【フランスカフェ】サボア地方らしい素朴で山小屋風なカフェ「Lancelot」

2017/11/26

カフェ大好きhisayoです。
でも残念なことに近所にいいカフェがあまりない、、、。そんな中で自宅から車で15分のところにある今回紹介するカフェは貴重な存在。コーヒー派・紅茶派のどちらも満足でき、価格も良心的なサロン・ド・テ「Lancelot」です。
 

Advertisement

外観もインテリアも山小屋風なカフェ


トップの写真と上の写真はカフェの外観写真です。最初のは2017年11月現在の様子で、上のバージョンは2015年8月の外観。春から夏にかけてはこのようにお花がたっぷり飾られて華やかになります。
 
店名看板の右側にある「maître chocolatier」というのは、チョコレートマイスターと訳すとスマートでしょうか?熟練したチョコレート職人のお店という意味で、確かにこのお店のチョコは美味しいです。ただ山小屋(シャレー)風な外観から想像できるように、洗練されたチョコやスイーツ店ではなく、チョコもスイーツも見た目は素朴。
 

季節によって店内に並べられているチョコレートの様子は変わりますが、洗練されているというよりは家族経営の素朴なお店のチョコ、という雰囲気です。
 

うさぎの形をしたチョコなので、いつかのイースターの時期だったはず。何かにつけてチョコを食べるのが大好きなフランス人が特にチョコを買うのが、このイースター(フランス語では、Pâques)とクリスマスの時期。特にイースター時期はうさぎや卵を形取ったチョコが売られているのを多く目にします。
 
このLancelotが唯一近くで何度も通ってみたいと思えるカフェなので、すでに何度も利用したことがあります。インテリアはいつ行っても同じな可愛らしいシャレーを訪れたかのような雰囲気であふれています。
 

 

 

自分の家をこのようなインテリアにしたいとは思わないけど、嫌いじゃないです、こういうの。このお店があるオート・サボア、サボア、そして隣接するスイスでは山小屋を意味するシャレータイプの家がとても多く、この地方の特徴でもあります。なのでローカルの魅力を伝える意味で、ここならではのインテリアにしてていいんじゃないかな、と。
 

多彩な利用ができるLancelot

こちらのカフェを何度も利用したことがあると前述しましたが、いつも昼過ぎのお茶利用ばかりでした。で、先日初めて朝ごはん利用をしたんですが、ここのクロワッサンの美味しさに感動!
 

小ぶりなクロワッサンは0.95ユーロとお安い。値段はいいとして、食感&味と申し分なくもう一つ食べちゃおうかな、と思ったぐらい。
 
こちらはチョコレート屋でもあるので、実はパン・オ・ショコラが大人気で朝早くから行列ができることもあるんだとか。わたし、実はあまりチョコが好きじゃなくなったのでこの時は食べなかったけど、同席してた友人は美味しそうに食べてました。次回は挑戦してみようかな?
 
ここはパン屋と言えるほど多くのパンを焼いてはいないけど、基本のクロワッサン、パン・オ・ショコラ、バゲットなどはあるので、ちょっとしたブーランジェリーでもあります。
 

ティータイムのお供のデザートも数多くあります。これはまだチョコが苦手じゃなかった時に食べたチョコムースのケーキ。素人が作るケーキよりは見た目も素敵だけど、決して洗練されているわけではない。でもガツンとくる甘さもなく、いいお味。そしてお値段もお財布に優しいんです。ケーキ類はだいたい3ユーロ程度。ジュネーブに行ったら倍以上の値段になることも多いので嬉しい限りです。
 
スイーツを食べない人でもコーヒー&紅茶のどちらも楽しめるカフェでもあるんです。
 
わたしはコーヒーが飲めないので紅茶派ですが、フランスはコーヒーが主流のお国。あまり紅茶メニューは充実していないカフェの方が多いけど、こちらは選ぶのに困ってしまうほど、紅茶やお茶の種類が多いこともリピートしている理由。ついつい無難な紅茶を選んじゃうけど。ww
 
紅茶の種類によって値段は変わりますが、2.90ユーロからと良心的な価格。それもティーポットで用意してくれ、その横に後で加えられるように少し熱湯も添えてサーブしてくれます。ここまでのサービスは他ではなかなかありません。
 

コーヒー派の人もここでは美味しいコーヒーがいただけます。というのも、コーヒー豆の焙煎もしていて、そのコーヒー豆の販売もしているお店なんです。というわけでコーヒーも本格派。商売の種類、多すぎない?と心配になるくらいです。でも消費者には価格が控えめなこともあり、ありがたいお店です。

ショコラティエならではのホットチョコレート


チョコレートが苦手、と言いながら実はホットチョコレートは飲めちゃう都合のいいわたし。ww
先日、ここはショコラティエでもあるんだからホットチョコレート(フランス語ではchocolat chaud)もあるはずよね、と行ってみたらもちろんありました。
 
こちらではホットチョコ用のパウダーも販売していて、その種類も豊富。お店でいただけるのは、その時すでにオープンしている袋からサーブするのでどの種類のホットチョコになるかはその時次第、というゆるい感じだけど、いただいたホットチョコレートは本当に美味しかったです。もちろんパウダーも購入してきました。
 
コーヒー、紅茶、ホットチョコレート、にデザートと多彩なラインアップで誰でも楽しめるありがたいカフェ。近所にある唯一通いたくなるカフェです。
 
 
Lancelot
806 Avenue de Sciez, Sciez, France
Tel: +33(0)4 50 72 60 27


 

今回の発見(Discovery)!

ショコラティエ、パティスリー、サロン・ド・テ(ティールーム)、ブーランジェリー、コーヒー焙煎。これだけの商売をこの素朴なシャレー風の店内でされているLancelot。朝からティータイムにかけて利用価値の高いお店で地元の人に人気なようです。
 
ひとつ気をつけたいのが、こちらのお店、子供の学校が休みになる時期に長期休暇を取ることが多いこと。クリスマスやイースターは意識するけど、秋休みと2月ごろのスキー休みはついつい忘れて、店が閉まっていた!という経験が何度かあります。それ以外は大概オープンしているので、レマン湖周辺に来られた際にぜひ利用してみてください。
 

フランス・サボア地方のカフェやレストランならこちらもどうぞ

【フランスカフェ】シャモニーの街並みとおすすめカフェ Aux Petits Gourmands
【レストラン】サボア地方の郷土料理を食べたいなら真っ先にココへ!
【レストラン】コスパ良すぎ!ワイン&フレンチを堪能
【レストラン】春夏限定オープン!レマン湖沿いの美食レストラン「Le Jolla」
【レストラン】真夏のアヌシーでのランチ @La Part des Anges
 

コメントはこちらからどうぞ

この記事が気に入ったら
いいね!(Like!)

-Cafe, Travel, フランス, フランス, ヨーロッパ
-,