【パリ】日本人パティシエによる素敵なパティスリー「MORI YOSHIDA」

2013年9月に訪れたパリ。
わたしにとっての初めてのパリでもあったわけです。初めてだったので、ベタなパリ名所めぐりもしました。好きなカフェにもいくつか訪れることができました。そしてもうひとつしたかったのは何か日本人にまつわるお店に行きたかったこと。今回はその店舗についてのお話です。
 

Advertisement

日本人パティシエによるパティスリー


その訪れたかった店舗はアンヴァリッド廃兵院(Les Invalides)にほど近いブルタイユ通り(Avenue de Breteuil)にあります。
 

ブルタイユ通りは高級感漂う住宅が並んでいてこんなところに店舗が持てたら素敵だな、と感じる通り。
 

そんな素敵な通りにふさわしいシンプルなかっこいい店のロゴ「MORI YOSHIDA」。吉田守秀さんというパティシエさんのお店です。
 
パリにはより有名な「サダハルアオキ」も何店舗があるようですが、超有名店ではないけど、味は確かそうなパティスリーに行きたかったんです。
 

魅力的なお菓子の数々

こちらの店舗は店内でいただくスペースはなく持ち帰り専門。こじんまりした店舗内には魅力的なお菓子が所狭しと並んでいました。なお、写真は店員さんに許可をとって撮影させていただいたものです。
 

今やフランスを代表するようなお菓子となったマカロンは外せません。フランス人パティシエだともっとどぎつい色のマカロンが多いけど、こちらは淡い色で日本人らしさを感じます。
 

ケーキの数々。どれも魅力的!お値段もびっくりするほど高くはない(2013年9月現在)。
 
トップの写真にあるようにパンや焼き菓子、そして写真には写ってませんがチョコレートも販売されていました。オレンジ味のチョコを試食させていただきましたが、美味しかった!
 

外から見たMORI YOSHIDA店内。ガラス張りで外からでも店内が見渡せます。(写りがイマイチで失礼!)
 
ケーキもどれも魅力的だったけど、歩きながらでも食べやすそうなマカロンとフィナンシェを購入し、アンヴァリッドに到着するまでに食べちゃいました。
 
マカロンは、わたし、実はあまり好きじゃないので夫(写真家)用。彼曰く「今までで食べたマカロンで一番うまい!」とのこと。少しかじらせてもらったら結構濃厚なお味。自分用に購入したフィナンシェもずっしりしてて味もしっかり甘く、フランス人好みに仕上がっていました。
 
日本人は「そんなに甘くない!」というのが褒め言葉でもあるように甘すぎないお菓子を好みますが、パリで勝負していくならこれぐらいしっかり甘くないとダメでしょうね。こういった嗜好品は好みなので、本格的なフランス菓子がお好みの方にはおすすめなパティスリーです。
 
 
MORI YOSHIDA
65 avenue de Breteuil 75007 Paris
営業時間:10:00-19:15(月曜休)
メトロ:10,13号線 Duroc駅 / 6号線 Sèvres-Lecourbe駅
http://moriyoshida.fr/ja


 

今回の発見(Discovery)!

シンプルな店舗がわたし好みで味もいいMORI YOSHIDA。イケメンパティシエさんということもあり、日本でもメディアが取り上げているようなのでもう十分有名でしょうが、勝手に宣伝させていただきました。同じ日本人として異国で頑張っている人は応援したくなります。
 

パリ旅ならこちらもどうぞ

【フランス】カフェ文化が根付くパリでカフェ巡り&カフェ写真撮影
【フランス】街角に芸術が溢れるパリ
【フランス】パリ初心者向けの有名スポット散策
【パリ】エッフェル塔を存分に楽しめる夜のロマンチックなセーヌ川クルーズ
【フランス】映画・ドラマのロケ地でめぐるパリの街
 

 

コメントはこちらからどうぞ

この記事が気に入ったら
いいね!(Like!)

-Cafe, Travel, フランス, フランス, ヨーロッパ
-,