Japan

1/15ページ
日本国内の旅

【長野】民芸のまち松本で楽しむ街歩きとカフェ

2018年2月に訪れた長野県松本市。 松本城の城下町という印象が強いですが、もうひとつ有名なのが「民芸」。民芸家具と呼ばれる和風の洋家具生産が盛んな町でもあります。民芸家具や民芸品を取り扱うお店も結構あり、その中でも「中町通り」という通りは古い街並みが修復され、民芸品のお店や飲食店などが並ぶ風情のある通り。 松本はのんびり街歩きが楽しい町です。

【長野】昼も夜も展望台からも楽しめる松本城

  • 2018.08.14

2018年2月。 長野市の後は松本へ行きました。わたしにとってはとても久しぶりの松本。夫(写真家)にとっては初の松本。 ここでの見どころは何と言っても松本城でしょ、ということでホテルも松本城に近いホテルを選択。おかげで昼も夜も楽しめました。他にも意外なところから見ることができる松本城も紹介します。

【新潟】桜だけじゃなく雪の高田城も風流です

  • 2018.05.16

2018年2月。新潟で最後に訪れたのは上越市。 豪雪地帯で有名な上越地方と同じ名前でややこしいですが、上越市自体も北の直江津と南の高田が合併してできた市。直江津は行かなかったので分かりませんが、高田は確かに雪深い。でもどこか情緒あふれるいい雰囲気のある町です。そこで訪れた高田城が今回の主役。

【新潟】市内で行きたかったスポットと長岡のお稲荷さん「宝徳山稲荷大社」

2018年2月に訪れた新潟県。 前回は北部の村上市や胎内市のスポットを紹介しました。   ちなみに新潟県内は4つの地域に分かれ、新潟市より北東部を下越(かえつ)地方。長岡市や柏崎市などの中南部を中越(ちゅうえつ)地方。上越市、糸魚川市、妙高市の南西部を上越(じょうえつ)地方。佐渡ヶ島の佐渡地方となります。   今回は旅の拠点とした新潟市と中越地方のお話です。

【新潟】県北部の景勝地「笹川流れ」とおすすめの古刹「乙宝寺」

2018年2月。 秋田県を周遊した後は新潟へ行きました。夫(写真家)はもちろん、わたしにとっても初めての新潟への旅。秋田県と同じく、新潟県もどこでも雪深いと思っていたらそうでもなく。やはり実際に訪れてみないとわからないことばかりです。   新潟県は地図を見てわかるとおり、かなり横に広がった大きな県。まずは新潟市で3泊し、そこを拠点としながら、巡った新潟県北部の見どころをお伝えします。

【秋田】雪のない時期の方が見どころ豊富で周遊しやすいと分かった

  • 2018.05.09

2018年2月に訪れた秋田県。 以前、青森を旅した時に少しだけ秋田県にも足を踏み入れたけど、実質今回が初めての秋田でした。   予想はしていたけど、北海道以上の積雪量に加え、すでに降り積もった雪の量も半端なく、秋田では暮らせない、、と感じたものです。夫(写真家)の雪景色撮影、という目的があったので厳冬期に訪れましたが、そうでないなら春以降の秋田の方が断然良さそう。実際に訪れたスポットでもそれを強く感じました。

【秋田】角館武家屋敷と田沢湖は冬以外の季節の方が良かったかも

2018年2月。最初に北海道を訪れた後は、新千歳空港から秋田空港へ飛行機で移動しました。 秋田への移動でも「新千歳へ引き返す可能あり」の条件付きのフライトとなり、ドキドキでした。無事に到着した秋田県は雪深さで言えば、北海道以上!   そんな大変な中、まずは秋田で一番行きたかった「角館武家屋敷」のある仙北市へ向かいました。仙北市にはもうひとつ有名な田沢湖もあります。湖撮影がお気に入りの夫(写真家)にも古い街並みが大好きなわたしにもピッタリな仙北市。厳寒期の秋田旅の様子をご覧ください。

【北海道】人気の美瑛・富良野へ冬に行く際に気をつけたいこと

2018年2月に訪れた北海道。 釧路でツル見学の後、6年前にも訪れた富良野・美瑛を再訪しました。6年前は旭川に宿泊して周遊しましたが、今回は富良野で2泊しました。どちらも当然雪深いですが、冬ならではの良さもあります。ただし冬だと楽しめないスポットもあり。そんな注意点を含めながら、美瑛・富良野の冬の美をお伝えします。

【北海道】芦別をドライブ中、雪降る中五重塔と大観音像が突如現れたので立ち寄ってみた

2018年2月に旅した北海道。 日程としては、釧路に5泊してツル見学。富良野に2泊して周辺の写真撮影。かなり遠回りをした後、千歳市内に1泊、という釧路以外は大忙しのスケジュールでした。   富良野滞在の後、北西方面に向かっていた時、右手に雪を被った美しい五重塔が目に入りました。お寺大好きなわたしたちは時間がないと分かっていても、あまりの美しさにストップオーバーしちゃいました。今回は芦別市で発見したユニークな寺院のお話です。

1 15