Japan

1/16ページ
日本国内の旅

【滋賀】写真家に大人気!琵琶湖に浮かぶ鳥居のある白髭神社

琵琶湖へは地元名古屋からも近かったことから、昔から何度も訪れていて逆に旅をする感覚がなかったぐらい。夫(写真家)と旅を始めてからは、彼が見つけたスポットを中心に周るのですが、なぜか知らなかったスポットが多い。今回お話する白髭神社も知らなかったスポットのひとつ。写真家だけでなく、写真好きな人なら一度は行ってみたいスポット白髭神社の湖中大鳥居の魅力についてお話します。

フェイク写真は許せない!本当の浮御堂はコレだ!!

昨今フェイクニュースという言葉がよく聞かれるので、フェイクという言葉の意味をご存知の方多いはず。(ちなみにフェイク〈fake〉とは本物のように見せかけた偽物という意味)   でもフェイク写真(フォト)という言葉は聞かれたことないはず。ハイ、わたしが作りました。2017年の年末に琵琶湖に浮かぶ浮御堂のフェイク写真を見つけて以来、本当の浮御堂の姿を確認しに行く日を心待ちにしていました。そして2019年1月にようやく再訪。トップの写真こそが本当の浮御堂の姿です。

【松本】民芸の暖かみを感じられる落ち着いたホテル花月

2018年2月。松本では1泊しました。 その際はわたしの両親も名古屋からやって来るという計画だったので、いつもわたしたちが泊まるようなビジネスホテルタイプはやめて、観光らしいホテルを探していたところ、松本らしい素敵なホテルを発見。もちろん初めてだったので、ホテルのサイトやレビューどおりのホテルなのかどうか到着するまで少し不安でしたが、それは杞憂でした。今回はお勧めできる松本のホテル「ホテル花月」を紹介します。

【長野】民芸のまち松本で楽しむ街歩きとカフェ

2018年2月に訪れた長野県松本市。 松本城の城下町という印象が強いですが、もうひとつ有名なのが「民芸」。民芸家具と呼ばれる和風の洋家具生産が盛んな町でもあります。民芸家具や民芸品を取り扱うお店も結構あり、その中でも「中町通り」という通りは古い街並みが修復され、民芸品のお店や飲食店などが並ぶ風情のある通り。 松本はのんびり街歩きが楽しい町です。

【長野】昼も夜も展望台からも楽しめる松本城

2018年2月。 長野市の後は松本へ行きました。わたしにとってはとても久しぶりの松本。夫(写真家)にとっては初の松本。 ここでの見どころは何と言っても松本城でしょ、ということでホテルも松本城に近いホテルを選択。おかげで昼も夜も楽しめました。他にも意外なところから見ることができる松本城も紹介します。

【長野カフェ】世界一美味しいモンブランのある「栗の木テラス」

2018年2月。 長野を訪れた際に行きたかったお店のひとつが今回紹介する「栗の木テラス」。以前、長野で暮らしていた時に発見し、モンブラン(ケーキ)が最高に美味しいお店。長野駅近くのお店は前回訪れた時に無くなってしまったことを知り、本店に行かねば!と行ってまいりました。数多く食べたモンブランの中でも世界一美味しいと思えるこちらのモンブラン。モンブラン好きにはたまらないカフェですよー。

【新潟】桜だけじゃなく雪の高田城も風流です

2018年2月。新潟で最後に訪れたのは上越市。 豪雪地帯で有名な上越地方と同じ名前でややこしいですが、上越市自体も北の直江津と南の高田が合併してできた市。直江津は行かなかったので分かりませんが、高田は確かに雪深い。でもどこか情緒あふれるいい雰囲気のある町です。そこで訪れた高田城が今回の主役。

【新潟】市内で行きたかったスポットと長岡のお稲荷さん「宝徳山稲荷大社」

2018年2月に訪れた新潟県。 前回は北部の村上市や胎内市のスポットを紹介しました。   ちなみに新潟県内は4つの地域に分かれ、新潟市より北東部を下越(かえつ)地方。長岡市や柏崎市などの中南部を中越(ちゅうえつ)地方。上越市、糸魚川市、妙高市の南西部を上越(じょうえつ)地方。佐渡ヶ島の佐渡地方となります。   今回は旅の拠点とした新潟市と中越地方のお話です。

【新潟】県北部の景勝地「笹川流れ」とおすすめの古刹「乙宝寺」

2018年2月。 秋田県を周遊した後は新潟へ行きました。夫(写真家)はもちろん、わたしにとっても初めての新潟への旅。秋田県と同じく、新潟県もどこでも雪深いと思っていたらそうでもなく。やはり実際に訪れてみないとわからないことばかりです。   新潟県は地図を見てわかるとおり、かなり横に広がった大きな県。まずは新潟市で3泊し、そこを拠点としながら、巡った新潟県北部の見どころをお伝えします。

1 16