美味しくリーズナブルなバルセロナグルメのおすすめレストラン4選+カフェ1軒

美味しくリーズナブルなバルセロナグルメのおすすめレストラン4選+カフェ1軒

2019年4月に訪れたバルセロナ。
スペイン料理はパエリアやスパニッシュオムレツなど日本人にも馴染みのある料理。スペイン国内各地で郷土料理というものがあるんでしょうが、国際都市でもあるバルセロナでは各国料理をリーズナブルに楽しむことができます。(と言いながらほぼスペイン料理ばかり食べてたけど ww)
利用したレストランの中でもおすすめ4選とカフェを1軒紹介します!

1. オムレツがふわふわ!「Taller de Tapas」


こちらへは「カンプノウスタジアムツアー」へ行った後のめちゃ腹減りな時に行きました。(スタジアムや周辺にはいい感じの店がなかったので、、)
 
友人と合流してすぐ「ココ感じ良さそうじゃない?」と適当に入ったお店でしたが、正解でした。入ってすぐのカウンター席についたんですが、感じ良くないですか?
 

お腹減ってたけど、15時ぐらいというものすごい中途半端な時間だったので、食べたのは上の2品のみ。
 
左がメニューにヘルシーサラダと書いてあったとおり、ヘルシーな食材ばかり。
 
右は出ました、スペインオムレツ!シンプルにポテトのみが入ったものでした。これが超ふわふわで激ウマ!!もう1つ注文したいぐらいでしたが、夕飯のことを考えて気持ちを抑えました。
 
タパスレストランなので量的にもちょうどいい。(男性にも物足りないかもですが、もっとたくさん注文すればOK。)
 
日本人の家族連れの方も見かけたので、ガイドブックに載ってるのかも?トイレも綺麗でした。(ここ大事!)
 
 
Taller de Tapas
Rambla de Catalunya, 49, 51, 08007 Barcelona
http://tallerdetapas.com/restaurantes/rambla-catalunya/
 

2. ランチ&カフェに便利「Bodega Granados」


こちらもランチで利用したお店。
 
なかなかピンとくるお店が見つからず、それまで通ったことなかった道を適当に歩いて見つけました。この向かいの店にはなぜか長蛇の列ができてましたが、並ぶにはお腹が空きすぎてたので適当にこちらへ。でも入ってみたら結構洒落てました。
 

スペイン料理から逸脱したのはこちらにて。左にあるチキンカレーをいただきました。ご飯ではなく、キヌアというのも嬉しかった。ただ量が少なすぎたのでデザートも。
 
右下のキャロットケーキが私の分。しっかり甘い!スペインのスイーツはガッツリ甘いのであまり日本人好みじゃないかも。イギリスでよく見かけるキャロットケーキが大好きなのでこの時は迷わず選びました。
 
で、右上のチョコが友人のオーダー。生チョコトリュフがくるのはわかってたけど、まさか6個もあるとは!隣の席にいた男性も目をひんむいてました。ww
 
当然食べきれないので、半分持ち帰り。チョコには驚いたけど、地元の人が集うタイプのしゃれたカフェ兼タパスレストランといった感じで使い勝手良さそうです。
 
 
Bodega Granados
Carrer d’Enric Granados, 6, 08007 Barcelona
https://bodegagranados.com
 

3. 混んでる理由がわかる「Vinitus」


こちらは友人が持参したガイドブックにも載っていた有名店。いつ通っても混み合っていたので人気店のようです。
 
一度テーブル予約だけしておこう、と夕方ぐらいに出向いたら、「うちは予約とってないんだよね。」と言われちゃいました。
 
タパスレストランだからか長居するお客さんは少なめで回転率が良さそうなので予約は取らないようにしているみたいです。
 
外にもテーブルがあったけど、春の夜は日本人には寒すぎ。訪れた時はほんの少しだけ待って2名テーブルにつくことができました。店内はモダンでとってもおしゃれです。
 

バルセロナで過ごす最後の夜だったので、スペインのスパークリングワイン「カバ(Cava)」をいただきつつ、いろんなタパスピンチョスを注文。
 
スペインオムレツは上記の「Taller de Tapas」の方が美味しかったけど、その他はなんでもいけました。バルセロナは海に面しているからかシーフードが本当に美味しい!これでもか、ととことん魚介を食べました。
 
そしてバルセロナはスペインの中では物価が高いようですが、わたしたちには(観光スポットの入場料以外は)どこも安く感じられました。そんなところも嬉しいバルセロナ。
 
こちらのVinitusは本当に美味しいのでオススメです!
 
