【お知らせ】ニースにあるアジア美術館にて写真展開催中です!

2018年が明けて半月が過ぎました。
そんな年明け早々、夫(写真家)の新たな写真展が南仏のニース(Nice)にあるアジア美術館(Musée des Arts Asiatiques)にて始まりました。開催に合わせて開かれたトークイベント&懇親会に参加するため、初めてニースまで行ってきました。
 

Advertisement

丹下健三建築作品のニースアジア美術館


ニース・コート・ダジュール空港のそばにあるアジア美術館。その名のとおり、アジア圏の美術作品のみ展示される美術館です。
 
フランスではパリにあるギメ美術館(Musée Guimet)に次ぐ規模のアジア美術専門の美術館。このような美術館で写真を展示してもらえるなんてとても名誉なこと。
 
ちなみにこちらの美術館の建物は日本を代表する建築家である丹下健三氏による建築作品で1998年に完成しました。
 

美術館はフェニックス公園(Parc Phœnix)という特に子供に人気のある公園内にあり、水の上に浮かんでいるように建っています。建築物自体に興味があって訪れる人もいるんじゃないかと思われます。
 

こちらでのメイン展示は、2018年3月25日まで開かれている「Samurai」展。ありがたいことに入場料無料で全て観覧することができます。
 

受付を通り過ぎてまず目に入るのが、サムライデザイン?のモーターバイク。サドルには「武士道」と刻まれていました。好きな人結構いそう。
 

このバイクの後ろ側にある印象的な螺旋階段を下った地下1階部分がSamurai展となっています。
 

家紋に光を当てて、鎧とともにとてもドラマティックに見せる展示方法が洒落てます。
 

駕籠(かご)の展示も。よく見るとすごく小さいんですよね。昔の人はこのかごに乗ることができる身体の大きさだったんだな、人間の進化を感じた時でした。
 
その後のイベントの時間が迫っていたこともあって、ゆっくり見ることができなかったのが残念。1月のニースは観光シーズンではないし、あまり人はいないんじゃないかと思ってましたが、まずまずの人が展示に見入ってました。
 

トークイベントに参加してきました


メインの建物から水の上を渡る橋でつながった別館にお茶室や主に週末に開かれるワークショップなどに利用されるティールームがあります。写真はその別館に展示されています。
 

2018年1月20日(土)に開催されたイベントのお知らせ看板。夫(写真家)のトークの前は同じ場所で中国書道のワークショップが開かれていました。
 

展示作品の一部。「聖地」と印字された白黒の垂れ幕は、展示内容と写真家のプロフィール。英語バージョン(黒)とフランス語バージョン(白)の2つを作品と同様、モノクロで表現するセンスが素晴らしい!
 
なぜ英語もあるのかというと、ニースは世界的な観光地なので、フランス語を解さない人も多く来館されるので、英語版も用意するように美術館側から頼まれたのです。観光シーズンがスタートしたら役に立つのかな?
 
展示作品は日本の寺社仏閣で撮影した作品なので、「聖地」という言葉を使いました。
 

ちなみにこの「聖地」という書は、わたしの叔父によるもの。鹿児島に住む叔父は自分の書いた書がこのように使われるとはおそらく想像していなかったかと思われます。(ブログでも名前を売っておきます。ww)
 

夫(写真家)によるトークの一場面。いつも尊敬するのが、全くスピーチの原稿など用意せず、サラサラと話を進めることができる彼。場所が場所だけにいつもより緊張している様子ではあったけど、撮影時の面白い逸話なども交え、30分ほどスピーチしました。
 
その後はちょっとしたスナックやソフトドリンクが美術館から提供され、懇親会。興味ある人は熱心に質問してました。わたしはいつも話に混ざることができず、横で突っ立ってるだけなんですが、いつも誰か英語を話す人がいて、そのおかげで楽しいお話をすることができました。いい加減これじゃいけないけど、、、。
 
日本に興味を持っている人はフランスやスイスにはとても多くいるので、それもとても嬉しいこと。もっと多くの人にぜひこの作品を見ていただきたいものです。
 
 
アジア美術館(Musée des Arts Asiatiques)
405 Prom. des Anglais, 06200 Nice
Tel: +33(0)4 92 29 37 00
開館時間:10:00-17:00(9月1日-6月30日)火曜休
入場料:無料
http://www.arts-asiatiques.com


 

今回の発見(Discovery)!

空港から徒歩でも行くことができるアジア美術館。観光客の人が訪れる町の中心からは離れていますが、空港利用するならぜひこちらの美術館にも足を運んでいただけると嬉しいです。冬でも昼間は暖かいニース。会期は5月末までなので、観光のついでにぜひご覧いただければと思います。
 

コメントはこちらからどうぞ

この記事が気に入ったら
いいね!(Like!)

-Announcement, お知らせ
-,