「Cafe」 一覧

カフェ情報

【アメリカ】街歩きが楽しく住んでみたくなる町 フォートコリンズ(Fort Collins)

2017年8月。 20年以上ぶりのアメリカ旅。以前訪れたところとは全く異なるので初めてのようなものです。 夫(写真家)にとっては初めてのアメリカ。普段は日本やヨーロッパを主に旅しているわたしたちが今回アメリカを訪れたのは、夫の写真に関することが理由でした。  

【ジュネーブカフェ】本格的な和スイーツと日本茶が楽しめるカフェ「Aux Mille Pins」

2017/09/19   -Cafe, ジュネーブ
 ,

カフェにわざわざ行かなくても家でもお茶することはいつでもできます。それならなぜカフェに行くのか? 気分転換をしたい。そこでしかいただけないものがある。家ではくつろげない。美味しいスイーツが食べたい、、、。などなど、理由はいろいろ。 今回紹介するのは日本人にとっては当たり前のようにいつでもいただける日本茶だけど、ジュネーブという地においてはなかなか手に入らないお茶。そして和のスイーツがいただける隠れ家的なカフェ。できれば秘密にしておきたいけど、scent of life discoveryの読者の皆さんには特別お話しちゃいます!  

【パリ】日本人パティシエによる素敵なパティスリー「MORI YOSHIDA」

2013年9月に訪れたパリ。 わたしにとっての初めてのパリでもあったわけです。初めてだったので、ベタなパリ名所めぐりもしました。好きなカフェにもいくつか訪れることができました。そしてもうひとつしたかったのは何か日本人にまつわるお店に行きたかったこと。今回はその店舗についてのお話です。  

【フランス】カフェ文化が根付くパリでカフェ巡り&カフェ写真撮影

2013年9月に訪れたパリ。 その時パリでしたかったことのひとつはカフェ巡り。フランスではカフェが人々の生活に根付いています。朝ごはん、ランチ、午後のひと時、そして夕食前のアペロ(=飲み物&おつまみ)といった感じでフランス人にとって欠かせない存在。そんなカフェ文化を垣間見ながら実際に訪れたカフェや写真だけ撮ったカフェなどなど。パリのカフェの一部をたっぷり写真で紹介します。

【フランス】映画・ドラマのロケ地でめぐるパリの街

2013年9月に生まれて初めて訪れたパリ。 夫(写真家)と出会ってから「パリに行きたい。行きたい!」と訴えていたら、誕生日プレゼントとして3泊4日のパリ旅を実現してくれました。フランス語ネイティブの夫となので不安な気持ちもなく、心から楽しめたいい旅でした。   初回は映画やドラマのロケ地として使われたパリ市内のスポットを7作品から紹介します。

【栃木】大人気の世界遺産日光観光をお勧めしない2つの理由

2017年4月中旬の日本旅。 福島の大内宿の後はずんずん南下し、日光へ行きました。栃木県に入った途端、そこは日光市。日光市が福島県と接しているというのをこの時初めて知りました。ただ日光の中心部や東照宮がある辺りに行くには福島県との県境からはだいぶ離れています。   世界遺産にも登録されている日光なので今や世界中から観光客が押し寄せる大人気の観光地。でも計画を立てている段階からなぜかいい印象がなく、実際に訪れてみたら、夫(写真家)と日本各地の旅を始めてから一番嫌な思い出となってしまった日光でした。

【福島】見どころの少ない4月中旬の裏磐梯で楽しめるスポットは喜多方にあった!

2017/07/13   -Cafe, Travel, 日本, 日本, 東北
 ,

2017年4月の日本旅。 東京での夫(写真家)の写真展が終了した後は一路福島へ向けて東北新幹線に飛び乗りました。共に初の福島への旅は果たしてどうだったか。綴っていきます。

【長野カフェ】お山の上の自然派カフェでの嬉しい再会

2017/07/06   -Cafe, Travel, 中部, 日本, 日本
 ,

2017年4月の日本旅で訪れた長野。 前回の投稿で「以前住んでいたこともある長野」と書きました。住所は長野市でしたが、そこは住み始めた頃ちょうど長野市と合併されたばかりのお山の上にある村。いわゆる「田舎」です。   その山の上にある村の中でも標高の高いところにポツンと建つ「カフェテラスモモ」という自然派カフェ。実は住んでいた頃ここで少しお手伝いをしていました。せっかく長野駅前に宿泊していてそれほど遠くもないのでこの機会に、と様子を見に行ってきました。

【長野】完全に計画ミス!4月上旬の長野旅は何もかも中途半端で見どころは善光寺だけ

2017/06/25   -Cafe, Travel, 中部, 日本, 日本
 , ,

旅の計画は楽しいけど、案外難しいもの。特に季節に左右される旅先だと計画がモノを言います。   今回お話しする長野市への旅は完全にその計画ミスのため残念ながらあまり楽しい時間を過ごすことができませんでした。わたしの失敗をお披露目することでみなさんのお役に立てると嬉しいです。

【スイス】ヨーロッパで一番小さな町ルー(Rue)は和める愛らしい町

  2013年の年初に訪れたフリブール地方。 前回お話ししたロモン(Romont)では意外な発見ができたものの、ステンドグラス美術館がまだ開館前という消化不良状態。ただこのロモンにあるツーリストオフィスで「すぐ近くに小さいけどチャーミングな町があるわよ。」と教えてもらったのが、今回お話しするルー(Rue)。ロモンも十分小さい町だけどさらに小さくそしてチャーミング??何かに導かれるように訪れた町ルーはものすごく小さくそして魅力的な町でした。

【スイス】チーズが有名なグリュイエールは女性が気に入る可愛い丘の町

  2013年の年明け早々に旅したチーズで有名なスイスのグリュイエール(Gruyères)。 丘の上にある小さなグリュイエールはレマン湖沿いのジャズフェスティバルで有名なモントルーからも近いスイスらしい町。そしてかわいい町好きな女性に特にオススメでもあります。今回はそんなグリュイエールを紹介します。

【スイス】ムルテン湖に行ったら名物の「Gâteau du Vully」食べなきゃ!

  その土地ながらの食べ物にどうにも弱いhisayoです。ついつい食べてみたくなる。 スイスのムルテン湖をまわっていた時に発見してしまった「Gâteau du Vully(ガトー・ドュ・ヴュリー)」もそのひとつでした。そして美味しかった! たまたま見つけた「Gâteau du Vully(ガトー・ドュ・ヴュリー)」、ここでしか食べられない(たぶん)ので試してみなきゃ!