 
Vinitus
Carrer del Consell de Cent, 333, 08007 Barcelona
 

4. パフォーマンスも楽しめるおしゃれタパスバー「Vivo」


利用したのはディナー。その日は2人とも疲れていたので、宿泊していたホテル「バルモラル」から近いところで感じのいいところを見つけたので入ってみました。カウンター席もありましたが、わたしたちはテーブル席へ。落ち着いた大人っぽいインテリアですが、観光客っぽい人の中には家族連れも結構いました。
 
食事をしていた途中に色っぽいお姉さん(写真右)が現れて、歌のパフォーマンスがスタート。トリップアドバイザーのレビューを見るといろんなスタイルのパフォーマンスが見られるようです。
 

ここもタパスレストランだったので、あれこれ注文。中でも斬新だったのが、写真右下の真っ黒いの!これなんだと思います?
 
これはイカ墨を使ったイカのフリット。いわゆる天ぷらです。見た目はアレですが、味は良かったです。
 
場所的にカサ・ミラにも程近いので、カサ・ミラを訪れる前後に利用するというのも便利だと思います。
 
 
Vivo
Carrer del Rosselló, 255, 08008 Barcelona
https://vivotapas.com
 
 
上記のお店は下にあるGoogleマップのスクリーンショット内に黄色い星で印してあります。
(宿泊したホテルも☆印つけてます。)

 

5. お土産購入の合間にお茶できる「Chocolates Lacasa」


こちらはほとんどの店舗がクローズしてしまう日曜日のバルセロナで結構オープンしている店が多いボルン地区で見つけたお店。店舗の間口は狭めなんですが、良さそうな雰囲気だったので入ってみたら、スペインでも有名なチョコレートのお店でした。
 

感じのいいお店のお姉さん曰く「昨日オープンしたばかりなの!」とのことで店内どこもピカピカ。写真も気軽に撮らせてくれました。
 
カフェというよりはチョコレートショップなんですが、お茶などがいただけるように座ることができるテーブルが少しあり、後は立ち飲みか持ち帰り専門です。
 
友人がバラマキ土産を購入してる間にお店のメニューを見たら、チョコレートチュロスがあるのを発見。チュロスはスペインでの定番朝ごはん、という情報を得ていたので、ヘルシーでないのはわかってたけど、せっかくなので注文してみました。
 

写真にある1人分を2人でシェア。チュロスをホットチョコレートに浸しながら食べるんですが、予想どおり超甘!でも揚げ油がいいのかもたれるようなことにはなりませんでした。シェアしたのが良かったのかも?
 
お土産を買うにも便利で安いので買い物ついでにお茶してみてください。
 
 
Chocolates Lacasa la boutique
Carrer de la Fusina, 5, 08003 Barcelona
https://lacasa.es


 

<番外編>食べるの好きな人は行くべき!ボケリア市場


バルセロナの観光スポットのひとつにもなっているので、多くの人がすでに知ってるよ、という場所でしょうが。ココ本当にいいです。食べるのが好きな人は絶対行くべき!
 
あと写真好き(特にフード写真)な人にも被写体の宝庫で楽しいです。
 

もともとは地元の人のためのマーケットなのでこのようなスペインらしい生ハム売り場や、
 

海に面したバルセロナならではの豊富なシーフードが売られています。
 
ただ現在はバルセロナへの観光客が急激に増えてきて観光客向けのスポットになりつつあるようです。京都にある錦市場みたいな状況ですね。
 

というわけでこのような食事ができるバルのようなお店もあり、
 

フルーツ屋さんも観光客が食べやすいようにフルーツパックにフォークをつけて販売してました。
 
実際この写真にあるイチゴだけのパックをいただきました。友人が買い物した別のお店のお姉さんが偶然このフルーツ屋で買い物してて、「ここのは美味しいわよ!」と教えてくれたので。本当に甘くて美味しいいちごでした。
 

あとバルセロナというかスペイン名物らしいお菓子「トゥロン(Turrón)」も売ってます。
 
激甘なお菓子なのはわかってましたが、せっかくなので一番小さいサイズのものを自分用にお土産として購入。家に帰ってから食べたら、マジ甘いー!でもアーモンドなどのナッツの味が香ばしくて結構気に入りました。
 
スペインらしいお土産にはなりますが、硬いので歯の弱い人には買っていかないほうが良さげです。
 
 
ボケリア市場(Boqueria)
La Rambla, 89, 91, 08002 Barcelona
http://www.boqueria.barcelona


 

今回の発見(Discovery)!

定番のパエリアも2度食べました。もちろんそれも美味しかったけど、タパスがとにかく気に入りました。タパスレストランは日本のいわゆる居酒屋みたいに食べられるだけ注文できるのがいい。欧米のレストランに行くと日本人(特に女性)にはとにかく量がハンパなく多いので食べきれないことが多いですよね。残すことに罪悪感を感じるけど、タパスレストランならそれが回避できます。なのでバルセロナでの食事は美味しいだけじゃなくシステム自体が気に入りました。みなさんもバルセロナでぜひ美味しい食事を楽しんでください。
 
 

Advertisement