした時に食べたサラダ。サラダの中にスモークされた魚(何の魚か忘れましたが)は入ってました。少し塩辛かったけど美味しかったです。
 
他はパスタが多いけど、スモークサーモンのクリームパスタやムール貝。一見少なめに見えるけど、これが結構なボリューム。写真写りはイマイチですが、どれも本当に美味しくて幸せでしたー。
 

今回の発見(Discovery)!

あまり聞きなれないコネマラ地方という名前ですが、アイルランドへ行ったら必見のエリアです。
ぜひこちらのコネマラ観光サイト(https://www.connemara.net)を参考にして、お気に入りの風景を見つけに行ってみてください。
 
 

Advertisement

コメントはこちらからどうぞ