【愛知】中部国際空港前泊するならやきものの町「常滑」歩きしなきゃ!

2017年10月に日本一時帰国した際は久しぶりに中部国際空港発着でした。
そしてジュネーブへ戻る帰り便の出発便がかなり早い時間だったため、空港そばのホテルにて前泊。その前泊する日は午後の早い時間にすでに空港に到着したため、さて何しよ?状態。空港内を見回るのも悪くないですが、それまでに名古屋などでショッピングをして来たのなら特に心惹かれるものはなし。ならばここでしか楽しめないことをする方が有意義というもの。そこで提案したいのが、中部国際空港駅から2駅の常滑駅から楽しむ「やきもの散歩道」を歩く!ということです。
 

Advertisement

面白い発見がたくさんできる常滑のやきもの散歩道


中部国際空港駅から2駅名古屋方面に戻ったところにある常滑駅。注意としては、空港発の全指定席ミュースカイという電車には乗らないように、という点。これだと常滑駅を通過してしまうので、それ以外の電車に乗ってください。
 
改札を出て南向きに直進すると常滑市観光協会のオフィスがあります。ここでやきもの散歩道の地図をゲットしてください。もしくは予習を兼ねて下記リンクからマップのpdfをダウンロードすることもできます。
やきもの散歩道Aコース&Bコース
 
写真は駅を出たすぐにある散歩道の案内看板。これに従ってお散歩スタートです!
 

まず最初に目に入るのが「とこなめ招き猫通り」と名付けられた陶器でできた招き猫の数々です。結構な数の招き猫が並んでいます。猫好きにはたまらない通り。
 

犬派のわたしですが、ぽってりした風合いが可愛らしくてじっくり見ちゃいました。こちらは勉強する招き猫。
 
あとこの通りの真上に常滑のシンボルのような大きな招き猫がいるんですが、この通りを歩いていると気づきません。向かい側に渡れば見られるんでしょうが。それは散歩道の最後にご紹介します。
 

わたしが歩いて目にした順番で写真を並べていきます。こうした何気ない階段状の部分もとてもユニークで味があります。
 
ただここを通り過ぎたあたりでどうもコースからずれてるな、と感じてUターン。ww この写真部分はコースにはない部分です。
 

散歩道に戻ろうと歩いていた時、どうも民家に立ち入っているような気がしたので進むべきか躊躇していたら、地元の方が、「ここ通り抜けできますよー。」と教えてくれたのでコースに無事戻ることができました。こんな迷子な観光客多いんでしょうね。ww
 
写真は水瓶を専門に扱ってる?陶芸の工房前。
 
常滑散歩をした日は10月とは思えないほどの暑さで、歩きやすいように、と少し遅めに到着したのでほとんどが閉まっていたのが残念でした。
 

一番最初に圧倒された風景がこちら。坂道が多い散歩道沿いには個人宅も多く並んでいますが、土管を家の基礎というか、下の部分にこのように使うというのはこれまで目にしたことがなかったのでびっくりしました。同時に素敵なデザインだとも感じました。絵になる家です。
 

次に素敵だと感じたのはこちらの道。こちらは見下ろす感じで撮ってますが、トップの写真が同じ場所を見上げる目線で撮っています。
 

道沿いにある建物はこちらの看板にあるように、廻船問屋であった瀧田家の住宅。現在は博物館のようになっています。訪れた時はすでに営業時間終了してました、、。
 

ここが散歩道で一番有名な土管坂。土管や焼酎瓶が道の脇に積まれたのが印象的な道です。個人的には周りの風景とのハーモニーがどうなのかな?と感じて、前述の瀧田家住宅脇の道の方が好みでしたが、ユニークであることには変わりないです。
 
土管坂をとにかく見なきゃ!と結構急いで歩いていたので、まだ日があるうちに見られてよかったです。
 

そう、滞在中にすでに気づいていましたが、10月過ぎると日本では日の入りがかなり早くなるんですよね。この10月上旬で17時半には真っ暗状態。この写真にある細い道を歩いていた頃にはかなり暗くなってきました。
 

暗くなる前にもっと見たい&写真撮りたい!と大急ぎで歩きまくり、なんとかこの辺りまでは間に合いました。
 

で、こちらが散歩道で最後に目にした常滑のシンボル「とこにゃん」。ww
 
基本的にキャラもの嫌いなわたしですが、なぜかこのとこにゃんだけは憎めず。ライトアップされてたのが良かったのかな?味のある正統派の招き猫。前述した「とこなめ招き猫通り」を見上げる場所に鎮座してます。
 
こんな感じで正味1時間ちょっとの大急ぎ散歩でした。
 

散歩道を歩く時の注意点


常滑のやきもの散歩道はここでしか見られないユニークな街並みで焼き物好き&町歩き好きならきっと気に入る場所です。そしてこういう町には感じのいいカフェというものがあちこちにあるというもの。もちろん常滑にもあれこれあるようです。写真にあるお店もカフェ兼用のようで、外観からしていい感じ。
 
ただ常滑のカフェは閉店時間が早い。17時あたりにクローズするお店が大半のようです。(観光協会の食べるリストより)
 
なのでカフェ狙いなら早めの時間に行かれることをお勧めします。
 

また、最初から散歩コースを外れてしまったわたし。地図が読めないタイプではないんですが、散歩道コースは結構入り組んでて道も細いので迷いやすいです。
 
このようにコース内には至るところに案内板もあるので、これと地図を併用するのが一番かな。もしくは時間に余裕を持って、日の入り時間を気にせず、コースを外れても気にせずで歩くのがベストですね。
 
 
常滑市観光協会http://tokoname-kankou.net
 

中部国際空港での前泊ならこちらがおすすめ


久しぶりに利用した中部国際空港。通称セントレアです。
 
開業した頃は空港利用客だけでなく、ただセントレアに遊びにいく、という人もいたぐらい地元では人気の空港でした。現在は、、、どうなのかな?ブームは完全に去った後だと思われます。
 

わたしのようにフライトが早朝という人は前泊することが多いと思います。空港内にもホテルはありますが、やはり少し高め。でも空港から雨にも濡れずに歩いて数分で行けるホテルもあります。それがこちらのコンフォートホテル中部国際空港。
 

 
本当はこの横にある定宿(?)の東横インに泊まりたかったんですが、予約ができませんでした。わたしの予算的には少しオーバーだけど、部屋はシングルでこの余裕のつくり。名前のとおり、コンフォートな空間でとても快適でした。セントレア前泊(後泊でも)利用ならおすすめです!
 

今回の発見(Discovery)!

愛知県出身なので、常滑のことは以前から知ってたけど、少し遠いということもあってやきもの散歩道を散策したのはこの時が初めてでした。願わくばもっと時間をかけて歩きたかったけど、短時間でもこれだけ歩けます。セントレア利用の際にはぜひ常滑歩きを楽しんでください!
 
また今回の投稿から写真のウォーターマークをオリジナルロゴにしてみました。いろんなところにこれから登場していくと思うので、こちらもどうぞよろしくお願いします。
 

愛知県の旅ならこちらもどうぞ

【my story】運転免許更新のみでの贅沢?日本一時帰国滞在記
【愛知】京都からの日帰り遠足は地元名古屋の真言寺院めぐりとグルメな旅
 

コメントはこちらからどうぞ

この記事が気に入ったら
いいね!(Like!)

-Travel, 中部, 日本
-,