スイス

2/3ページ

【スイス】ステンドグラス好きなら今すぐスイスの歴史ある町ロモン(Romont)へ

2013年の年始に小旅行で訪れたスイスのフリブール地方。 この辺りはフリブール以外は大きな町はあまりなくどこもこじんまりとした町ばかり。グリュイエールもそうでした。 今回紹介するロモン(Romont)という町も丘の上にある小さな町ですが知られざる魅力がある町なんです。

【スイス】チーズが有名なグリュイエールは女性が気に入る可愛い丘の町

2013年の年明け早々に旅したチーズで有名なスイスのグリュイエール(Gruyères)。 丘の上にある小さなグリュイエールはレマン湖沿いのジャズフェスティバルで有名なモントルーからも近いスイスらしい町。そしてかわいい町好きな女性に特にオススメでもあります。今回はそんなグリュイエールを紹介します。

【スイス】三湖地方最大のヌーシャテル湖とスウォッチ本社のあるビール湖

  • 2017.01.27

2012年の年末に旅したスイスの三湖地方。文字どおり3つの湖が集まる地域で、この旅ではほぼ3つの湖を周遊しました。 一番気に入ったのは以前お話ししたムルテン(モラ)湖でしたが、今回は残りの2つの湖であるヌーシャテル湖とビール湖の湖畔の町を中心にお話ししていきます。

【スイス】ムルテン湖に行ったら名物の「Gâteau du Vully」食べなきゃ!

その土地ながらの食べ物にどうにも弱いhisayoです。ついつい食べてみたくなる。 スイスのムルテン湖をまわっていた時に発見してしまった「Gâteau du Vully(ガトー・ドュ・ヴュリー)」もそのひとつでした。そして美味しかった! たまたま見つけた「Gâteau du Vully(ガトー・ドュ・ヴュリー)」、ここでしか食べられない(たぶん)ので試してみなきゃ!

【スイス】三湖地方で最も魅力的なムルテン湖と湖畔の可愛らしい町ムルテン

2012年の年末に小旅行で訪れたスイスの三湖地方。その名のとおり3つの湖が集まった地域ですが、地理的にフランス語圏とスイスドイツ語圏が入り混じる複雑なところ。スイスは小さい国なのにややこしい。それも魅力のひとつではありますが。 3つ全ての湖を訪れましたが、今回はその中でも一番印象に残ったムルテン湖と湖畔の町ムルテンのお話です。

【ジュネーブカフェ】ホッとしたい時に行きたい「Le Pain Quotidien(ル・パン・コティディアン)」

気分転換。 何かに集中して取り組んだ後のホッとできるひと時。そんな空間が身近にあるとないとでは大違いです。もちろん自宅がそのリラックスできる場所なら理想だけど、家とは別のところに一箇所でもあると気分を変えるのには最適です。   つい最近立ち寄ったカフェはこれまで何度も足を踏み入れたことがあったんですが、改めてほっこりできる空間だと認識しました。そんなカフェ「Le Pain Quotidien(ル・パン・コティディアン)」を紹介したいと思います。

【スイス】世界遺産の美しい町ベルンの見どころ厳選5箇所

2016年11月末に初めて訪れたスイスの首都ベルン。 思っていた以上にラブリーな旧市街の街並み。そして偶然にも年に一度のお祭りにも遭遇することができラッキーな旅でした。前回の写真集編に引き続き、ベルン旧市街の見どころを5つに絞ってお伝えします。

【スイス】世界遺産の首都ベルンは遠景が特に美しい(写真集編)

2016年11月末にスイスの首都であり、旧市街がユネスコの世界遺産に登録されているベルン(英独語:Bern・仏語:Berne)へ初めて行きました。それまでは通り過ぎてばかりだったけど、ようやく行くことができ、そして美しい旧市街を散策できて大満足! 今回はいつもと趣向を変えて、特に遠景が美しいベルンの旧市街の写真を一気に見ていただいてから、ベルンの概要やアクセス方法をお話します。

【スイス】ベルナーオーバーラント地方の魅力的な町トゥーン(Thun)とブリエンツ湖畔

本来の目的地ではなく、通り道だから立ち寄ってみたらそっちの方がずっと良かったという経験ありませんか?今回紹介するスイス・ベルナーオーバーラント地方の町や湖がまさにそんな感じでした。夏から初秋にかけて訪れるのが一番良さそうなベルナーオーバーラント地方には湖や山といった自然だけでなく、美しい街並みを楽しむこともできます。