中国へ夏に行かない方がいい2つの理由

中国へ夏に行かない方がいい2つの理由

2018年6月。
2017年12月から半年後、また中国へ旅してきました。
 
前回は杭州&上海と今思えば中国たびの初心者向けな都市そして旅しやすい町の旅でしたが、今回は上海から国内線を利用して張家界(ジャンジャジエ)と山水画の風景で有名な桂林(グイリン)周辺の旅。各スポットの詳細はまた別記事でお伝えしますが、今回は夏に中国を訪れて後悔したので、その理由をまずお話ししたいと思います。

夏は中国旅を避けたほうが無難

前回の中国旅は12月。中国沿岸中部の上海杭州だったからか、それほど寒くもなく冬でも快適に歩き回ることができました。
 
今回は霧に包まれた幻想的な風景を2つの目的地で目にしたかったので、いわゆる梅雨の時期を狙って行ったんです。それなのにほぼ全日程で晴!そして日本の夏同様、蒸し暑さがたまりませんでした。というわけで、夏の中国を避けた方がいい理由2つを書いていきます。
 

1. 日本と同じように蒸し暑い


前述したとおり、中国の夏も日本と同じく非常に蒸し暑いです。特に2018年は世界的に暑く異常気象と言われていたので、訪れた時期はすでに梅雨の時期も過ぎていたのかもしれません。
 
日本でも梅雨の時期は蒸し暑いけど、本格的な暑さは梅雨明けですよね?今回の滞在時は最高気温は35度前後ぐらいでしたが、湿度は90%ぐらいあったんじゃないか、と思われるぐらい一歩ホテルを出たらサウナに飛び込んだかのようでした。
 
日本にいるのと同じような過酷な状況の中で旅はしたくないでしょう。水辺のリゾートならともかく、日本から離れてまた蒸し暑いなんてこりごりなはずです。
 

2. 蒸し暑いから中国人の叫び声が余計に暑苦しい


第二の理由。こちらの理由の方が強いかも?ww
 
中国人が2人以上集まると、全員とは言わないけど大声で話しているのを見かけたことがある人、多いんじゃないでしょうか。これを蒸し暑い中でされると暑苦しさ倍増!
 
これは冬には感じなかった違いでした。訪れたスポットはどちらも観光地だからか、客引きや物売りもうるさかったし。
 
そしてやはりわたしは中国人に見られるので、まずわたしに中国語で話しかけてきます。「中国語わからないから。」と英語で答えても怯まず客引きを続ける人も結構いて、最後は日本語で「わからんって言ってるじゃん!」と怒鳴ってました。ww
 
前回の杭州&上海はやはり都会なので、人もまずまずスマート。でも今回訪れた2箇所は内陸部のハッキリ言って田舎町(充分広くて大きな町だけど)だからか、人の気質が荒い印象を受けました。
 
 
以前このような記事を書きました。

こちらに書いた3つの理由は以下のとおり。

1. 歴史があり見どころだらけの中国
2. 中国人だっていろんな人がいる
3. 活気溢れる街や人を見てポジティブになれる

1.に関しては意見は変わらず。
2.に関しては、訪れる場所によって人の気質も違う、という当たり前なことが良く分かりました。
3.に関しては、やはり中国人みんな楽しそう。一見貧しそうに見えるけど、未来に希望を持っているのが感じられます。それは良いのだけど、マナーの悪さ(タン吐きやレストラン内での喫煙)が妙に目について、今回の旅では中国人の良さを見つけるのは困難な作業となってしまいました。
 

喫煙マナーに関しては、現時点では中国全土で屋内禁煙ではない(もしくはそうなっていても無視して屋内喫煙しているのかも?)ようで、ホテルのエレベーター前に灰皿が用意されていたり、レストランでは喫煙する人多数見かけました。
 
やはり上海(北京もおそらく)は中国を代表する大都市なので、いち早く屋内禁煙にして世界に示しているんだろうな、と感じます。
 

ちなみに今回使用した写真は、桂林市の中の陽朔(ヤンシュオ)という町で宿泊したホテルの目の前にあった、どなたかの故居です。なかなか雰囲気の良いところで、特に中の独特な赤色の部屋が印象的でした。説明は上の写真を拡大して見てみてください。
 

今回の発見(Discovery)!

中国好きな人ならいつどこを訪れてもいいんでしょうが、中国旅行が初めてという場合なら秋から春にかけての暑くない時期、そして都会(上海や北京、杭州など)に行くことをお勧めします。今回の経験でかなり疲れてしまったので、もしかしてもう中国に行くことはないかも??
 

Advertisement

コメントはこちらからどうぞ